きのこアレルギーは存在する?原因や症状とは?対処法も紹介!

きのこアレルギーは存在する?原因や症状とは?対処法も紹介!

きのこアレルギーは存在する?原因や症状とは?対処法も紹介!

きのこ

 

食物アレルギーにはいろいろな種類がありますが、きのこを食べてアレルギー症状になるかたもいるようです。

 

私はあまり聞いたことがないのですが、私の知人でシイタケを食べて湿疹がでた人がいました。

 

 

その話を聞いて、きのこ好きの私は心配になりました。

 

なぜなら、健康を意識して、きのこを積極的に食べるようにしているからです。

 

 

そこで、今回はきのこアレルギーの原因や症状と対処法についてまとめてみました。


きのこアレルギーは存在するの?

 

食品衛生法では、アレルギーの原因となる「特定原材料」が決められていまして、それは、主に卵、小麦、 えび、かに、そば、落花生、乳となっています。

 

 

きのこはこの中には入っていませんが、実は、医療関係者の間では、きのこの胞子によるアレルギー症状が起こされることが古くから知られていたようです。

 

特に、シイタケ胞子によるアレルギー症状は、1960年頃から知られていたということですから驚きです。

 

 

しかし、食物アレルギーが大きな問題となっている今日では、マツタケやシメジ、マイタケなどのアレルギーの発症が報告されていますので、決して他人事ではなく見逃せないアレルギーのひとつと言えるでしょう。

きのこアレルギーの原因はなに?

 

それでは、きのこアレルギーの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

それは、大きく分けて2つあります。

 

ここでは、それらを簡単にご紹介いたします。

 

 

きのこアレルギーの原因1:ヒスタミン

 

きのこのアレルギーの原因のひとつに、「ヒスタミン」が考えられます。

 

ヒスタミン(histamine)は、生体に広く分布するアミンの一種で、ヒスチジンという物質から合成されて、普通は、肥満細胞や好塩基球などにあります。

 

 

これは、けがや毒素などで活性化されて、発赤やかゆみ、むくみや痛み、気管支収縮などのアレルギー症状を起こす原因物質で有名です。

 

ヒスタミンは、チーズ、肉類、魚類、エビやカニ、ピーナッツ、きのこ、果物など、微量ではありますが多くの食物に存在しています。

 

 

そして、人によっては、こうした微量のヒスタミンによってアレルギーの症状を引き起こします。

 

 

きのこアレルギーの原因2:カビ

 

きのこは、分類上はカビなどの仲間となっています。

 

カビは、アレルギーの原因の代表的なアレルゲン(アレルギーの原因)の一つです。

 

 

例えば、ハウスダストやアトピー性皮膚炎、気管支ぜんそくを持っている方の中には、「カンジダ」というカビの一種がアレルゲンである人がたくさんいます。

 

 

ですから、このカビのアレルギーを持っている方は、特にきのこにも注意が必要となるでしょう。

きのこアレルギーの症状とは?

では、きのこアレルギーの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、参考として「きのこ栽培従事者がなったアレルギー症状」や食物アレルギーの一般的な症状の中からまとめてみました。

 

それは、次のようなものがあります。

 

  • 咳がでる
  • 喉や気管支の痛み
  • 喉がゼイゼイいうぜんそく様症状がでる
  • 目がかゆい
  • 鼻がむずかゆい
  • なみだが出る
  • まぶたに発疹がでる
  • 目が充血する
  • 鼻水が止まらない
  • 鼻の粘膜が腫れる
  • 鼻が詰まって呼吸が苦しい
  • 肌荒れやかゆみ、湿疹
  • 片頭痛
  • 腸の不調
  • 疲労感
  • 貧血
  • むくみ

 

などなど。

 

実にたくさんありますね。

 

 

しかし、これらの症状が重くなると注意しなければならないのが「アナフィラキシーショック」です。

 

特に、下痢や呼吸困難、意識障害や血圧低下などの症状がでた場合は、命の危険にさらされることもあるため注意が必要です。

きのこアレルギーの症状が出た時の対処法は?

医者

 

もし、きのこを食べて上記のような症状がでた場合は「きのこアレルギー」を疑いましょう。

 

そして、症状がひどい場合は、すぐに医療機関に相談してください。

 

 

その時に、次のことを記録しておくことをおススメします。

 

それは、

 

  1. 食べたきのこの種類
  2. 食べた時間
  3. 出た症状の様子(症状の種類と部位など)
  4. 症状が出た時間

 

などです。

 

 

この記録を医療機関に持っていくことで、医師も診断の助けになると思います。

 

また、なんらかのアレルギーをお持ちの方は、きのこを食べてアレルギー症状がでた場合、症状がひどくなる場合も考えられますので、ご自身のアレルギーの有無についてもしっかり伝えることが重要です。


まとめ

 

食物アレルギーの怖いところは、「ある日突然に出る」ということです。

 

きのこはとても体によいことは誰もがご承知の通りです。

 

 

ですが、だからと言っていつもいつも食べていると、アレルギーになる確率を高めかねません。

 

 

私が思うに、食物アレルギーを回避するためには、「同じものを食べ続けない」ことが大切と考えます。

 

なんでも、ほどほどの量をバランスよく食べるのが一番?の予防のような気がします。

 

関連ページ

きのこのタンパク質含有量は多い?栄養価や健康への効果は?
「三大栄養素のひとつタンパク質の含有量は?」 「きのこの栄養価や効能は?」 などきのこの気になる栄養についてまとめてみました。 きのこの栄養素を効率よく取り入れる簡単な方法もご紹介しますので、ご参考にしてくださいね。
きのこ嫌いを克服する刻み方や子どもにもおすすめのレシピを紹介!
子供の好き嫌いで多いのがきのこ類。 できれば食べて欲しいけど、料理に入れてもすぐバレてしまう・・・。 きのこ嫌いを克服するためのコツとレシピを紹介します。
きのこは消化しにくい?栄養は摂れるの?便秘解消やダイエットにいい?
きのこが消化しにくい食材って知ってますか? 消化しにくいのなら栄養は摂れるのでしょうか? きのこは消化しにくい食材なのか、栄養は摂れるのか、便秘解消やダイエットに効果があるのか紹介します。
きのこ類の賞味期限はどれくらい?賞味期限が書いていない理由も紹介!
どうしてきのこのパッケージには賞味期限が書かれていないのでしょうか? また、どうすれば長持ちするのでしょう? 今回は、そんなきのこ類のパッケージに賞味期限が書かれていない理由や、正しい保存方法などをご紹介したいと思います。