じゃがいもの皮むきがめんどくさい! なんか簡単にむく裏技ないの?

じゃがいもの皮むきがめんどくさい! なんか簡単にむく裏技ないの?

じゃがいもの皮むきがめんどくさい! なんか簡単にむく裏技ないの?

jagaimokawamuki

じゃがいもの皮むき。

 

それはそれはめんどくさいことです。

 

 

じゃがいもの皮むきがめんどくさいがためにじゃがいも料理作るのをやめたくなるほどに・・・。

 

 

こんなにめんどくさいならきっとどこぞの誰かが簡単にむく裏技を開発してネット上に公開してたりするだろうなと思ってググってにたらやっぱりありました!

 

ってことでネットで調べることだけは得意な私が調べ上げたじゃがいもの皮を簡単にむく裏技を紹介します。


じゃがいもの皮を簡単にむく裏技

じゃがいもの皮を簡単にむく裏技は主に2つあります。
ゆでる方法とレンジでチンする方法です。

 

それぞれ順番に紹介します。

 

1. ゆでる方法

  1. じゃがいものの真ん中に薄く切り込みを入れ、そのまま1周させる
  2. ゆでる(水からゆで、沸騰したら弱火にして10~15分程度。串が通るまで)
  3. ゆで上がったじゃがいもを氷水に入れて10秒待つ
  4. 皮をむく

 

こうすることでじゃがいもの皮がつるんと超簡単にむけます。
ゆで卵の皮をつるんとむく方法と似てますね。

 

 

スポンサーリンク

 

2. 電子レンジを使う方法

  1. じゃがいもの真ん中に薄く切り込みを入れ、そのまま1周させる
  2. じゃがいもを水で濡らし、1個ずつラップで包む
  3. そのじゃがいもを電子レンジで500Wで5分チンする
  4. 触れる熱さになるまで冷ます
  5. 皮をむく

 

 

動画はこちら!

 

ゆでる部分を電子レンジに変えるだけ。
しかも電子レンジの場合、氷水に浸すプロセスが必要なく、冷めるまで待つだけでいい。

 

さらに簡単になりましたね

 

でも中には冷まさずに熱々のまま食べたい人もいるかもしれません。

 

そういう人のために熱々のままジャガイモの皮をむく方法を紹介します。

 

熱々のじゃがいもの皮をむく方法

  1. じゃがいもをフォークで半分に切る
  2. 切った面を下にしてお皿に乗せる
  3. フォークで皮に切れ目を入れる
  4. フォークでじゃがいもを押さえつつ、さっき入れた切れ目から皮を引っ張る

 

これで熱々のじゃがいもの皮も火傷せずに簡単にむけます。
熱々のじゃがバターが食べれますね^^

 

スポンサーリンク

じゃがいもを温めずに皮をむく方法

ここまでじゃがいもを温めることで簡単に皮をむける裏技を紹介してきました。

 

しかし人によってはどうしてもじゃがいもを温めずに皮をむきたい人もいるかもしれません。

 

そういう人がどうすれば楽にむけるのかについても調べてみました。

 

 

1. 包丁の刃を逆向きに使う

じゃがいもの皮を包丁で普通にむくのはめちゃめちゃ難易度が高いです。

 

デコボコしてるのでスムーズにむけないんですよね。

 

ちょっと失敗すると手を切っちゃうし。

 

でも実はこれ、包丁の刃を逆に使えば解決します。

 

 

やり方

  1. じゃがいもを5分ほど水に浸す
  2. 包丁の刃を反対向きにこする容量で皮をむく

 

 

普通にやるのとは逆方向!

 

これなら手を切る心配がありません!

 

 

水に浸してある程度柔らかくなった皮ならこんなやり方でもむけます。

 

包丁の背なら手を切る心配がないのでだいぶスムーズにむけるはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

2. アルミホイルを使う

次に紹介するのはアルミホイルを使うやり方です。

 

主にごぼうなどに使われるやり方ですがじゃがいもにも使えます。

 

やり方

  1. アルミホイルをまるめて簡易金だわしを作る
  2. それを使ってじゃがいもの皮をゴシゴシこする

 

 

かなりきれいにむけてますね^^

 

ちなみにじゃがいもの皮を普通に正攻法でむくとどうなるかというと・・・

 

 

この動画を見ればじゃがいもの皮を普通にむくのがどんだけめんどくさいかがわかりますね。

 

一度裏技を覚えてしまうと普通にむくのがバカらしくなります。

まとめ

じゃがいもの皮むきはめんどくさいですが、その分いろんな人が簡単にむく裏技を開発してます。

 

今はインターネットがあるのでそういう他人が開発した裏技が簡単に手に入ります。

 

みなさんもこれなんかめんどくさいんだよなーと思ったら「○○ 裏技」で検索してみるといいですよ^^

 

 

というわけで今回はじゃがいもの皮むきの裏技紹介でした。

 

関連ページ

じゃがいもに芽が出たら食べれる?取り方と芽が出にくい保存方法
じゃがいもの芽が出たものは食べれるのか、芽の取り方と芽が出にくい保存方法を紹介します。
じゃがいもが緑色になったものは食べれる? 皮が緑か中身が緑かで毒性は違う?
じゃがいもを何個か買ったけど1個うっすらと緑色っぽいものがあった。 これって食べれるの?食べたら危ない? じゃがいもの芽にはソラニンっていう毒があるって聞いたことあるけど皮とか実にもあるの? 今回は「じゃがいもの緑色」をテーマに調べたことをまとめたので参考にしてください。
新じゃがと普通のじゃがいもの違いは? 新じゃがのおすすめレシピ5選!
スーパーに行くと普通のじゃがいもの横に新じゃがが置いてあることがありますが違いがよくわからないという人は多いと思います。 新じゃがとじゃがいも違いと、新じゃがのおすすめレシピを紹介します。
自家製冷凍コロッケの作り方を紹介!
自家製コロッケを作るととても美味しいけれど、下ごしらえから揚げる工程まで一気に行うことを考えると、とても気が重くなってしまいます。 ジャガイモの皮を剥いて、茹でて、潰して、…たくさんの作業の後、最後に揚げる。 そこで私は自作冷凍コロッケをうまく作る方法を模索しました。 コロッケ好きなみなさんのお役に立てれば嬉しいです。
皮をむいた・切ったじゃがいもの保存方法と日持ちを紹介!
じゃがいもを余分に皮をむいてしまったから、切ってしまったけど急な予定が入ってしまい調理する時間がないから、と捨てる必要はありません。 皮をむいておくと黒ずんでしまったり、茶色く変色してしまう生のじゃがいもに手を焼かなくてもいい解決法があります。 丸ごと1つだと多すぎるから、と半分のじゃがいもを調理するときも、突然の人数変更で多めに皮をむいてしまったじゃがいもにも、後日活躍してもらいましょう。 今回は皮をむいたり、切ってしまったのに余ってしまったじゃがいもの保存方法をご紹介します。