自家製だしの冷凍キューブの作り方

自家製だしの冷凍キューブの作り方

自家製だしの冷凍キューブの作り方

 

忙しい時でもきちんとだしをとってお料理したい、という方は多いですよね。

 

でも主婦も忙しいので、毎回そんなことはやっていられないという方も多いと思います。

 

 

我が家では、自宅でとっただしを手軽にいつでも使えるように冷凍キューブにしています。

 

 

これがあれば、お料理の工程一つ飛ばせますし、粉末のだしなどを使わずにお料理ができます。

 

また、解凍せずにすぐ使えるので、お醤油や塩などの調味料と一緒に気軽に利用できます。

 

 

出汁の風味があれば、塩分に頼らずにお料理の味わいを深めることもでき、体にも優しいですよね。

だしキューブの作り方

ご家庭によってだしの取り方が異なるかもしれませんが、ここでは我が家のだしの取り方でご説明しますね。

 

一言で言えば、とっても濃い目に出汁をとって、キューブ状に冷凍する。

 

必要に応じてこれをお湯に入れて溶かすだけ、というものです。

 

 

まず、だしの材料ですが。

 

だしの材料

  • 水…カップ10
  • だし昆布…10cm角5枚
  • 削り節…80g

 

が材料です。

 

だしの作り方

  1. 材料全てを鍋に入れ、弱火で加熱します。
  2.  

    水分が少なすぎて材料が見ずに浸りにくい場合などは、適宜水を足してください。

     

    アクが出たらおたまなどですくってください。

     

    水のうちからゆっくり煮出すことで、旨味がしっかりと出て、風味も損ないません。

     

     

  3. 静かに沸騰し始め、だし汁の色が綺麗な琥珀色になったら、火を止めます。
  4.  

     

  5. ざるでだし汁をこして、だしガラを絞るような感じでだし汁をこしきってください。
  6.  

  7. 濾しただし汁は、小さなスプーンなどを使って、製氷皿などに注ぎます。
  8.  

     

  9. しばらく常温で置き、熱をとります。
  10.  

  11. それから冷凍庫に入れて、冷やし固めます。
  12.  

     

  13. 硬くなったら、製氷機から全てだし汁キューブを取り出して、冷凍用保存袋などに移し替えても大丈夫です。
  14.  

  15. このだし汁キューブを使うときは、用途によって濃度を水で調節して使ってくださいね。

 

 

2〜3人分の煮物なら、3センチ角ほどのキューブ1個と調味料が目安です。

 

もちろんご家庭の好みでキューブの数を増減しても大丈夫ですよ。

 

 

我が家では、お味噌汁や蕎麦つゆ、炊き込みご飯などにも使っています。

 

また和風のあんダレや、だし茶漬け、天つゆなど、少量欲しいときにもとても便利です。

 

離乳食にも、調味料の代わりにこちらのだしを入れてあげると、塩分も控えられるし、赤ちゃんも目先が変わり、喜んでくれます。

 

おかゆや魚の煮付け、に合わせていました。

 

 

また、離乳食だけでなく、介護職用にも使えます。

 

煮野菜のペーストなどを冷凍しておいて、食べるときには解凍して、このだしキューブを混ぜるのもおすすめです。

 

 

でも必ず味を見てくださいね。

 

はじめの出汁の取り方や、キューブの数でかなり変化がついてしまいますのでご注意を。

 

スポンサーリンク

だし汁キューブの保存期間の目安

だし汁キューブの保存は10日くらいが目安です。

 

冷凍なので腐るということはありませんが、だしの風味が損なわれすぎないのがそのくらいかなと思います。

 

一度に出汁をとっておくと、とっても気が楽です。

 

お料理の手を抜きつつ仕上がりは満足行くものになりますよ。

 

ぜひお試しくださいね。