とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるの?適切な量で期待できる効果は?

とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるの?適切な量で期待できる効果は?

とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるの?適切な量で期待できる効果は?

焼きとうもろこし

 

 

とうもろこしって食べ過ぎると病気になる!?

 

 

そんな話を聞いたことはありませんか?

 

 

嘘のような信じがたい話ですが、どんな病気なのか気になりますよね。

 

しかし一方で、私はどうもろこしは体にいい野菜!なんて話も聞いたことがあります。

 

 

旬のとうもろこしは美味しくてそのまま丸ごとついつい食べてしまいますが、どうせ食べるなら適切な量を食べて、体へのいい効果を期待したいですよね!

 

 

今回は、とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるのかどうか、また適切な量を食べて期待できる効果についてご紹介していきます。


とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるの?

現在は原因解明、そして治療法が見つけられていますが、過去にとうもろこしで「ぺラグラ」という病気を発症させた人たちがいるという記録が残っています。

 

この「ぺラグラ」という病気が一体どんなものであるのかみていきましょう。

 

ペラグラの発症

とうもろこし中毒とも呼ばれるこちらの病気は、とうもろこしを食べ過ぎることによって皮膚炎や下痢などの症状を引き起こします。

 

とうもろこしのたんぱく質の中には必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンが少ないことが原因とされています。

 

 

おもにとうもろこしを主食とする国の人々の間ではやったようですが、やはり食べ過ぎはよくありません。

 

気をつけてくださいね!

 

 

他にもとうもろこしを食べ過ぎることによって起こりうる体への影響がいくつかあります。

 

糖質の摂りすぎ

とうもろこしには糖質が多く含まれています。

 

日本ではご飯が主食ですが、世界的にみればトウモロコシを主食として食べる人たちもおり、世界三大穀物の一つです。

 

それだけカロリーが高い食べ物といえます。

 

 

中くらいのとうもろこしの1本可食部のカロリーは、173カロリーで茶碗一杯分に匹敵します。

 

 

とうもろこしと食べるときには主食を少し減らすなどの対策が必要です。

 

そうでなければ、カロリーオーバーで肥満の原因となるだけでなく血糖値もあげてしまいかねません。

 

 

塩分の摂り過ぎ

缶詰タイプのとうもろこしには塩分が多く含まれています。

 

何も考えずに食べていては塩分の摂りすぎになります。

 

また茹でる時も塩を使わず湯がくことで、塩分を過剰摂取することなく自然な甘みを感じながら食べることができます。

とうもろこしの1日の適切な量と期待できる効果!

とうもろこしの1日の適切な量

 

 

1日の適切な摂取量は約80g〜90gです。

 

 

これは中くらいサイズのとうもろこし半分の量にあたります。

 

 

ここまでご紹介してきた通り、食べ過ぎには注意したいとうもろこしですが、適量摂取することで次のような効果が期待できますよ!

 

 

疲労回復効果

消化が非常によく、エネルギー代謝を促進するトウモロコシには、疲労回復効果があります。

 

 

便秘解消

とうもろこしに含まれるセルロースという食物繊維が、善玉菌の餌となり大腸のぜん動運動を促進するため、便秘解消に役立ちます。

 

また大腸ガンの予防にも効果があるといわれています!

 

 

むくみ解消

とうもろこしを食べることによってむくみ解消効果も期待できます。

 

可食部もそうですが、新しく柔らかい髭の部分であれば、お茶にして飲んだり、天ぷらにして食べると特に効果が得られます。

 

 

動脈硬化の防止

とうもろこしに含まれる栄養素はバランスが良く、リノール酸にはコレステロールを下げ、動脈硬化の防止に有効です。

 

 

美容効果

ビタミンEやカリウムを多く含むとうもろこしにはアンチエイジング効果があるだけでなく、冷え性にも効果があるといわれています。

 

 

適量のとうもろこしを楽しむことで、体への良い効果を積み重ねていきましょう!


とうもろこしを使った料理紹介!

コーンポタージュ

 

トウモロコシがおいしく簡単に食べれる料理のレシピをご紹介していきます!

 

 

コーンポタージュ

材料(3人分)

  • とうもろこし・・・2本
  • 玉ねぎ・・・半分
  • バター・・・5g
  • コンソメキューブ・・・1個
  • 塩コショウ・・・適量
  • 牛乳・・・400ml
  • 生クリーム・・・40ml
  • 刻みパセリ・・・適量
  • クルトン・・・お好みで

 

作り方

  1. 熱したお鍋でバターを炒め、玉ねぎも合わせて炒めます。
  2. 玉ねぎが透き通ってきたら、とうもろこしも入れて炒めます。
  3. 玉ねぎととうもろこしが浸る程度の水を加え、トウモロコシの芯も入れて沸騰させます。
  4. 沸騰させたら火を弱め、コンソメを入れて少し煮込みます。
  5. ハンドブレンダーで粒を潰し滑らかなスープにしていきます。
  6. 最後に牛乳と生クリーム、塩胡椒で味付けをし、火を止めます。
  7. お皿に盛って、パセリ、クルトンをかければ完成です!

 

 

蒸しコーンのひじきサラダ

材料(4人分)

  • トウモロコシ・・・1本
  • きゅうり・・・半分
  • 人参・・・少々
  • ハム・・・2枚
  • ひじき・・・50g
  • リンゴ酢・・・小さじ2
  • 醤油・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ2
  • 砂糖小さじ・・・小さじ2
  • 白ごま・・・適量

 

作り方

  1. とうもろこしは芯から外して、軽く蒸しておきます。
  2. ひじきは水で戻して、しっかりと水気を切ります。
  3. 野菜とはむは細長切りにしておきます。
  4. ボウルに調味料を入れて良く混ぜます。
  5. そこへひじきと野菜、コーンを入れてしっかり混ぜ合わせ、ゴマもふったら完成です!

まとめ

いかがでしたか?

 

トウモロコシの食べ過ぎは、ぺラグラを発症させる可能性があるだけでなく、体への悪影響も懸念されます。

 

しかし一方で、適量摂取することでプラスの便秘解消や美容効果も期待できるとうもろこしです。

 

 

私はより栄養素を得るためにも、調理法を工夫しています。

 

それは、とうもろこしを湯がくのではなくとうもろこしを蒸すようにしていることです。

 

このことによって栄養分を失うことなく調理でき、仕上がりはふっくらかつ自然な甘みがぎっしりと粒に凝縮されるのでおすすめの調理方法です!

 

 

今回ご紹介したレシピを参考にしていただきながら、とうもろこしを食卓に取り入れていっていただければ幸いです。