ふきのとうのアク抜きは必要?ふきのとうを使ったおすすめレシピは?

ふきのとうのアク抜きは必要?ふきのとうを使ったおすすめレシピは?

ふきのとうのアク抜きは必要?ふきのとうを使ったおすすめレシピは?

ふきのとう

 

ふきのとうをとってきたけど、アク抜きって必要なのだろうか?

 

そう思ったことはありませんか?

 

 

ふきのとうも山菜だから、アク抜きが必要な気もするけど、どうやってするのかあいまいな時ってありますよね。

 

 

私は、ふきのとうといえばついつい定番のふき味噌を作ってしまいますが、実はふきのとうにもいろんな美味しい食べ方があるんですよ!

 

 

今回は、そんなふきのとうのアク抜きについて、また定番のレシピからちょっと変わったレシピまでご紹介していきます。


ふきのとうのアク抜きは必要?

春に芽を出す野草は、ほとんどのものがアク抜きが必要です。

 

ふきのとうも例外ではありません。

 

ここでは二種類のアク抜き方法をご紹介します!

 

時間をかけてアク抜きする時

  1. とってきたふきのとうをしっかりと洗い、黒くなっている葉の部分は取り除きます。
  2. たっぷりのお湯を沸かして、沸騰した水の中で5分ほど湯がきます。
  3. 水にあけて、よく洗い、水の色が濁らなくなるまで何度も水を変えながら洗います。
  4. 濁らなくなったら新しい水につけて半日おくと、アク抜き完了です!

 

 

短時間でアク抜きをしたいとき

なかなか半日も待っていられない!という時はこちらの方法でアク抜きをしてみてください。

 

  1. とってきたふきのとうをしっかりと洗い、黒くなっている葉の部分は取り除きます。
  2. たっぷりのお湯を沸かして、重曹を小さじ1入れます。
  3. その沸騰した水の中で5分ほど湯がきます。
  4. 水にあけて、よく洗い、水の色が濁らなくなるまで何度も水を変えながら洗います。
  5. 濁らなくなったらアク抜きは完了です!

 

 

こまでアク抜き方法をご紹介してきましたが、とれたての新鮮なふきのとうを天ぷらにしてすぐ食べる時はアク抜きをせずに食べることができます。

 

つんですぐあく抜きせずに天ぷらにしたふきのとうは、とくに香りが豊かで春を感じることができますよ!

ふきのとうを使ったおすすめレシピ!

定番のふきみそからシンプルでおいしいふきのとうを使ったレシピをご紹介します!

 

ふきみそ

材料

  • ふきのとう・・・10個
  • 赤味噌・・・120g
  • 砂糖・・・大さじ4
  • みりん・・・大さじ4
  • 酒・・・大さじ2

 

作り方

  1. あく抜きをしたふきのとうを細かく刻みます。
  2. すり鉢の中に調味料を入れてよくすり合わせます。
  3. そこへ細かく刻んだふきのとうを入れます。
  4. 味見をしてみて、ふきのとうの香りが十分にすれば完成です。
  5. ご飯のお供にも和え物にもぴったりですよ!

 

 

瓶などになるべく空気を入れないように詰めて冷蔵庫で保管してください。

 

10日ほど日持ちしますよ!

 

 

ふきのとう天ぷら

ふきのとうの天ぷら

 

とれたてだからこそ出来る贅沢な食べ方です!

 

材料

  • ふきのとう・・・10個
  • 小麦粉・・・適量
  • 卵・・・1個
  • 水・・・適量
  • 塩・・・少々

 

作り方

  1. 天ぷらにするとれたてのふきのとうはアク抜きの必要がありません。
  2. 小麦粉、卵、水を混ぜて天ぷら粉を作ります。
  3. 油を熱し、衣を絡めて揚げます。
  4. 仕上げに塩を少々ふれば完成です!

 

 

ふきのとうのペペロンチーノ

実はふきのとう、洋風メニューにも味がよく合います。

 

ここではペペロンチーノをご紹介しますが、クリーム系のパスタにもよく合います。

 

癖になる味なので、ぜひ試してみてくださいね!

 

材料(2人分)

  • パスタ・・・2人前
  • ふきのとう・・・6個
  • ベーコン・・・2枚
  • 鷹の爪・・・適量
  • オリーブオイル・・・適量
  • にんにく・・・1片
  • 塩・・・適量
  • ブラックペッパー・・・適量

 

作り方

  1. アク抜きしたふきのとうを一口サイズに切ります。
  2. パスタは少し硬めに湯がいておきます。
  3. フライパンにオリーブオイルと鷹の爪を入れて、火にかけます。
  4. 香りが出てきたら、ベーコンを炒めます。
  5. ベーコンに火が通ったら、ふきのとうとパスタを入れて炒めます。
  6. 塩とブラックペッパーで味付けをしたら完成です!

美味しいふきのとうの見分け方!

新鮮なふきのとう

 

 

ではどんなふきのとうが美味しいのか、その見分け方をご紹介します。

 

収穫に行かれる際はぜひ参考になさってくださいね!

 

蕾の開いていないふきのとう

ふきのとうとして食べられているのは、ふきの花の蕾の部分です。

 

一番香りがあり、美味しいとされているのはまだ花が咲いていない蕾のふきのとうです。

 

花が咲き始めているものよりも、まだ蕾が閉まっていているものをおすすめします。

 

 

鮮やかな薄緑色のふきのとう

色の確認も大切です。

 

ふきのとうは雪の中からも成長するため、寒さで雪焼けを起こしてしまう場合があります。

 

葉っぱの部分が茶色くなり始めているものはおすすめいたしません。

 

鮮やかな薄緑色のものを選んでくださいね!

 

 

ぷっくりと膨らみのあるふきのとう

全体的に丸みがあり、ふっくらとしているふきのとうがおすすめです。

 

時々とても細々しい中身が詰まっていないふきのとうがありますが、香りも味も太っているもののほうが美味しいです。


まとめ

いかがでしたか?

 

時間をかけて湯がくことでアク抜きをする方法と、重曹を使って短時間でアク抜きする方法をご紹介してきました。

 

また美味しいふきのとうの食べ方・選び方もご理解いただけたかと思います。

 

 

冬の終わり、山に住む祖母の家の周りの雪の中からひょこんと顔を出しているふきのとうを見つけた時、そしてそのふきのとうの香りを食べた時、私はいつも冬が終わり春が来るのを感じます。

 

ふきのとうに限らず野草は、あく抜きが必要なものが多く、調理のハードルが高いように感じてしまうことがあります。

 

しかし、アク抜きも調理も方法さえ知っていれば難しいものではありません。

 

 

今回ご紹介したアク抜き方法やレシピを参考にしていただきながら、春を知らせるふきのとうを楽しんでいただければ幸いです。

関連ページ

ピーマンが変色!赤やオレンジなら栄養たっぷり?茶色は危険?
あ!ピーマンが赤くなってしまった!! 冷蔵庫からピーマンを取り出したら変色していた!! このピーマンって食べられるのか? 今日はピーマンが変色していくその理由と、何色なら食べてもいいのか栄養価はどうかなど、ピーマンの変色についてご紹介していきます!
オクラは変色しても食べられる?変色を防ぐ保存方法は?
冷蔵庫で変色しているオクラを見つけて、どうしよう!と思ったことありませんか? 変色を防ぐ保存方法があるのなら知りたいですよね。 今回は、オクラは変色しても食べられるのかどうか、またその変色を防ぐ保存方法、新鮮なオクラの選び方についてご紹介していきます!
とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるの?適切な量で期待できる効果は?
とうもろこしって食べ過ぎると病気になる!? そんな噂を聞いたことがある人もいるかもしれません。 今回は、とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるのかどうか、また適切な量を食べて期待できる効果についてご紹介していきます。
枝豆を食べ過ぎるとどんな影響がある?1日の適量はどれくらい?
枝豆の食べ過ぎって体に良くないのだろうか? 身体にどんな影響があるのだろうか? そんな風に思ったことはありませんか? 今日はそんな枝豆の食べ過ぎによる体への影響や適量、身体への効果について順番にご紹介していきます!
よもぎの簡単あく抜き方法!重曹ありなしの両パターンを紹介
よもぎを摘んできたけれどあく抜きの方法が分からない! あく抜きには重曹が必要だって聞いたけど、家に重曹がない! 今日はそんなよもぎの簡単なあく抜き方法と美味しい食べ方についてご紹介していきます!
ブロッコリースプラウトの効果とは!?がんや花粉症に効くって本当?
ブロッコリースプラウトとは「ブロッコリーの新芽」という意味で、ブロッコリーの種を発芽させた新芽の状態のことです。 ブロッコリースプラウトには様々な栄養があり、その栄養分の高さからメディアでもたくさん取り上げられています。 そんなブロッコリースプライトの効果について紹介したいと思います。
ししとうの種はとる?とらない? 種の栄養成分とその効果とは?
ししとうを調理する時、種どうするの?と悩まれた方も多いのではないでしょうか。 私もはじめはよく悩んでました。 今回は、そんなししとうの種をとる?とらない?の疑問を解決します。 ぜひ参考にしてみてください。
さやえんどうが大きくなっても美味しく食べられる?保存方法は?
さやえんどうって大きくなると皮が硬くなっていたり、筋があったり、美味しく食べれることができるのかどうかいまいちわからないですよね。 今回はそんな大きくなってしまったさやえんどうは美味しく食べられるのかどうかについて、その保存方法やまたタネとして保存する方法なども合わせてご紹介していきます!
つくしってどんな味?美味しく食べられるおすすめのレシピは?
つくしってどんな味がするのだろう? 今回は、つくしはどんな味がするのか、どうしたら美味しく食べられるのかについて調べてみましたので、ご紹介していきます!
トマトは腐るとどうなる?カビが生えやすい?賞味期限は?
トマトが腐ると、どんな状態になるのでしょうか? また、賞味期限や正しい保存方法はどうなのでしょうか? 今回は、そんなトマトが腐るとどうなるかについて、詳しくご紹介したいと思います。
豆苗の豆は食べられるの?生でも食べられる?食べ方も紹介!
豆苗の豆って食べられるのでしょうか? 豆部分も可食部と考えたら、苗部分だけを料理に使用するより、かなりのボリュームアップになりそうだし、魅力的ではあります。 そこで今回は、豆苗の豆の部分は食べられるのか?ということについて確認していきたいと思います!
かいわれとスプラウトの違いは何?見た目や味の違いは?栄養価の差は?
かいわれとスプラウトってどちらもお店で見かけるけど違いは何でしょうか? かいわれとスプラウトの違いについて、見た目や味、そして栄養価の差も含めてご紹介していきたいと思います。
クレソンはどんな味?栄養価とおすすめの食べ方もご紹介!
初めて友人から新鮮なとれたてのクレソンをもらった時、どんな味なのか想像ができず恐る恐る食べたのを今でも覚えています。 味だけでなくクレソンにどんな栄養価があるのかも気になりますよね。 今回はそんなクレソンの味、栄養価、そしておすすめの食べ方についてご紹介していきます!
しなびた春菊を復活させる方法と春菊のおすすめの食べ方!
冷蔵庫に入れておいたはずの春菊が、買って数日後にしなびてしまった経験ってありませんか? しなびてしまっても復活させることができたら料理しやすいし、嬉しいですよね。 今回はそんなしなびた春菊を復活させる方法とおすすめの食べ方についてご紹介していきます!
小松菜は下茹でしてアク抜きが必要?下ごしらえの方法は?
小松菜は下茹でしてアク抜きが必要なのだろうか? 言われてみれば、下茹でが必要なような気もしないでもないような。 今回はそんな小松菜について、 ・下茹でしてアク抜きが必要なのかどうか ・下ごしらえの方法 ・小松菜を使った簡単レシピ をご紹介していきます。
小松菜の苦味の取り方と下処理のコツを紹介!
今1歳半の娘の子育て真っ最中なのですが、小松菜は栄養があり子供にも食べさせたい野菜の1つです。 でも小松菜は苦みが苦手で食べれない人も多い野菜です。 そんな小松菜の苦みの取り方や下処理のコツ、また大人も子供も喜んで食べれるような小松菜のレシピをご紹介したいと思います。
ケールとはどんな野菜?美容や健康に良いって本当?
青汁で有名なケールって一体どんな野菜なんだろう。 気になったので ・ケールとはどんな野菜か? ・美容や健康に良いって本当か? ・旬の時期や美味しい食べ方 など調べたことをまとめました。
スティックセニョールは栄養たっぷり!おすすめの食べ方を紹介!
スティックセニョール、調べてみると実は栄養満点なんだとか。 上手に調理して、栄養を摂りつつ美味しく食べることができたら嬉しいですよね! 今回はスティックセニョールについて、栄養価、おすすめの食べ方、そしてブロッコリーとの違いについてご紹介していきます。
さやいんげんは茶色くても食べられる?おすすめの保存方法とは?
私も冷蔵庫の中で一部が茶色くなったさやいんげんを見つけたことがあります。 その時は、茶色い部分を切り落として、とりあえず調理して食べたことがありますがあまり美味しくありませんでした。 そんなさやいんげんについて、今回は茶色くても食べられるかどうかやおすすめの保存方法についてご紹介していきます。
たけのこは腐るとどうなる?生と茹でてからの保存期間は?
たけのこは腐るとどうなるのか。 あまり腐るイメージはないですが、どうなるのでしょうか? 今回はそんなたけのこについて腐るとどうなるのか、また生と茹でてからの保存期間はどれくらいなのかについてご紹介していきます!
たらの芽のとげは食べられる?上手な下処理の方法とは?
私が初めて祖母と一緒にたらの芽を取りに行ったときは、枝や茎にたくさんのとげが付いていて、食べることができる山菜とは思いませんでした。 今回はそんなたらの芽について、とげは食べることができるのかどうか、上手な下処理方法とはどんなものなのかについてご紹介してきます。
枝豆が固いときはどうする?柔らかく茹でる方法は?
ただ茹でて食べると美味しい枝豆ですが、意外とその茹で加減が難しく、固すぎても柔らかすぎても美味しくないですよね。 今回は、枝豆が固いときはどうするべきか、そして柔らかく茹でる方法についてご紹介していきます。