ふきのとうのアク抜きは必要?ふきのとうを使ったおすすめレシピは?

ふきのとうのアク抜きは必要?ふきのとうを使ったおすすめレシピは?

ふきのとうのアク抜きは必要?ふきのとうを使ったおすすめレシピは?

ふきのとう

 

ふきのとうをとってきたけど、アク抜きって必要なのだろうか?

 

そう思ったことはありませんか?

 

 

ふきのとうも山菜だから、アク抜きが必要な気もするけど、どうやってするのかあいまいな時ってありますよね。

 

 

私は、ふきのとうといえばついつい定番のふき味噌を作ってしまいますが、実はふきのとうにもいろんな美味しい食べ方があるんですよ!

 

 

今回は、そんなふきのとうのアク抜きについて、また定番のレシピからちょっと変わったレシピまでご紹介していきます。


ふきのとうのアク抜きは必要?

春に芽を出す野草は、ほとんどのものがアク抜きが必要です。

 

ふきのとうも例外ではありません。

 

ここでは二種類のアク抜き方法をご紹介します!

 

時間をかけてアク抜きする時

  1. とってきたふきのとうをしっかりと洗い、黒くなっている葉の部分は取り除きます。
  2. たっぷりのお湯を沸かして、沸騰した水の中で5分ほど湯がきます。
  3. 水にあけて、よく洗い、水の色が濁らなくなるまで何度も水を変えながら洗います。
  4. 濁らなくなったら新しい水につけて半日おくと、アク抜き完了です!

 

 

短時間でアク抜きをしたいとき

なかなか半日も待っていられない!という時はこちらの方法でアク抜きをしてみてください。

 

  1. とってきたふきのとうをしっかりと洗い、黒くなっている葉の部分は取り除きます。
  2. たっぷりのお湯を沸かして、重曹を小さじ1入れます。
  3. その沸騰した水の中で5分ほど湯がきます。
  4. 水にあけて、よく洗い、水の色が濁らなくなるまで何度も水を変えながら洗います。
  5. 濁らなくなったらアク抜きは完了です!

 

 

こまでアク抜き方法をご紹介してきましたが、とれたての新鮮なふきのとうを天ぷらにしてすぐ食べる時はアク抜きをせずに食べることができます。

 

つんですぐあく抜きせずに天ぷらにしたふきのとうは、とくに香りが豊かで春を感じることができますよ!

ふきのとうを使ったおすすめレシピ!

定番のふきみそからシンプルでおいしいふきのとうを使ったレシピをご紹介します!

 

ふきみそ

材料

  • ふきのとう・・・10個
  • 赤味噌・・・120g
  • 砂糖・・・大さじ4
  • みりん・・・大さじ4
  • 酒・・・大さじ2

 

作り方

  1. あく抜きをしたふきのとうを細かく刻みます。
  2. すり鉢の中に調味料を入れてよくすり合わせます。
  3. そこへ細かく刻んだふきのとうを入れます。
  4. 味見をしてみて、ふきのとうの香りが十分にすれば完成です。
  5. ご飯のお供にも和え物にもぴったりですよ!

 

 

瓶などになるべく空気を入れないように詰めて冷蔵庫で保管してください。

 

10日ほど日持ちしますよ!

 

 

ふきのとう天ぷら

ふきのとうの天ぷら

 

とれたてだからこそ出来る贅沢な食べ方です!

 

材料

  • ふきのとう・・・10個
  • 小麦粉・・・適量
  • 卵・・・1個
  • 水・・・適量
  • 塩・・・少々

 

作り方

  1. 天ぷらにするとれたてのふきのとうはアク抜きの必要がありません。
  2. 小麦粉、卵、水を混ぜて天ぷら粉を作ります。
  3. 油を熱し、衣を絡めて揚げます。
  4. 仕上げに塩を少々ふれば完成です!

 

 

ふきのとうのペペロンチーノ

実はふきのとう、洋風メニューにも味がよく合います。

 

ここではペペロンチーノをご紹介しますが、クリーム系のパスタにもよく合います。

 

癖になる味なので、ぜひ試してみてくださいね!

 

材料(2人分)

  • パスタ・・・2人前
  • ふきのとう・・・6個
  • ベーコン・・・2枚
  • 鷹の爪・・・適量
  • オリーブオイル・・・適量
  • にんにく・・・1片
  • 塩・・・適量
  • ブラックペッパー・・・適量

 

作り方

  1. アク抜きしたふきのとうを一口サイズに切ります。
  2. パスタは少し硬めに湯がいておきます。
  3. フライパンにオリーブオイルと鷹の爪を入れて、火にかけます。
  4. 香りが出てきたら、ベーコンを炒めます。
  5. ベーコンに火が通ったら、ふきのとうとパスタを入れて炒めます。
  6. 塩とブラックペッパーで味付けをしたら完成です!

美味しいふきのとうの見分け方!

新鮮なふきのとう

 

 

ではどんなふきのとうが美味しいのか、その見分け方をご紹介します。

 

収穫に行かれる際はぜひ参考になさってくださいね!

 

蕾の開いていないふきのとう

ふきのとうとして食べられているのは、ふきの花の蕾の部分です。

 

一番香りがあり、美味しいとされているのはまだ花が咲いていない蕾のふきのとうです。

 

花が咲き始めているものよりも、まだ蕾が閉まっていているものをおすすめします。

 

 

鮮やかな薄緑色のふきのとう

色の確認も大切です。

 

ふきのとうは雪の中からも成長するため、寒さで雪焼けを起こしてしまう場合があります。

 

葉っぱの部分が茶色くなり始めているものはおすすめいたしません。

 

鮮やかな薄緑色のものを選んでくださいね!

 

 

ぷっくりと膨らみのあるふきのとう

全体的に丸みがあり、ふっくらとしているふきのとうがおすすめです。

 

時々とても細々しい中身が詰まっていないふきのとうがありますが、香りも味も太っているもののほうが美味しいです。


まとめ

いかがでしたか?

 

時間をかけて湯がくことでアク抜きをする方法と、重曹を使って短時間でアク抜きする方法をご紹介してきました。

 

また美味しいふきのとうの食べ方・選び方もご理解いただけたかと思います。

 

 

冬の終わり、山に住む祖母の家の周りの雪の中からひょこんと顔を出しているふきのとうを見つけた時、そしてそのふきのとうの香りを食べた時、私はいつも冬が終わり春が来るのを感じます。

 

ふきのとうに限らず野草は、あく抜きが必要なものが多く、調理のハードルが高いように感じてしまうことがあります。

 

しかし、アク抜きも調理も方法さえ知っていれば難しいものではありません。

 

 

今回ご紹介したアク抜き方法やレシピを参考にしていただきながら、春を知らせるふきのとうを楽しんでいただければ幸いです。