よもぎ餅は冷凍保存できる?解凍方法やアレンジレシピを紹介!

よもぎ餅は冷凍保存できる?解凍方法やアレンジレシピを紹介!

よもぎ餅は冷凍保存できる?解凍方法やアレンジレシピを紹介!

 

美味しいよもぎ餅が食べきれないからどうにか保存したいけど、冷凍保存ってできるのだろうか?

 

そう思ったことありませんか?

 

 

そのままにしておいたら固くなって悪くなってしまいそうだし、上手に保存して、違うときにまたよもぎ餅が楽しめたら嬉しいですよね!

 

 

そして、私はいつもよもぎ餅といえばお醤油かきな粉かで食べてしまいますが、何か他にアレンジレシピはないのかと疑問に思い、挑戦したことが何度かあります。

 

そんなよもぎ餅について、今回は冷凍保存できるのかどうか、その解凍方法、そして私の経験からよもぎ餅を使ったアレンジレシピをご紹介していきます。

よもぎ餅は冷凍保存できる?

答えから申し上げます。

 

 

冷凍保存できます!

 

 

しかもなんと、きちんと保存すれば約3ヶ月間日持ちします!

 

 

驚きですね。

 

ではその冷凍保存の仕方をご紹介していきます。

 

 

方法は簡単です!

 

ひとつずつラップに包んで、密封容器もしくはジップロックなどの密封袋に入れて冷凍するだけです。

 

 

ポイントは空気に触れないように、一個ずつラップに包むことです。

 

空気に触れるとお餅が固くなってしまうので、ラップにしっかりと一個ずつ包むことは守ってくださいね!

 

 

ちなみに冷蔵庫でも数日間であれば保存ができ
ます。

 

しかし、色が変色したり劣化したりすることがありますので、数日の間に食べる場合を除いて、冷凍保存することをおすすめします!

よもぎ餅の解凍方法は?

では冷凍したよもぎ餅はどう解凍したらいいのでしょうか?

 

3つの方法をご紹介します。

 

自然解凍

まずは自然解凍です。

 

少し時間がかかりますが、餅をいためてしまうことなく回答できるので安心です。

 

解凍できたあとは、そのまま食べても、お好みで少し焼いたりして温めて食べても美味しいですよ!

 

 

電子レンジで解凍

自然解凍なんて待てません!というあなたには、電子レンジがおすすめです。

 

20〜30秒電子レンジにかけて解凍しましょう。

 

 

かけすぎは厳禁です。

 

1分も電子レンジにかけるとくたくたになってしまうので、気をつけてくださいね!

 

 

蒸して解凍

できる限り冷凍する前と同じ食感を楽しみたいときには蒸して解凍するのがおすすめです。

 

少し面倒ですが、蒸し器に入れて解凍すると、つきたての時のような味が楽しめます!

よもぎ餅のアレンジレシピを紹介!

よもぎ餅の定番な食べ方といえば、お醤油をつけたり、きな粉をかけたりして食べますが、ここではちょっとアレンジをしたレシピをご紹介していきます!

 

よもぎのみたらし団子

材料(2人分)

  • よもぎ餅・・・4個
  • 醤油・・・大さじ1弱
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・大さじ1/2
  • 水・・・50cc

 

作り方

作り方は簡単です!

 

  1. よもぎ餅を一口サイズにして、棒に刺し、軽く表面を焼きます。
  2. 醤油、砂糖、片栗粉、水を鍋に入れて弱火にかけ、タレを作ります。
  3. 焼けたよもぎ餅にタレをたっぷりかければ完成です。

 

よもぎ餅のぜんざい

よもぎ餅が嫌いな人でも苦にならず、美味しく召し上がっていただけます!

 

材料(2人分)

  • よもぎ餅・・・4個
  • あんこ・・・100g
  • 牛乳・・・300cc
  • きな粉・・・大さじ2

 

作り方

こちらも作り方は簡単です!

 

  1. きな粉以外を耐熱容器に入れて、電子レンジに3分間かけます。

 

吹きこぼれにだけ注意してくださいね!

 

最後にきな粉をかければ完成です。

 

よもぎ餅ちぢみ

材料(2人分)

  • よもぎ餅・・・2個
  • ニラ・・・1束
  • 豚肉スライス・・・1枚
  • キムチ・・・お好みの量
  • 片栗粉・・・大さじ1
  • 小麦粉・・・1/2カップ
  • 卵(S)・・・1個
  • 水・・・50cc
  • ごま油・・・適量
  • ポン酢などお好みで

 

作り方

  1. ボールに小麦粉、片栗粉、卵、水を入れてよく混ぜます。
  2. ニラと豚肉、よもぎ餅を一口サイズに切り、1と混ぜ合わせます。
  3. フライパンを中火にあたため、ごま油をひいて2を流し入れます。
  4. 上にキムチをのせて、片面が焼けたら、もう片面も焼いて完成です。
  5. お好みでポン酢やマヨネーズなどをつけてお召し上がりください!

まとめ

春によもぎがはえる季節になると必然的に食べたくなるよもぎ餅は、実は食物繊維が豊富で貧血効果もある体に嬉しい食べ物と言われています。

 

私はいつも祖母とよもぎを摘んで、お餅をつきますが、春に大量に作って、夏頃まで冷凍保存したお餅を楽しんでいます。

 

 

そのまま食べるときは、蒸して食べ、調理してから食べるときは自然解凍しています。

 

電子レンジで無理に解凍しようとすると解凍しすぎた失敗経験があるので、余裕を持って冷凍庫から出し、自然解凍する方のが私はおすすめです!

 

 

今回ご紹介した方法で上手に保存・解凍していただき、少しでも長い期間よもぎ餅を楽しんでいただければ幸いです。

 

またアレンジレシピもご紹介してきました。

 

いつもと違ったよもぎ餅の食べ方もおすすめですので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

関連ページ

もちが冷凍できるって知ってた?美味しく食べられるレシピも紹介!
もち、使い切れていますか?いつのまにか賞味期限を切らせてしまったり、知らない間にカビが生えていたり・・・なんて、無駄にしてしまうことも多いのではないでしょうか。 でも、実はもちが簡単に冷凍できるって知っていました?冷凍保存ができれば、賞味期限を気にすることなく消費出来て便利ですよね。 今回は、そのもちの冷凍保存の方法と、解凍法、そして、美味しく食べられるアレンジレシピを紹介します。
「カビの生えた餅は削れば食べれる」は嘘。もう二度と食べれなくなる。
正月と言えば餅ですね。 正月に餅を食べない人はいないのではないかというくらいみんな餅を食べます。 そんな餅ですが、実はあまり日持ちせず、カビが生えてしまった経験のある人は多いと思います。 でも昔から餅はカビの部分を削れば食べれると信じられてきました。 しかし、その考えは覆されたのです。