アイスは腐る?賞味期限がないけどいつまでも食べる事は出来る?

アイスは腐る?賞味期限がないけどいつまでも食べる事は出来る?

アイスは腐る?賞味期限がないけどいつまでも食べる事は出来る?

アイス

 

夏場にたくさん買ってストックしておく人も多いアイス。

 

長い間食べずに放置していることも少なくないのですが、この場合に気になるのが賞味期限など!

 

 

でもアイスには賞味期限がありません。

 

 

ずっと置いておいても腐らないんでしょうか?

 

 

とちょっと疑問ですよね。

 

ただアイスが腐るという話はあまり耳にしたことがないかもしれません。

 

そこで今回は気になるアイスの賞味期限や、そもそも腐ることはあるのかどうかについても見ていきましょう。


アイスは腐る?いつまでも食べられる?

 

 

結論から言うとズバリ、アイスは腐らない食べ物です!

 

 

実際アイスは-18℃以下で保存した場合に、5年くらい経っても味は変わらないんだとか!

 

驚きですよね。

 

 

その理由は保存温度!

 

 

-18℃以下で保存する場合に微生物が繁殖するリスクはかなり抑えられるのです。

 

これさえ注意しておけば、買いだめしてしまっても全く問題ありません!

 

 

ただし冷凍室を頻繁に開け閉めするとその分アイスの表面が溶けたりと品質は落ちてしまいます。

アイスにはなぜ賞味期限が表示されていないの?

なぜ

 

 

アイスは長期の保存が可能なことがわかったところで今度は賞味期限についてです。

 

買ったアイスの賞味期限を調べてみたことはないでしょうか?

 

 

実はアイスには賞味期限の記載がないんです!

 

 

どんな食べ物にも賞味期限があると思っていた方も多いかもしれませんね。

 

理由は前項でも説明した通り、温度調節を適切に行うことで品質の劣化が少ないことです。

 

そのためアイスの賞味期限の表示は省略できることになっているのです!

 

 

また原料が牛乳、乳製品など品目が少ないのもその理由で、安定している食品でもあります。

 

 

さらには製造工程でも過熱殺菌など、厳しい管理のもとで製造されているというのも考慮されているようです。

 

 

では冷凍食品には賞味期限はないの?!

 

 

とちょっと疑問に思いますが、冷凍食品には賞味期限が記載されています。

 

同じ冷凍室で保管しているものなのにどうしてなのでしょう。

 

 

それは油の使用などで酸化が進んだりすることで味や食感が落ちやすいからです。

 

 

ちなみにいくらアイスクリームが腐りにくい食べ物だとは言ってもなるべく早めに食べるようにしましょうね。

 

買いだめする家庭の場合、賞味期限がないことからアイスが冷凍庫でごちゃごちゃになり、どれがいつ買ったのか分からなくなることも多いのでどれが古いものかわかるようにするとなお良いですね。

 

 

どうしてもわからない場合は食べてみる!

 

 

これしかありません。

 

食感と味に違和感なければ大丈夫ですよ。


一度溶けたアイスはもう食べられない?

 

 

今度は一度溶けたアイスについてです。

 

ついうっかり冷凍室に入れ忘れたりして溶けてしまうこともありますよね。

 

そんな時にはもう一度凍らせて食べる事は出来るのでしょうか?

 

 

これに関しては、オススメできません!

 

 

というのもそもそもアイスが美味しいのは原料のバランスが絶妙に保たれているから。

 

これによって食感、味共においしい!

 

と感じられるのです。

 

 

しかし一度溶けてしまうとどうでしょう。

 

その大事なバランスは崩壊し食感はしゃりしゃりのなるなどかなり本来の味からかけ離れてしまいます。

 

アイスにとって不可欠な滑らかさをなくしてしまいます!

 

 

こういったことから溶けたアイスは食べない方が良いと言えるのです。

 

 

真夏の時期は特に買ってから冷凍庫に入れる前に溶けてしまうこともあります!

 

そうならないためにも保冷バッグなどあると安心です。

 

 

保冷剤を一緒にいれておきましょう!

 

 

ちなみに一度蓋を開けたアイスはどうかというとこれに関しては大丈夫です。

 

ただアイスクリームの表面に凸凹がどうしてもできるので空気に触れる面積も大きくなります。

 

 

つまりやはり品質は落ちやすくなります!

 

 

ですから出来るだけ表面を平らにしたり、早めに食べきることが大事です。

 

また霜がついたアイスを見かけることがありますが、品質の劣化には関係ないので安心してください。

 

ただす多量の場合には多少滑らかさなどが損なわれている可能性もあるので食べてみて美味しくない場合は廃棄しましょう。

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

アイスはその製造過程や原料、そして保存方法から品質が落ちにくく、賞味期限が決められていない食品であることがわかったかと思います。

 

夏場はもちろん冬場も常に買いだめしている家庭は多いでしょうから、これだと安心ですね。

 

 

ただあまりに古いものは美味しさが損なわれない保証はありません!

 

 

出来るだけ古いものから食べていくように心がけていきましょうね。

 

油断せずに味などがおかしいと思った時にはなんらかの原因で劣化していることが考えられますので食べないようにしてください!

関連ページ

高カカオチョコレートの効能は?おすすめの摂取量と食べ方をご紹介!
近年、高カカオチョコレートが相次いで販売されていますね。 チョコレートに期待される健康効果や、カカオに含まれるポリフェノールなどの研究がすすんでいます。 今回は、高カカオチョコレートの効能について調べてみました。 高カカオチョコレートの栄養素や、食べ方、注意点などをあわせてご紹介いたします。
チョコの食べ過ぎで肌荒れや病気になる?1日の適量はどれくらい?
チョコを食べすぎると肌が荒れるという話や、病気になるという話があります。 チョコが好きで毎日食べている! という人に知っておいてほしいチョコを食べすぎるデメリットについて見ていきましょう。
ポテトチップスを食べ過ぎたら病気になるの?どのくらいが食べ過ぎ?
ポテトチップスはお菓子の中でも好きな人が多くついつい手が止まらなくなって食べ過ぎてしまうものですよね。 食べ過ぎると体にいろんな影響を与えてしまうのは知っていますか? 今回はポテトチップスを食べすぎることのデメリットを色々と紹介していきながらどのくらいまでなら食べても大丈夫なのかも見ていきましょう。
チーカマや魚肉ソーセージの簡単な開け方は?イライラしない方法!
チーカマを食べようとするが開かない! フィルムのつなぎ目を引っ掻いてみたり、金具をがりがり噛んでみたり、ここからどうぞと言わんばかりの赤いテープを剥がしてみたりしても頑なに開かないチーカマ。 この記事ではチーカマや魚肉ソーセージのフィルムを簡単に開ける方法をまとめたのでぜひ参考にしてください。