イカのカロリーや糖質は?栄養やダイエット効果を解説!

イカのカロリーや糖質は?栄養やダイエット効果を解説!

イカのカロリーや糖質は?栄養やダイエット効果を解説!

イカ

 

刺身やお寿司、炒め物から煮物まで幅広く活躍してくれるイカ。

 

日常でも食べる機会が多い食材のひとつですが、ダイエット中となるとそのカロリーや糖質が気になりますよね!

 

 

「イカはダイエットに効果があるの?」

 

「ダイエット中はどんな調理法がおすすめ?」

 

などイカについて調べてみました(^^)

 

 

イカのおすすめ調理法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)/


イカのカロリーや糖質は高い?刺身・焼き・ボイルでどう違う?

イカってヘルシーなイメージですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

今回はイカのカロリーや糖質がどのくらいあるのか調理別にまとめてみました!

 

 

カロリー

イカのカロリーは

 

 

  • 刺身(100g)……88キロカロリー
  • 丸焼き(100g)……109キロカロリー
  • ボイル(100g)……101キロカロリー

 

イカは低カロリーな食材でした♪

 

 

ただし、イカの丸焼きやボイルした場合は味付けに醤油やマヨネーズなどを使う場合が多いので、カロリーが高くなってしまう場合があります(>_<)

 

ダイエット中は刺身で食べるのがオススメです!

 

 

糖質

次にイカの糖質は

 

 

  • 刺身(100g)……0.1g
  • 丸焼き(100g)……0.1g
  • ボイル(100g)……0.1g

 

 

イカは調理法に関係なくかなり低糖質の食材でした!

 

ダイエット中の人には嬉しい結果ですよね(^^♪

イカの栄養は?低脂肪でダイエット効果があるって本当?

ヘルシーなイカにはどのような栄養が含まれているのでしょうか。

 

イカにダイエットの効果あるのでしょうか。

 

 

調べてみるとイカにはダイエットに向いている栄養がこんなにもたくさん含まれていたのです!!

 

 

1. タンパク質

 

イカは高タンパク質で低脂肪の食材です。

 

タンパク質は筋肉を作るのに不可欠でダイエット中の人は積極的に摂り入れたい栄養です。

 

 

タンパク質を摂って筋肉をつけると代謝があがり、痩せやすい体質になるのです!

 

 

2. タウリン

 

イカの代表的な栄養がタウリンです。

 

タウリンはコレステロールの代謝を促し、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

 

また肝臓の機能を高めてくれるので、肝臓内の中性脂肪を取り除き、肝臓から脂肪を排出してくれる効果が期待できます(^^)/

 

中性脂肪って落ちにくいから、この効果はありがたいですよね〜!

 

 

3. ナイアシン

 

ナイアシンは脂質、糖質、タンパク質を分解する酵素の働きをサポートしてくれます。

 

エネルギーの代謝を促してくれるので、健康なダイエットには欠かせない栄養と言われているのです!

 

 

4. ビタミンB群

 

イカにビタミンB群が豊富に入っています。

 

 

ビタミンB群は糖質や脂質の分解、代謝を助けるほかに新陳代謝を促進させる働きもあります。

 

肌あれを防いでくれるなどの美容効果も期待できますよ(*^^*)

 

 

5. 亜鉛

 

亜鉛は体内では作り出すことができないため、食事から摂取する必要があります。

 

亜鉛は新陳代謝やエネルギー代謝、免疫機能など様々な働きをサポートして正常に保つ役目を持っています。

 

 

健康にダイエットをするなら亜鉛の摂取も重要になってきますね!!

 

 

6. DHAやEPA

 

魚に含まれるDHAやEPAも体内で作り出すことができません。

 

DHAやEPAは善玉コレステロールを増やしてくれたり、中性脂肪の上昇を抑えてくれる効果があります♪

 

 

イカにはこんなにもたくさんの栄養が入っていたのです!!

 

これらの栄養を逃がさずに摂り入れたいですよね!

 

次におススメの食べ方やレシピを紹介します!

イカの栄養を賢くとれる、おすすめの食べ方

イカは料理に使いやすい食材のひとつです。

 

もっと効率よくイカの栄養を摂れる食べ方をご紹介します♪

 

 

1. イカカレー

イカカレー

 

「タウリンを肝臓まで運ぶ味付けはカレー味がよい」と言われるほど相性バツグンなのです!

 

 

またカレーの香辛料には代謝をアップ効果があるので、この組み合わせはダイエットに高い効果を発揮してくれます(^^)/

 

 

2. イカの生姜炒め

 

生姜には体温をあげる働きがあります。

 

体温が上がると自然と代謝も上がるので、ダイエット中の冷え対策にも最適です♪

 

 

3. イカのマリネ

 

マリネに使用するお酢にはダイエット効果があります。

 

お酢に含まれるクエン酸が脂肪の燃焼を助けてくれるのです。

 

野菜もいれるとボリュームも出て、満腹感を得る事ができますよ(^^)/

 

 

4. イカの煮物

 

イカの栄養素は熱に弱く流れやすいので、煮物にすることによって逃さず摂取できます。

 

大根やニンジン、干し椎茸と煮ることで不足しがちな栄養も摂れるのでオススメです。

 

 

定番の里いもの煮物はカロリーが高くなるので、気を付けましょう!

 

 

食べる時に気を付けたい注意点

イカを食べる時に注意してほしい点があります。

 

 

それは「食べ過ぎないこと」です!

 

 

イカはあまり消化にいい食べ物ではないので、食べ過ぎるとお腹を壊す原因になります。

 

 

またダイエット中のおやつに人気の干したスルメイカも塩分が多く含まれているので、食べ過ぎに気を付けましょう!

まとめ

イカは低カロリー、低糖質のヘルシーな食材です。

 

ダイエットに効果的な栄養も豊富に含まれていて、カレーや生姜を使った料理に合わせると効果アップの期待ができます(^^)/

 

 

イカは食べ過ぎると消化によくないので、ダイエット中の食事の副菜として摂り入れましょう♪

 

 

ヘルシーで淡泊なイカにこんなにも沢山の栄養が入っているなんてびっくりですよね!

 

スーパーにも必ずっと言っていいほど売っているので、簡単に手に入れやすく様々な料理に使えるのもイカの魅力のひとつです(^^)

 

 

イカを摂り入れたダイエット、ぜひ試してみてください(^_-)

 

関連ページ

イカのバーベキューのレシピを紹介!下ごしらえはどうする?
イカをバーべキューで使用する予定だけど、どんなレシピがあるのかわからない! 下ごしらえも難しそうで、調理にイカを使用するのが億劫になってしまう。 この記事では、イカのバーベキューでのレシピや、下ごしらえの仕方について解説してみました。
イカのくちばし「いかとんび」の食べ方は?下処理・燻製のやり方
いかのくちばしは、別名で"いかとんび"と呼ばれていますが、それには実は理由があります。 また、このいかの部位は、調理の仕方で、とても美味しく食べられる部位となっています。 今回は、そのようないかのくちばしの名前の由来や、下処理や燻製の仕方、オススメのレシピなどをご紹介してみました。
イカをレンジで温めたら爆発!!その理由と爆発させない温め方を知ろう!
爆発させずにイカをレンジで温める方法が知りたい!! そんなあなたのために レンジでイカを温めた時に爆発する原因と、爆発させずに温める方法 イカ以外にレンジで温めると危険なもの についてまとめてみました。
イカの吸盤はタコの吸盤と違う?吸盤はどうやって取るの?
イカの吸盤とタコの吸盤ってどんな違いがあるのでしょうか? どちらも足、いや腕にびっしりと吸盤がくっついています。 実は結構違いがあるんですよ。
イカの目玉は食べられる?目玉を簡単に取る方法とは?
イカを買ってきて自分でさばく時に気になるのが「目玉ってどうすればいいの?」ということですよね(´・ω・`) そこで今回は、 ・イカの目玉って食べられるの? ・目玉の簡単な取り方は? ・目玉以外に食べない方がいい部位はある? という疑問について、調べてまとめてみました。
いかを離乳食に使っても大丈夫?イカを使った離乳食レシピが知りたい!
いかは離乳食で食べられるの?アレルギー体質の娘には問題はないの? と疑問になったことがありました。 離乳食で、いかを食べられるのか?いかを使ったおすすめのレシピも合わせてご紹介したいと思います。
イカの皮むきは必要?簡単なイカの皮の剥き方!
イカの皮って、必ずむかないといけないのでしょうか。 省ける作業であれば、なるべく省きたいですよね。 いかの皮むきはした方がいいのか?簡単ないかの皮の仕方をご紹介したいと思います。
イカの人気レシピを紹介!煮物・焼き物・炒め物の簡単で美味しい一品!
イカはどんな料理にでも合いますよね。 煮物だったり、焼き物だったりなどイカを使った美味しい料理がたくさんあります。 今回はイカを使った簡単なレシピをいくつかご紹介したいと思います。
イカの内臓は食べられる?処理の仕方とワタ・ゲソレシピを紹介!
イカの内臓は食べられるのか、どうやって処理するのかご存知ですか? また、イカを上手に処理したいけどうまくいかない!という方もいらっしゃると思います。 そこでイカの内臓が食べられるのか、イカの上手な処理の仕方などについてご紹介いたします。