カレーは冷蔵保存で何日もつ?常温はNG?日持ちする保存方法のコツ!

カレーは冷蔵保存で何日もつ?常温はNG?日持ちする保存方法のコツ!

カレーは冷蔵保存で何日もつ?常温はNG?日持ちする保存方法のコツ!

カレー

 

 

カレーが残ってしまったとき、どう保存していますか?

 

 

私の場合はカレーが少し冷めた時点で、鍋にアルミホイルで蓋をしてそのまま冷蔵庫に入れています。

 

 

ここで気になるのですが、カレーは何日間保存ができるのでしょうか?

 

 

できるだけ早めに食べてしまうようにしてはいますが、日持ちするような保存方法があれば知りたいですよね。

 

カレーは冷蔵保存で何日間もつのか、常温保存はできるのか、日持ちする保存方法のコツを紹介します。


カレーは冷蔵保存で何日もつ?

まずカレーは冷蔵保存で何日もつのか知っていますか?

 

 

それは、

 

 

2〜3日

 

 

です。

 

 

予想はしていましたが、やはり早めに食べきった方がよさそうな日数ですね。

 

この保存日数の理由ですが、菌が繁殖しやすいことにあります。

 

 

カレーに菌は繁殖しやすい?

ウエルシュ菌

 

 

なぜカレーは菌が繁殖しやすくなってしまうのでしょうか?

 

 

実は、増殖する菌は空気を嫌う性質があり、カレーやシチューなど鍋底の酸素が薄い環境で増殖していく傾向があるのです。

 

 

この繁殖する菌はウエルシュ菌と呼ばれ、特に肉や魚介類などに多く含まれており、熱に強く、数時間加熱しても死なない特徴を持っています。

 

このウエルシュ菌に感染すると、約6〜18時間後に下痢などの腹痛を引き起こしてしまうため、食中毒とされているのです。

 

 

人によりますが、1日1〜3回の下痢を引き起こす場合もあるので注意が必要です。

 

 

カレーは美味しく食べたいですし、繁殖はできるだけ防ぎたいところですね。

 

 

冷蔵保存で増殖は防げる?

カレーを冷蔵保存した場合、菌の増殖は防げるのでしょうか?

 

 

実際に増殖を防ぐことは・・・、できます。

 

 

実は、ウエルシュ菌は50℃以上の温度を保ち続けるか、10℃以下の温度で保管するかのどちらかの方法をとると、増殖を防ぐことができるんです。

 

 

ただ一般家庭でカレーを50℃以上に保ち続けるのは難しいですよね。

 

そこで、10℃以下の温度で保管することが望ましいのですが、それにはカレーの粗熱をとってから別の容器に移す必要があります。

 

 

これはカレーの鍋底に菌がたくさん増殖していることと同じ鍋より別の容器の方が増殖を防ぎやすいからです。

 

 

電子レンジで加熱できるよう、耐熱性の容器に入れておくとよいでしょう。

 

カレーは食事として出すとき本当に楽なのですが、少々保存については苦労しますね。

 

美味しく食べるためにもできるだけ別容器に移して保存するようにしましょう。

カレーの常温保存はNG?

カレーの冷蔵保存については2〜3日でしたが、常温保存はできるのでしょうか?

 

 

基本的に常温保存は・・・、NGです。

 

 

料理している方からすれば予想通りといったところでしょうか・・・。

 

この理由もウエルシュ菌の繁殖にあります。

 

実はカレーを常温で保存した場合、ウエルシュ菌は6〜8時間ほどあれば増殖してしまうのです。

 

 

そして厄介なことに一度繁殖したこの菌は温め直しても死滅しないので、1度繁殖したら食中毒は避けられないと考えた方が良いでしょう。

 

 

正直子供を持つ親としては怖いですね・・・。

 

よく1日寝かしたカレーは美味しいとテレビなどで昔宣伝していましたが、実際は菌が増殖した状態だったと考えるとぞっとします。

 

 

どうしても常温保存したい場合

もしどうしても常温保存したいときはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

その場合は、鍋底から空気を入れるようにかき混ぜて加熱することです。

 

 

ウエルシュ菌は空気を嫌う性質から酸素の薄い鍋底で繁殖しやすいため、空気に触れるようにしておくことが対策の1つとなります。

 

また43〜47℃ほどの温度で増殖し始めるので、温め直したいときは増殖を防ぐために75℃で1分以上しっかりと加熱しておくことも大切です。

 

これをきくと、常温保存よりは粗熱をとって、別容器に移してすぐに冷蔵保存の方がよさそうな気がしますね。

 

 

ちなみに常温保存の目安ですが、冬場は1日、夏場については半日になります。

 

 

常温保存したい場合はこの目安と対策を行って保存するようにしましょう。

カレーが日持ちする保存方法

冷凍保存

 

ここでカレーが日持ちさせるためにはどんな保存方法がよいのでしょうか?

 

 

それは、冷凍保存です。

 

 

冷凍保存すると、約1か月間は保存することが可能となります。

 

おススメな保存方法は2つあります。

 

1. ジップロックに保存する方法

 

 

1つ目は、ジップロックに保存する方法です。

 

 

やり方としては、一度加熱したカレーを十分に冷ました後、ジップロックに入れて短時間で急速冷凍します。

 

このときのポイントは、できるだけ空気を抜いてカレーを平らにしておくことです。

 

そうすることで、より早く冷凍することができます。

 

 

また解凍するときはできるだけ自然解凍が望ましいです。

 

 

これは電子レンジなど一気に加熱してしまうと、加熱ムラが起きやすくなることが理由です。

 

湯せんで温める方法もありますが、料理の時にガスを使うことも考えると、前日から自然解凍しておく方がよいかもしれません。

 

ちなみにジップロックに冷凍保存する場合は、ジャガイモやニンジンを入れるのはおススメできません。

 

 

それは、ジャガイモやニンジンは水分を含んでいるため、解凍した後で食べるときに、食感が悪くなってしまうからです。

 

 

どうしても入れたい場合は潰すか細かくしてからジップロックに入れるとよいですよ。

 

2. 製氷皿で保存する方法

 

 

2つ目は、製氷皿で保存する方法です。

 

 

製氷皿といわれると、意外な感じがしますね。

 

やり方ですが、ジップロックと同様、一度加熱したカレーを十分に冷まして、スプーンで製氷皿に入れます。

 

もしジャガイモやニンジンが入っている場合は、ジップロックと同様に潰すか細かくしておきましょう。

 

 

そしてポイントは、空気が入らないようにラップをして冷凍しておくことです。

 

 

そうすることで、風味を失うことなく、再度食べることができます。

 

この製氷皿のメリットは、小分けにできることと、使う分だけ取り出せることといえるでしょう。

 

小分けであればカレーライス以外にも、違うおかずの味付けやカレーうどんにも使えますし、おススメなので試してみてはいかがでしょうか?


まとめ

ここまでカレーは冷蔵保存で何日もつのか、常温保存はできるのか、カレーが日持ちする保存方法をまとめました。

 

  • カレーは冷蔵保存で2〜3日までもつことができる
  • カレーは空気の薄い鍋底で菌が繁殖しやすく、この菌に感染すると下痢などの腹痛を引き起こす
  • カレーは常温保存で夏は半日、冬は1日もつが、菌が増殖しやすいため、できるだけ鍋底から空気を触れるように混ぜて加熱する
  • カレーを日持ちさせるためにはジップロックか製氷皿で冷凍保存しておくと約1ヶ月もつ

 

ということでした。

 

 

我が家でもよくカレーを作るのですが、旦那さんの帰りが遅いときは鍋のまま放置しておくこともありました。

 

また私が行っていた冷蔵庫での保存は、鍋のまま保存ではなく、別容器に移して保存した方がよかったのですね。

 

 

どちらにしてもよい保存方法ではなかったので、家族の健康のためにも放置や常温保存は避けようと思います。

 

関連ページ

手巻き寿司の具の人気ランキング!おすすめの変わり種ネタも!
好きな具材を選んで、作りながら食べる手巻き寿司は、日常とは違って盛り上がりますよね。 でも、手巻き寿司の準備の際に、何を用意するか悩んだことはありませんか? 今回は、手巻き寿司の人気ランキングベスト10と、パーティーに使える変わり種ネタや、サイドメニューについても紹介します。
すき焼きの正しい食べ方は? 関東と関西の違いやおいしく作るコツも紹介!
ちょっとしたご馳走として、家族でのお祝いに欠かせないのが「すき焼き」! 地域によって大きく違う作り方や食べ方、そもそも正しい食べ方とはどんなものか。 たまにしか食べないこともあって意外と知らない「すき焼きの基礎知識」について解説をしていきます
「冷やし中華にマヨネーズ」は、地域特有?その発祥地域と実践地域とは?
冷やし中華に調味料なんてついてくるの?という方もいるかもしれませんね。 その一方、冷やし中華といえばマヨネーズありきだろう!という方も、実は少なくないのです。 冷やし中華をたのめばマヨネーズがついてくるのは当たり前、というところもあり、地域によって冷やし中華の常識は多岐にわたるようです。 ということで、今回は冷やし中華マヨネーズ論を掘り下げてみたいと思います。
ピーマンの肉詰めの冷凍方法は生?焼いてから?弁当への入れ方は?
ご飯のおかずや、お弁当にも人気のピーマンの肉詰め。 ひき肉の量や、ピーマンの数によって、ついつい多く作りすぎてしまうことって、ありますよね。 そんな時は、次の日に使用することもできますが、冷凍保存をしておくと、長期保存が可能になり、お弁当にも利用できるで、便利で、おすすめです。 今回は、ピーマンの肉詰めの冷凍方法や、お弁当への入れ方、また、崩れない作り方のコルも紹介します。
焼きそばの麺がくっつく!麺同士やフライパンと麺がくっつかないコツとは?
焼きそばは、「お手軽」「簡単」の代表みたいにいわれていますが、実際は、炒める時に麺同士がくっついて困る、というお悩みをけっこう聞きます。 また、フライパンと麺がくっついて、悲惨な状況になってしまった、という話も… そんなお悩みを解決して、焼きそば作りがもっと楽しくおいしくなるポイントを、ご紹介致します!
天ぷらの衣がはがれるのはなぜ!?衣がはがれないサクサク天ぷらのコツ!
せっかくつけた天ぷらの衣が、揚げているうちにはがれてしまう・・・。 衣をまとわせて油に入れた天ぷらが、油から揚げたときには、具材とボロボロの衣に分離してしまった…ともなれば、なんとも悲しい食卓になってしまいます。 そうならないために、衣がはがれず、キレイな見た目でサクサクの天ぷらを揚げるポイントを、ご紹介していきます。
鍋料理の栄養バランスはどうなっている?一番健康にい鍋料理とは?
中に入れる具材やスープを変えれば様々なアレンジも楽しめる鍋料理ですが、気になる栄養バランスの方は、どうなっているのでしょうか? 簡単にできて、しかも栄養のバランスもいいのであれば、まますますうれしいところ。 今回は鍋料理の栄養バランスや、一番健康にいい鍋料理について紹介していきます。
意外と知らない、お雑煮雑学!お雑煮は、地域によってこんなに違う!
ずっと自分の家のお雑煮だけを食べているとわからないものですが、日本全国を見渡すと、実は「お雑煮」と一括りでは呼べないほど、たくさんのお雑煮の種類があるんです! おだしから餅の形、具に至るまで、「お雑煮」はその地域によってさまざま。 今回は、お雑煮という食べ物の由来から、全国津々浦々のお雑煮コレクションまで、日本人ならぜひ知っておきたいお雑煮の雑学について、ご紹介します。
唐揚げの下味は一晩漬けたら長すぎ? 漬け時間による味の変化は?
唐揚げを作る時、下味に漬け込む時間に迷ったことはありませんか? 手が空いた時に漬け込んでおけば楽だけれど、漬かりすぎてしまうのもよくなさそう。 今回は、唐揚げの漬込み時間と味の変化について、はっきりとさせていきましょう。
夏にサンドイッチが腐るのを防ぎたい!適切な具と保存方法とは?
暑い季節に心配なのが、サンドイッチの保存問題。 朝つくって持参したサンドイッチを昼に食べようと思ったら、なんとなく良からぬ匂いが… なんていう事態だけは避けたいところですが、夏場のサンドイッチというのは、思っている以上に足が早く、腐りやすいものなのです。 夏場でもサンドイッチ弁当をおいしくいただくには、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか?
シチューが薄いときどうしたらいい?簡単にできる方法は?
シチューを作った時に あれ?なんだか味が薄い?とろみが足りない気がする! なんて失敗をしたことはありませんか? 私はあります(笑) 今回は私がシチューの失敗から学んだ情報を、ご紹介したいと思います。
味噌汁に牛乳を入れるとおいしいって本当?どんな味?レシピも紹介!
味噌汁に牛乳!? げ〜って思ったあなた。 実はこれがすごくおいしいんです!! 味噌汁に牛乳は合うんですよーーー! というわけで今回は、味噌汁と牛乳は合うのか、おすすめレシピも調べてまとめました!
グラタンの皿は代用できる?100均や家にあるもの紹介!普通の皿ではダメ?
グラタン皿の代わりに使えるものはあるのでしょうか? わざわざ買わなくてよいのであれば、ぜひ試してみたいですよね。 グラタン皿の代わりに使えるものはあるのか、安く買える100均や家にあるもの、普通の皿でも代用は可能か紹介します。
ハンバーグ
ハンバーグに関する悩みや疑問を解決します。
おでん
おでんに関する悩みや疑問を解決します。
かき揚げが崩れるのはなぜ?上手く作るコツ!
かき揚げはいろんな野菜を入れて作れて美味しいですが揚げているうちにどんどん崩れていくことがありますよね。 最終的にはなかなかカリッとならず残念な仕上がりになることもしばしば… そこで今回は失敗しないかき揚げの作り方を見ていきましょう!
とんかつの衣がはがれる!原因と上手く揚げるコツは?
お家でサクサクのとんかつを揚げようとしてもお店のように上手くいかないこと結構多いのではないでしょうか? とんかつを作る時の工程は少ないのですが中でも衣は厄介で、揚げている途中にはがれてしまうことがあるかもしれません。 そこで今回はとんかつの衣をはがれなくするちょっとしたコツを紹介します。
いなり寿司が破れるのはなぜ?破れずに上手くご飯を詰める方法は?
なぜいなり寿司の油揚げは破れてしまうのでしょうか? そして上手にご飯を揚げの中へと詰める方法があるのなら、知りたいですよね。 簡単そうに思えて、実はちゃんと下処理が必要ないなり寿司づくりについて、今回は破れずに作る方法、上手くご飯を詰める方法などご紹介していきます!
カレーの具材を炒める順番は?美味しいカレーを作るには?
カレーを作る時って、どの具材から炒めなければならないとか順番ってあるのだろうか?と思ったことはありませんか? 美味しいカレーを作るための順番があるなら是非とも知りたいですよね! 今日はそんなカレーの具材を炒める順番やカレー好きにはたまらない美味しいカレーの作り方をご紹介していきます!
コロッケの衣がはがれるのはなぜ?アレンジレシピを紹介!
コロッケを揚げているときに、衣がはがれてしまったことはありませんか? コロッケの衣がはがれないようにするコツは、コロッケの余分な水分をとり、衣をしっかりつけて、高温で短時間で揚げることです。 今回、コロッケを揚げたときに衣がはがれないコツを紹介します。
コロッケを爆発させずに作る方法とは?爆発の原因は揚げ方?
コロッケを油で揚げているときに爆発すると、見ためはよくないし、油がはねて火傷をするかもしれません。 コツをつかめば爆発することなく、安全にコロッケが作れます。 今回、コロッケを爆発させずに作る方法を紹介します。
タッパーについたカレーの汚れが落ちない!きれいに落とす方法は?
カレーの保存容器といえば、代表的なものがタッパーですよね! しかしカレーを入れてあったタッパーには、くっきりと色移りが… 今回はタッパーについてしまったカレーの汚れや臭い、その落とし方から、汚れがつきにくくなる方法まで紹介したいと思います!
ピーマンの肉詰めがはがれる!原因と上手に作るコツは?
ピーマンは以前はよく失敗してました。 焼くとピーマンとお肉がはがれてしまう。 はがれないようにいろいろ試した結果、ピーマンとお肉がはがれることなく作ることができたのです。 私の経験もふまえて、ピーマンの肉詰めがはがれない上手に作るコツを紹介します
フライパンの蓋がない!餃子をうまく焼くコツや蓋の代わりになるものは?
餃子を焼きたいのにフライパンの蓋がない! もし、フライパンの蓋がなくても上手に餃子が焼けるとしたら、その方法知りたくないですか? 今回はどんなものが蓋の代用品として使うことができるのかも含めて、餃子を上手に焼く方法をご紹介して行きます!
餃子の皮が破れる理由は?破れないように上手く作るコツ
餃子を焼いている時に破けると、せっかく上手に包めたのに悔しいですよね。 実は皮を破らずに上手に餃子を作るコツがあるんです! 今回は、餃子の皮が破れてしまうその理由と破れないように上手く作るコツ、美味しい餃子の作り方についてご紹介していきます。
唐揚げの衣がはがれるのはなぜ?はがれるのを防ぐ方法は?
唐揚げを揚げているとき、「衣がはがれたー!」と、ガッカリしたことはないですか では、どうしたら鶏肉と衣がしっかりつくのか… それは、ちょっとしたコツで衣がはがれにくくなります。 今回、唐揚げの衣がはがれる原因と、唐揚げの衣がはがれないコツを紹介します。
豚汁は冷蔵庫でどれくらい日持ちする?冷凍保存はできる?
家で豚汁を作るとき、どのように保存していますか? 冷蔵庫で保管するとどのくらい日持ちするのでしょうか? 今回は豚汁は冷蔵保存でどのくらい日持ちするのか、冷凍保存はできるのかについて紹介します。
エスカベージュとはどんな料理?マリネやカルパッチョとの違いは何?
エスカベージュという名前を聞いたことがあるけれど、どんな料理なのだろう? ちょっとおしゃれなカフェやレストランでエスカベージュはもちろん、マリネやカルパッチョという言葉、料理にお目にかかることが私はよくあります。 今回は、エスカベージュがどんな料理なのか、そしてマリネやカルパッチョとの違いについてもご紹介していきたいと思います!
寄せ鍋とちゃんこ鍋の違いとは?ちゃんこの由来や意味!水炊きとの違いは?
寄せ鍋?ちゃんこ鍋? 寄せ鍋とちゃんこ鍋の違いって一体何?? 聞かれると詳しく答えられない・・・ ということで今回は寄せ鍋とちゃんこ鍋の違いから、その由来!水炊きとの違いまで詳しく紹介します!