トマトは腐るとどうなる?カビが生えやすい?賞味期限は?

トマトは腐るとどうなる?カビが生えやすい?賞味期限は?

トマトは腐るとどうなる?カビが生えやすい?賞味期限は?

トマト

 

生で食べることの多いトマトは、できるだけ新鮮な状態で食べたいですよね。

 

腐ってしまっているなんてもってのほかですが、腐ったトマトといわれても、あまり想像がつきません。

 

 

トマトが腐ると、どんな状態になるのでしょうか?
また、賞味期限や正しい保存方法はどうなのでしょうか?

 

 

今回は、そんなトマトが腐るとどうなるかについて、詳しくご紹介したいと思います。


トマトは腐るとどうなる?

トマトが腐ると、臭いや見た目に変化があらわれます。

 

 

まず、最も見分けやすいポイントが、カビです。

 

トマトは水分が非常に多い野菜なのでカビが生えやすく、腐ると白いカビや黒いカビが生えるようになります。

 

 

白いカビはフワフワとしたワタのようなカビで、「菌糸」といいます。

 

トマト栽培の土に含まれる菌で、ヘタと実の間にできやすいです。

 

 

菌糸には毒性はないものの、白いカビが生えたトマトは風味が落ちて美味しくなくなりますし、やはり菌ですので、食べない方がいいです。

 

 

黒いカビは毒性があり、絶対に生えているトマトは食べてはいけません。

 

黒カビはトマト内の水分が傷から外に出てきて空気に触れ、カビとなったものです。

 

カビを体内に取り込んでしまうと消化されることなく体内でたまり、腹痛や下痢の原因になります。

 

 

少しだけの場合はカビの部分を取り除くと食べられますが、奥まで根がはっている可能性もあるので、おすすめできません。

 

白いカビも黒いカビも、生えているトマトは腐っているので、もったいない気もしますが捨ててしまいましょう。

 

 

カビの他には、異臭や変色、ブヨブヨになるなどの変化があります。

 

トマトから変な匂いがするようになったり、黒く変色していたり、触ると崩れてしまうような状態になっていれば、そのトマトは避けるようにしましょう。

トマトの賞味期限

トマトの賞味期限は、冷蔵庫で1〜2週間ほどだと言われています。

 

しかし、実に傷がついている場合、先ほどにもご紹介したように黒カビが生えやすくなるので、最短で1日、長くても数日と賞味期限が一気に短くなります。

 

 

他にも、完熟したものは腐るまでの時間も短いので冷蔵庫でも数日ほどしかひもちしません。

 

なので、まずは買ってきたトマトを冷蔵庫に入れえる前に、傷がついていないかをよく確認してから、傷のついているものは早めに使うようにしましょう。

トマトが長持ちする保存方法は?

トマトを長持ちさせるには、正しい保存方法が重要になります。

 

まず、トマトは先ほどにもご紹介したように、冷蔵庫で保存します。

 

野菜室での保存が1番適していて、保存している間もトマトに傷がつかないよう、トマトが重ならないようにして保存します。

 

 

いくら冷蔵庫に入れる前は傷がなかったとしても、冷蔵庫の中で傷ができてしまうと意味がなくなるので、保存している間にも注意が必要です。

 

 

また、トマトを冷蔵庫に入れる時は、そのままではなくシップ付のポリ袋に入れて保存する方法がおすすめです。

 

トマトをポリ袋に入れるのにはふたつ理由があり、ひとつはトマトの熟れを遅れさせるため、もうひとつは他の野菜の熟れを防ぐためです。

 

 

トマトは収穫した後も徐々に追熟していき、完熟したあとは腐っていくのみです。

 

ポリ袋に入れてできるだけ空気に触れないようにすることで熟すのを遅らせることができ、腐るまでの時間が長くなります。

 

 

また、トマトからは「エチレンガス」というものが発生していて、このエチレンガスは他の野菜が熟すのを早めてしまう作用があります。

 

トマトをそのまま入れてしまっていると、他の野菜がエチレンガスの影響を受けて腐りやすくなります。

 

 

ポリ袋に入れておくことでエチレンガスを外に出さず、他の野菜を守ることができるんです。

 

ヘタを下向きにしておくことでも長持ちするようになるそうなので、保存するときはヘタを下向きにしてポリ袋に入れ、ジップをしっかり閉めて保存しましょう。

まとめ

トマトが腐ると、

 

  • 白いワタのようなカビや黒いカビが生えてくる
  • 異臭がしたり黒く変色して、触ると崩れるほどブヨブヨになる
  • 賞味期限は冷蔵庫で1〜2週間ほど
  • 傷があると腐りやすくなるので、長くても数日以内に食べるようにする
  • 保存するときは重ならないようにヘタを下向きにしてポリ袋に入れ、野菜室で保存する

 

ということでした。

 

 

わたしも一度だけトマトにカビを生やしてしまったことがあり、見た目も気持ち悪いので、すぐに捨てました。

 

 

トマトをそのままではなくポリ袋に入れて保存するというのは全然知らなかったので、次からは実践してみようと思います。

 

トマトは水分量が多いのでカビが生えやすく、腐ると比較的見分けやすい野菜です。

 

カビが生えたトマト、腐ったトマトは美味しくもなく体にも良くないので、もったいなくても絶対に食べてはいけません。

 

 

正しい保存方法で長持ちさせ、新鮮な状態のうちに美味しく食べるようにしましょう。

 

関連ページ

ピーマンが変色!赤やオレンジなら栄養たっぷり?茶色は危険?
あ!ピーマンが赤くなってしまった!! 冷蔵庫からピーマンを取り出したら変色していた!! このピーマンって食べられるのか? 今日はピーマンが変色していくその理由と、何色なら食べてもいいのか栄養価はどうかなど、ピーマンの変色についてご紹介していきます!
ふきのとうのアク抜きは必要?ふきのとうを使ったおすすめレシピは?
ふきのとうをとってきたけど、アク抜きって必要なのだろうか? ふきのとうも山菜だから、アク抜きが必要な気もするけど、どうやってするのかあいまいな時ってありますよね。 今回は、そんなふきのとうのアク抜きについて、また定番のレシピからちょっと変わったレシピまでご紹介していきます。
オクラは変色しても食べられる?変色を防ぐ保存方法は?
冷蔵庫で変色しているオクラを見つけて、どうしよう!と思ったことありませんか? 変色を防ぐ保存方法があるのなら知りたいですよね。 今回は、オクラは変色しても食べられるのかどうか、またその変色を防ぐ保存方法、新鮮なオクラの選び方についてご紹介していきます!
とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるの?適切な量で期待できる効果は?
とうもろこしって食べ過ぎると病気になる!? そんな噂を聞いたことがある人もいるかもしれません。 今回は、とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるのかどうか、また適切な量を食べて期待できる効果についてご紹介していきます。
アボカドの食べ過ぎはカロリーオーバー?適量を摂るとどんな効果がある?
アボガドってついつい美味しいからとたくさん食べてしまいがち。 実はアボガドってカロリー高いんです! 体に良いとも聞いたことがあるけど、食べ過ぎるとどうなんでしょうか? 今回はそんなアボカドのカロリーや一日の適量について、また適量摂取した際の効果などについてご紹介していきます!
枝豆を食べ過ぎるとどんな影響がある?1日の適量はどれくらい?
枝豆の食べ過ぎって体に良くないのだろうか? 身体にどんな影響があるのだろうか? そんな風に思ったことはありませんか? 今日はそんな枝豆の食べ過ぎによる体への影響や適量、身体への効果について順番にご紹介していきます!
よもぎの簡単あく抜き方法!重曹ありなしの両パターンで美味しいよもぎ
よもぎを摘んできたけれどあく抜きの方法が分からない! あく抜きには重曹が必要だって聞いたけど、家に重曹がない! 今日はそんなよもぎの簡単なあく抜き方法と美味しい食べ方についてご紹介していきます!
ブロッコリースプラウトの効果とは!?がんや花粉症に効くって本当?
ブロッコリースプラウトとは「ブロッコリーの新芽」という意味で、ブロッコリーの種を発芽させた新芽の状態のことです。 ブロッコリースプラウトには様々な栄養があり、その栄養分の高さからメディアでもたくさん取り上げられています。 そんなブロッコリースプライトの効果について紹介したいと思います。
ししとうの種はとる?とらない? 種の栄養成分とその効果とは?
ししとうを調理する時、種どうするの?と悩まれた方も多いのではないでしょうか。 私もはじめはよく悩んでました。 今回は、そんなししとうの種をとる?とらない?の疑問を解決します。 ぜひ参考にしてみてください。
さやえんどうが大きくなっても美味しく食べられる?保存方法は?
さやえんどうって大きくなると皮が硬くなっていたり、筋があったり、美味しく食べれることができるのかどうかいまいちわからないですよね。 今回はそんな大きくなってしまったさやえんどうは美味しく食べられるのかどうかについて、その保存方法やまたタネとして保存する方法なども合わせてご紹介していきます!
つくしってどんな味?美味しく食べられるおすすめのレシピは?
つくしってどんな味がするのだろう? 今回は、つくしはどんな味がするのか、どうしたら美味しく食べられるのかについて調べてみましたので、ご紹介していきます!