ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?

ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?

ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?

ハンバーグが固い

 

ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁

 

 

そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。

 

ただハンバーグってただこねて焼くだけじゃうまくいきません。

 

 

コツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです!

 

 

それだけは避けたいですよね。

 

そこで今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。


ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?

ハンバーグをこねる

 

 

まずハンバーグが固くなってしまう原因ってそもそもなんだと思いますか?

 

 

ズバリ、肉汁が流出し、蒸発してしまうから!!!

 

 

お肉が脱水してしまい固くなるんです。

 

それを防ぐには肉汁を閉じ込めることが何より大切です。

 

まず下準備の段階でハンバーグの仕上がりはかなり決まってきます。

 

 

基本として覚えて欲しいのがよくこねること。

 

 

これは大事です。

 

中にはこねすぎると良くないという情報もありますが、これは手の温度で肉が温まってしまうから。

 

ただしっかりこねないとうまく膨らまないんです。

 

 

ではどうすれば良いかというと素手を使わないんです。

 

 

木ベラなんかでこねるのがオススメです。

 

また当然ハンバーグに入れる牛乳、玉ねぎなどの温度にも気をつけます。

 

玉ねぎを混ぜる前に先に炒める方も多いですがしっかり冷ましてからにしなければ失敗してしまいます。

 

ちなみにこねる時には塩を振り、粘りを出します。

 

 

次に成形もとっても大事な作業です!

 

 

イメージは厚み2センチくらい。

 

薄すぎても厚すぎてもうまくいきません。

 

というのも薄すぎると肉汁が閉じ込められず、厚いと火が通るまでに時間がかかりすぎます。

 

 

厚さもハンバーグを柔らかくする上で忘れてはならないポイントなんですね。

 

そしてついに焼く段階ですが、ここではもしも自信がなければ蒸し焼きをするのがオススメです。

 

 

ハンバーグって蒸し焼きして大丈夫!?

 

 

と思うかもしれませんが実はこの方が失敗が少ないです。

 

両面に焼き色がついた段階でお湯をハンバーグが3分の1浸かるくらい入れて蓋をして蒸すのです。

 

こうすることで水蒸気が発生し全方向から加熱が可能になるので効率が上がります。

 

 

時間はだいたい8分程度で完成です!!

 

 

簡単ですよね。

 

しっかり中まで火が通っているかは確認しなければなりませんが、蒸し焼きの方が焦げの心配も少ないですし、失敗は減るはずです。

 

 

ちなみにお湯ではなくコンソメスープを入れるのもより味が美味しくなるんだとか!

 

 

ワンランク上のハンバーグにしたいのであればオススメです。


ハンバーグが固いとき別の料理にリメイクできる?

チャーハン

 

 

ハンバーグを柔らかく焼くコツを紹介してきたのですが、やはり失敗ももちろんありますよね。

 

ただ捨てるのはもったいない…

 

 

そんな時にパサパサハンバーグをリメイクしてみませんか?

 

 

残念ながら焼いてしまったハンバーグをジューシーなハンバーグにするのは不可能です。

 

ただ違うものにはできます。

 

 

まずは挽肉にしちゃいましょう!!!

 

 

これが一番です。

 

ちなみにこの場合、冷凍も可能で1ヶ月くらい持つんだそうですよ。

 

どんなものに使えば良いのかというと、麻婆豆腐やコロッケ、チャーハンに中華まん、スープに入れても美味しいです。

 

 

挽肉はアレンジ法も色々あるので便利ですよ!

 

 

ただどうしてもハンバーグとして完成させたいのであれば煮込むのが一番ごまかしがききます。

 

デミグラスソースだったる、カレーで煮込んでもようでしょう。

 

 

とりあえず食べられるようにはなります!!!

 

 

ぜひ覚えておいてくださいね。


ハンバーグが固くならないようにするには?

ポイント

 

 

ハンバーグの下準備、焼き方、またリメイクの方法を見てきましたが、固くなってしまう人がやりがちなことも紹介しておきますね。

 

参考にしてください。

 

 

まずはつなぎが少ない!

 

 

これも結構あるあるです。

 

だいたいハンバーグのつなぎはパン粉や牛乳、卵を入れているはずです。このつなぎが肉に対して少ないとパサパサ感が出てしまいます。

 

ちょっとした豆知識なのですがここで粉ゼラチンを加えると実は肉汁がゼラチンの保水力で閉じ込められてジューシーに仕上がります。

 

 

ただ混ぜ込むだけ!

 

 

ぜひやってみたいですよね。

 

量はひき肉200gに対して5g入れます。

 

 

また焼きすぎないこと!!!

 

 

これも大事です。

 

火が中まで通っているかを確認する方法はご存知でしょうが、竹串を使います。

 

 

もしも肉汁が透明なら中まで火が通っているのでOK、白ければもう少し焼いた方が良いサインです!

 

 

必ず覚えておきましょう。


まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

ハンバーグ作りには沢山のコツがあることがわかったかと思います。

 

 

下準備では温度に気をつける!

 

 

これが重要でしたね。

 

 

そして焼く時間は短すぎず、長すぎず!!

 

 

これも忘れてはなりません。

 

他にも簡単に取り入れられそうなテクニックがたくさんありましたね。

 

 

ハンバーグはどうしても苦手…

 

 

という人は是非試してみてください。

 

お店のようなハンバーグがお家で食べられるかもしれませんよ。

 

失敗した場合は、リメイク法も参考にしたくださいね。

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!