ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?

ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?

ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?

にんにく

 

突然ですが、あなたはハンバーグににんにくを入れますか?

 

 

実は私は、ハンバーグににんにくは入れたことはありませんでした。

 

しかし、先日旦那の実家でハンバーグをご馳走になった時、ハンバーグを切るとフワッとにんにくの風味が食欲をそそるハンバーグだったんです。

 

 

ハンバーグのソースに、にんにくを使うことはあったのですが、お肉の方には入れたことはなく意外でした!!

 

 

しかし、このにんにく風味のハンバーグが美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。

 

そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。


ハンバーグににんにくを入れた方が美味しくなる?

ハンバーグ

 

結論から言いますと、にんにくを入れることで、とても美味しいハンバーグができます。

 

お肉とにんにくって、どんな料理にも相性バッチリですよね!

 

古くから料理のスパイスににんにくは使われており、とても身近な食材。

 

 

にんにくにはスパイス効果があり、食べ物にコクを出してくれたり、肉の臭みを消し、さらに肉の風味を引き出す力があるんです!

 

 

ハンバーグは臭みを消すために、ナツメグを入れることが多いですが、臭みを消すだけでなくコクも出してくれる一石二鳥のにんにく。

 

しかし、基本のハンバーグにはにんにくは使われていません。

 

ではどんな時にハンバーグに、にんにくを入れるとベストなのでしょうか?

 

食欲がない日や元気をつけたい日などに!

 

にんにくには先ほどご紹介した通り、コクを出したり臭みを消すことから食欲を増進させる食べ物として知られています。

 

 

そして、にんにくには疲労回復や冷え性の改善、寒い時期には免疫力のアップにもいいとされている食材なので風邪予防にもいい食材なんです。

 

 

美味しいハンバーグを食べながら健康にもいいとされるにんにくを取り入れるのもいいですね。

 

ソースには注意!

 

しかし、ハンバーグは色々なソースで楽しむことのできる料理なので、ソースによってにんにくを入れるかは決めた方がよいでしょう。

 

ガーリックソースなのに、ハンバーグにもにんにくを使うとせっかくのお肉の風味も消されてしまうことになります。

 

 

私はの場合は、今日はソースまで時間をかけられない!!という日なんかに、ハンバーグに少しにんにくを入れることで、少し手の込んだハンバーグのように見せています(笑)

 

 

その日のソースは、ケチャップとウスターソースを混ぜたようなシンプルな物なんですが、ハンバーグに味がついているので問題なし!

 

ソースはシンプルなのに、本格的なハンバーグになりますのでチャレンジしてみてください。


ハンバーグににんにくを入れる時はすりおろし?みじん切り?

にんにく ひとかけら

 

それでは実際に、ハンバーグににんにくを入れる時はすりおろしなんでしょうか?それともみじん切りなのでしょうか?

 

実は色んな方法があるのでご紹介したいと思います。

 

すりおろし派

 

実はにんにくは、すりおろしが一番効果的だと言われています。

 

 

その理由は「アリシン」という元気の源のになる成分は、すりおろすことで発生するからなんです。

 

 

にんにくに含まれている「アリイン」という成分と「アリイナーゼ」という酵素が、すりおろすことで細胞が破壊され混ざり合います。

 

 

すると、にんにくの独特な香りと共にアリシンが発生し、風邪の予防や疲労回復が期待できるんです。

 

 

なので私は、今日は疲れたなー!とか、明日は忙しいぞー!なんていう日の夜に、すりおろしにんにくを入れてハンバーグを作ったりしています。

 

そしてすりおろしのにんにくは、とても香りが高くなりガツン!とにんにくを感じることができますので、食欲がない日にもいいですね。

 

火の通りも早く、ボリュームアップにもなるので初心者にはオススメ!

 

プロのレシピはみじん切り派が多い。

 

私も実際に作ろうと色々とレシピを調べていると、どうやら料理研究家やプロのレシピにはみじん切り派が多いように感じました。

 

 

みじん切りのメリットは、やはり食感です!

 

 

フワフワのハンバーグにアクセントとして、にんにくのみじん切りが入っていると、とても食べ応えのあるプロのようなハンバーグになります。

 

すりおろしに比べると、にんにくの風味はマイルドになります。

 

 

しかし、小さなにんにくのみじん切りって意外とめんどうだったりもします。

 

 

ハンバーグは何かと工程が多く、タネをコネたり玉ねぎをみじん切りしたり、焼いたり蒸したりと作業がありますので時間に余裕がある人は、みじん切りがオススメ!

 

手間暇かけると、やはりプロのような仕上がりで一味違った味になりますよ。


ハンバーグに合うガーリックソースの美味しいレシピ!

 

今まではハンバーグに直接にんにくを入れる方法をご紹介してきましたが、ハンバーグはソースも楽しめる料理。

 

そんなハンバーグのソースにも、にんにくはピッタリな食材なんです。

 

 

しっかり基本のハンバーグを作って本格的なガーリックソースをかけても良し!

 

今日のハンバーグは冷凍だけど、ガーリックソースに手間をかけてみよう!

 

 

色々な方法はありますが、いくつかガーリックソースの美味しいレシピをご紹介したいと思います。

 

 

和風ガーリックソース

 

医師で料理家の河埜 玲子先生のガーリックソースのレシピ。

 

小さな子供がいる河埜先生だからこそ、とってもシンプルで作りやすいレシピです。

 

ハンバーグを焼く手順からとてもわかりやすく説明してくれているので、ご紹介いたします。

 

  1. 玉ねぎはみじん切りにして耐熱ボウルに入れてラップをかける。
  2. レンジ600wで2分加熱し、冷ましておく。

  3. ボウルに合いびき肉、1の玉ねぎ、卵、パン粉、牛乳、塩こしょうを入れて、ねばりが出るまでよく混ぜる。4等分して小判型に形を整え、両手のひらに交互に打ち付け、空気を抜く。
  4. 片栗粉(分量外)を表面にまぶし、もう一度形を整えて真ん中をへこます。
  5. フライパンになたね油を入れて中火にかけ、両面に焼き色をつける。(この時点では中心は生でも良い)
  6. ハンバーグの高さ1/3くらいまで熱湯を加え、すぐにふたをし中火で5〜6分蒸し焼きにする。
  7. ふたを取り、水分が残っていたら飛ばし、一旦ハンバーグを取り出してフライパンに残った油脂をふき取る。
  8. 6のフライパンに水 大さじ3、しょうゆ 大さじ3、みりん 大さじ3、砂糖 大さじ1、にんにく・おろし 小さじ1/4をいれ、沸騰後1分ほど煮る。
  9. 一旦火を止めて、水 小さじ2、水溶き片栗粉 小さじ1で作った水溶き片栗粉を加え混ぜる。混ぜながら再度火にかけ、とろみがつくまで煮る。ハンバーグを戻し入れてからめる。

 

<引用>https://oceans-nadia.com/user/10649/recipe/222490

 

 

家庭で本格的に!トマトガーリックソース

 

トマトとにんにくの相性はバッチリ。

 

パスタ、チキンソテー、ピザなどにも使われていますよね。

 

 

もちろんハンバーグのソースにもピッタリなんですよ!

 

 

その作り方をご紹介いたします。

 

  1. 玉ねぎ1/2、にんにく3〜5かけは薄くスライスし、しめじ1/2は石突を除き小房に分けておく。
  2. ハンバーグを焼いた後のフライパンを軽くペーパーでふき取り、オリーブオイルを適量入れ、にんにくを炒め香りを出す。
  3. そこへ、しめじと玉ねぎを入れ強火で炒める。
  4. しんなりしたら、小麦粉大さじ1/2を入れダマが消えるまで炒める。
  5. そこへ、カットトマト缶1缶、水200ml、酒、ケチャップ大さじ3、コンソメスープの素、砂糖小さじ1、あらびき黒コショウ、乾燥バジル少々を入れる。
  6. そのまま8〜10分ほど煮込む。

 

 

これで、トマトガーリックソースのできあがり!

 

ハンバーグに伴う直接かけても美味しいですが、焼いたハンバーグを入れて煮込んでも◎

 

生焼けが心配な方は、トマトガーリックソースで煮込むのもいいかもしれませんね。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

やっぱり、お肉料理にはにんにくは相性抜群の食材ですよね!

 

ハンバーグににんにくを入れるべきポイントはこちらです。

 

  • コクが出る。お肉の臭みを消し、風味を引き出してくれる。
  • 食欲がない日や元気をつけたい日にエネルギーチャージ。
  • その日のソースに注意して入れる。
  • すりおろしはガツンと!みじん切りはマイルドに。
  • ガーリックソースの作り方はとても簡単。

 

にんにくを入れるだけで色々なパワーがアップすることがわかりました。

 

色々なバリエーションで楽しめるハンバーグだからこそ、栄養もとれて美味しく食べられたら最高ですね。

 

あなたも、にんにく入りのハンバーグにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!