ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?

ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?

ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?

ジューシーなハンバーグ

 

美味しいハンバーグの決めてと言えば

 

 

肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグ!!

 

 

私も色々試しては見るものの、上手くいかない時もありました。

 

そんな時、テレビで見かけた

 

 

ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!!

 

 

という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。

 

ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになるのか、氷の大きさやタイミングもご紹介したいと思います。


ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになるのはなぜ?

氷

 

ハンバーグがパサパサになってしまうのには原因があります。

 

 

それは、焼き過ぎたことで肉汁が逃げ出したから!

 

 

そうならないためにも、氷を使う方法があるようですが、なぜ氷を入れるとジューシーになるのかをご紹介したいと思います。

 

 

ハンバーグに氷を使うとどんな効果がある?

ハンバーグを焼く時に、外からドンドン火を入れてしまうと、中から肉汁が抜けてしまいパサパサに。

 

ハンバーグの中に氷を入れることで、中で溶けながら水蒸気になります。

 

 

氷がスチームオーブンの役目をしてくれるんですね!!

 

 

内側からも焼き上げることで、ふっくらジューシーなハンバーグになるんですよ。

 

 

また、コネる時に氷を入れることで、手の温度で脂が溶け出してしまうことを防ぎます。

 

 

油が溶け出してしまうと、大切な肉汁がなくなるので、タネを温めないためにも氷は便利なアイテムですね!

 

 

氷と一緒に牛脂を入れて旨味アップ!

私もよくやりますが、ハンバーグをコネる時に、氷と一緒に刻んだ牛脂を入れてみてください。

 

氷がふっくらジューシーにさせてくれる上に、牛脂の脂の旨味が閉じ込められて、さらに美味しいハンバーグになりますよ!

 

手間はかかりますが、一手間で安いお肉が高級なお肉を使ったように、旨味が増すのでおすすめです。

 

 

氷に一工夫でコクをアップ!

通常の氷でも、美味しくできますが、さらに美味しいハンバーグにするには

 

 

コンソメで作った氷を使うとコクがアップ!

 

 

テレビでも紹介されていましたが、オススメです。

 

コンソメ小さじ1を、150mlのお湯で溶かし、粗熱がとれたら製氷皿で凍らせるだけ!

 

この氷をハンバーグに使うことで、ジューシーでコクのあるハンバーグになりますよ。


ハンバーグに入れる氷の大きさやタイミングは?

 

それでは、実際にハンバーグに入れる氷のや大きさやタイミングをご紹介したいと思います。

 

2つの方法があるようなので、お好みでチャレンジしてみてください。

 

 

タネをコネる時に氷を入れる派

ハンバーグのタネ

 

 

ハンバーグをコネる時に、氷を入れる時は

 

 

少し小さめの砕いた氷を入れてください!

 

 

あまり大きいと、うまくコネることができないので砕いた氷がオススメです。

 

 

焼く時に氷を入れる派

私は、時間がある時にハンバーグをコネて、成型して冷蔵庫に入れておくこともあります。

 

食べる前に取り出して、焼くのですが、この場合は

 

 

焼く直前に、真ん中に氷を埋め込みましょう。

 

 

砕かなくても大丈夫ですが、あまり大きいとタネが割れることもあるので気を付けてください。

玉ねぎ氷で作る肉汁いっぱいのハンバーグレシピ!

今、話題になっている玉ねぎ氷を知っていますか?

 

私も最近友人から教えてもらい作り始めましたが、とても便利なんです。

 

ハンバーグにはもちろん、スープや味噌汁、ドレッシングなど、玉ねぎのみじんぎりの代わりに入れると時短になりますよ!

 

 

玉ねぎ氷の作り方をご紹介したいと思います。

 

 

玉ねぎ氷の作り方

  1. 玉ねぎの皮を剥き、上下を切り落とす。
  2. 熱が通りやすいように、包丁で上部に十字の切り込みを入れる。
  3. ビニール袋に玉ねぎを入れる。袋の口は閉じると破裂するので開けておく。
  4. 500wの電子レンジで、30分加熱する。
  5. 玉ねぎから出た汁と、玉ねぎをミキサーに入れて、トロトロの状態にする。
  6. 製氷皿に入れて凍らせる。

 

 

冷凍庫で2か月ほど保存できます。

 

料理のたびに、玉ねぎをみじんぎりすることを思えば、とても楽ちんですね!

 

 

玉ねぎ氷で作る肉汁いっぱいのハンバーグレシピ

 

先ほどの玉ねぎ氷を使ったハンバーグのレシピをご紹介したいと思います。

 

玉ねぎのみじん切りの手間も省け、水分量も増えてジューシーなハンバーグができますよ!

 

  1. 玉ねぎ氷を常温に出しておき、解凍しておく。
  2. 合い挽き肉200g、解凍した玉ねぎ氷、にんにくすりおろし1片分、パン粉大さじ4、コンソメ顆粒小さじ1、酒小さじ1、ナツメグ、塩コショウ各少々を入れる。
  3. よくコネて、2〜3等分に丸めて成型する。
  4. フライパンに油を熱し、中火で両面に焼き目をつける。
  5. 弱火にしてフタをし、5〜6分蒸し焼きにする。

 

 

玉ねぎ氷のおかげで、肉汁いっぱいのハンバーグができますよ。

 

時短にもなるので、ぜひ冷凍庫に玉ねぎ氷を常備させてくださいね。

まとめ

今回はハンバーグに氷を入れて作る方法や効果をご紹介しました。

 

  • 氷を使うとスチームオーブンの役目になり、中から蒸気で焼き上げ、ふっくらジューシーになる。
  • 氷と一緒に牛脂を入れたり、コンソメ氷もオススメ!
  • タネをコネる時は、砕いた氷、焼く前に埋め込むなら小さめの氷でOK。
  • 玉ねぎ氷を使って、時短&肉汁いっぱいのハンバーグができる。

 

 

氷を入れると、生焼けの心配をしてしまいますが、私はいつも全く問題なく、ふっくらジューシーなハンバーグが焼けます。

 

煮込みハンバーグにする時も、先に氷を使ってフライパンで焼けば、肉が縮まらず美味しく煮込めましたよ。

 

ぜひ、あなたも氷を使い、ふっくらジューシーなハンバーグを作ってみてくださいね。

 

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!