ハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味は?なしでも作れる?

ハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味は?なしでも作れる?

ハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味は?なしでも作れる?

ハンバーグ

 

あなたはハンバーグを作るときに、つなぎに小麦粉をつける意味をご存知ですか?

 

ハンバーグにつなぎの材料を使う手間がなくなれば、大分楽になりますよね。

 

 

特にハンバーグは卵だったり、塩だったりと意外とたくさん材料を使います。

 

そこで、ここではハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味について、ハンバーグはつなぎなしでも作ることができるかなどについてご説明いたします。

 

 

また、ハンバーグの小麦粉を使った場合と使わなかった場合のレシピもご紹介いたしますね。


ハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味は?

 

ハンバーグを作るとき小麦粉をつなぎに使いますよね。

 

しかし、いちいち小麦粉をまぶすのは面倒と思いませんか?

 

 

私の場合は小麦粉をつける作業が面倒くさく、つい多めに小麦粉をつけてしまいます。

 

そのため小麦粉をつなぎに使わなければならない理由を探してみました。

 

 

実はハンバーグのつなぎに小麦粉を使う理由は、材料と材料を1つにまとまりやすくするためです。

 

また、小麦粉をつなぎとして使う際には肉に混ぜ込むのではなく、まとめた肉ダネの周りにまぶすようにするのはご存知かと思います。

 

 

このように小麦粉をつなぎとして使うと、小麦粉の特徴として水分を含むと膨張して糊状になるためです。

 

糊状になることで、ハンバーグの表面に糊がくっついて肉汁を閉じ込め、さらには表面を焦げにくくします。

 

 

それだけではなく、舌触りをよくし、ソースを絡みやすくすることができるのです。

ハンバーグはつなぎなしでも作れる?

ハンバーグはつなぎなしでも作れます。

 

ハンバーグに混ぜ込む材料が自然とつなぎの役割をしてくれます。

 

 

ハンバーグのつなぎは一般的に小麦粉や片栗粉ですが、他にもつなぎになるものがたくさんあるのです。

 

 

まずは塩です。

 

塩を挽肉に混ぜて込めることで、塩が肉のタンパク質を分解してくれるため、全体に粘り気が出てきます。

 

さらに、肉に含まれているタンパク質は塩を加えて加熱することにより固まりやすくなります。

 

 

そのため、つなぎに塩を使ったハンバーグは焼くことにより肉同士がよりくっつきやすくなるのです。

 

それだけではなく、塩をつなぎに使うことで、ハンバーグに塩味をつけたり、保存性を高めることができるます。

 

 

次につなぎとなる材料は卵です。

 

卵をつなぎに使うことで、旨味をプラスすることができます。

 

 

そして、水分量を増やすだけでなく、卵が持っている保水性によって水分を逃がすことがありません。

 

そのため、食感が柔らかくなり、ふんわりとしたハンバーグになります。

ハンバーグの小麦粉あり・なしのレシピを紹介!

 

 

ハンバーグのつなぎに小麦粉を使わなくても、他の材料が代わりにつなぎの役割になることが分かりましたね。

 

そこでハンバーグのつなぎに小麦粉を使った場合のレシピと使わなかった場合のレシピをご紹介したいと思います。

 

 

なめこおろしの和風ハンバーグ(小麦粉あり)

材料

  • 合挽き肉・・・250g
  • 玉ねぎ・・・1個
  • 卵・・・1個
  • 牛乳・・・大さじ1
  • パン粉・・・1/3カップほど
  • 塩・・・2つまみ
  • こしょう・・・少々
  • 油、小麦粉・・・各適量
  • なめこ・・・1/2袋
  • 大根おろし・・・1/4本分
  • しそ(千切り)・・・適量
  • Aだし汁・・・350ml
  • A醤油、みりん・・・各大さじ2と1/2

 

作り方

  1. まずだし汁を準備し、パン粉に牛乳を加えて湿らせます。
  2. 玉ねぎをみじん切りにしてから、フライパンに油をしいて、玉ねぎがしんなりとするまで炒めます。
  3. ボウルに合挽き肉と卵、牛乳で湿らせたパン粉、炒めた玉ねぎ、塩、こしょうを加えます。
  4. 粘り気が出てくるまで混ぜ、2等分にします。両手でキャッチボールをするように空気を抜きながら、形を楕円形に整えます。そして、表面に軽く小麦粉をまぶしていきます。
  5. フライパンにサラダ油を入れて熱したら、ハンバーグを入れて焼きます。焼き色がこんがりとついたら、なめことAの調味料を加え、8分くらい煮てから皿に盛りつけます。
  6. 最後に大根おろしとしそを飾ったら完成です。

 

ハンバーグ(小麦粉無し)

材料

  • 牛豚合挽き肉・・・300g
  • 市販マッシュポテト粉・・・15g
  • 卵無しマヨドレ・・・大さじ?
  • 玉ねぎ・・・1/2個
  • 醤油・・・大さじ1/2
  • みりん・・・大さじ?
  • サラダ油・・・適量
  • 塩胡椒・・・少々
  • ナツメグ・・・少々

 

作り方

  1. 最初に玉ねぎはみじん切りにしておきます。
  2. 次にフライパンにサラダ油を入れ、玉ねぎのみじん切りを柔らかくなるまで炒めます。その後、醤油とみりんで味をつけたら、火を止めて冷まします。
  3. ボウルに合挽き肉と塩胡椒、ナツメグを入れてこねます。
  4. 冷ましたいため玉ねぎとマッシュポテトの粉、卵無しマヨドレを加えてさらにこね、ハンバーグを手のひらサイズにして形を整えていきます。
  5. 両手でキャッチボールするように空気を抜いていきましょう。
  6. 再びフライパンにサラダ油を入れて、ハンバーグのタネを並べて少し強火で焼いていきます。
  7. 焼き色がつき、しっかり固まったらひっくり返して裏面を焼きます。
  8. 焼き終わったら盛り付け、フライパンに入っている肉汁をハンバーグにかけたら完成です。

まとめ

 

ハンバーグの作り方は、人それぞれ何を材料にするかで違ってきますよね。

 

特につなぎを何にするかで、ハンバーグの出来具合が変わってきます。

 

 

しかし、小麦粉だけがつなぎになるのではなく、卵や塩などもつなぎになるため、何かしらの材料をつなぎに使っていると思います。

 

私の場合は塩をいつも使っているので、今度から小麦粉をまぶす手間を無くしたいと思います。

 

 

小麦粉無しのハンバーグも作ることができるので、皆さんも興味のある方は是非作ってみてください。

 

特に小麦粉をつなぎにしている方は、その手間を他のつなぎを代わりに使ってみるといいですよ。

 

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!
ハンバーグの中が赤い生焼けを食べてしまった!焼いても赤い場合もある?
ハンバーグを焼いて、さあ食べようと思ったら中身が赤かった!ということってありますよね? また、ハンバーグの生焼けを食べてから、中身が生焼けだったことに気づいたという方も多いと思います。 そこで、ハンバーグの生焼けを食べてしまった場合どうすればいいのか、ハンバーグの生焼けを防ぐ焼き方などをご紹介いたします。
牛肉100%のハンバーグは合挽き肉より美味しい?生焼けでも大丈夫?
ハンバーグ作りの際に、牛肉100%のものは合挽き肉のものよりも美味しくなるのでしょうか。 ここでは牛肉100%のハンバーグが合挽き肉よりも美味しくなるのか、調理方法はどのようにすれば良いか詳しく紹介させていただきます!