ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?

ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?

ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?

ハンバーグ

 

肉汁が溢れだすハンバーグは格別に美味しいですよね。

 

ソースやトッピングもいろいろあって、毎回違う味が楽しめるのもハンバーグの魅力です。

 

 

ダイエット中でも食べたくなるハンバーグですが、カロリーや糖質が気になり我慢する人も多いのではないでしょうか。

 

食べたいものを我慢するってすごくストレスになりますよね(>_<)

 

 

「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」

 

「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」

 

などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました!

 

 

太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。


ハンバーグのカロリーと糖質の量は?

ハンバーグと聞くと高カロリー、高糖質のイメージがありませんか?

 

調べてみるとそのイメージどおりでした…。

 

 

ハンバーグ100gあたり

 

 

カロリーは約223kcal

 

糖質は約12g

 

 

です。

 

 

一般的なハンバーグの量は150gほどなので約335カロリー、糖質は約18g程度となります。

 

 

お肉は低糖質でダイエットに向いているはずですが、ハンバーグの糖質が高いのはつなぎに使用するパン粉が原因になります。

 

 

またお店で食べるハンバーグは自宅で作るハンバーグより高カロリーになります。

 

お店ならではの肉汁は脂質たっぷりのお肉を使用しているからです。

 

 

あの肉汁はダイエットに大敵じゃないですか(;・∀・)

 

 

お店の定番ハンバーグメニューのカロリー

 

  • デミグラスハンバーグ…約430カロリー
  • 和風おろしハンバーグ…約395カロリー
  • イタリアンハンバーグ…約454カロリー
  • 煮込みハンバーグ…約534カロリー

 

ヘルシーに食べたい時に選んでいた和風おろしハンバーグでも高カロリーに入るなんて(*_*)

 

 

お店で食べる場合は付け合わせのサラダやスープ、ご飯などのカロリーもプラスされますのでかなり高カロリー、高糖質になる事をお忘れなく。

ダイエット中はハンバーグとステーキどっちがいい?

ハンバーグ vs ステーキ

ダイエット中でもお肉は食べたいものです。

 

お肉は低糖質、高タンパク質なので食べ方さえ気を付ければダイエットに向いている食材と言えるのです。

 

 

ではダイエット中にハンバーグとステーキどちらを食べるほうがいいのでしょうか?

 

それはステーキです!それも赤身!

 

ダイエット中にステーキを食べていいなんて嬉しいですよね(^^♪

 

 

赤身のステーキがダイエットに向いている理由がこちら。

 

 

脂肪燃焼を助ける「L-カルニチン」が豊富

 

赤身のお肉に豊富に含まれている「L-カルニチン」は体の中に溜まった余計な脂肪を運び、効率よく燃焼させるサポートをしてるそうなのです。

 

 

L-カルニチンは体内での生産量は年齢とともに減少していくので、ステーキで補給しましょう!

 

 

タンパク質で基礎代謝アップ

 

高タンパク質のステーキから良質なタンパク質を補給でき、筋肉を増やして代謝をあげ痩せやすい体質作りに効果があります。

 

 

満腹感を得られる

 

タンパク質と脂質は満腹中枢を刺激する物質を分泌してくれます。

 

それに加えてお肉はよく噛むので少量で満腹感を得られるのです!

 

 

またお肉は消化に時間がかかるため腹持ちがよくなり、間食を減らすことができます。

 

糖質ダイエットをするならステーキは最適ですね(^_-)

 

 

「ステーキもいいけど、ハンバーグも食べたい!」って思っている方いませんか?

 

ハンバーグはアレンジをすればダイエット中でも楽しめますよ!

 

次におススメのレシピをご紹介しますね♪


ダイエット中のハンバーグの作り方は?

豆腐ハンバーグ

 

ハンバーグに豆腐やおからを混ぜて作るとカロリーや糖質が抑えられ、ダイエット中でも気にせず食べることができます。

 

 

≪ふんわりお豆腐ハンバーグ4人分≫

材料

  • 豚ひき肉…200g
  • 木綿豆腐…150g
  • 玉ねぎ…1/4個
  • 卵…1個
  • 塩こしょう…少々

 

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切りにし炒めておく
  2. 豆腐はしっかりと水切りをしておく
  3. ボウルにすべての材料を入れ粘りがでるまでこねる
  4. 粘りがでたら等分し、丸く成型する
  5. 温めたフライパンにサラダ油を熱しCを並べ片面に焼き色がついたら、ひっくり返して蓋をして蒸し焼きにして中まで火を通す
  6. お好みでポン酢や和風ドレッシングをかけてできあがり

 

 

≪牛肉とおからのハンバーグ4人分≫

材料

  • おから…150g
  • 牛肉…100g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 人参…1/2個
  • 醤油…大さじ1
  • 塩コショウ…少々

 

作り方

  1. 玉ねぎはみじん切りにし炒めておく
  2. 人参はみじん切りにし炒めておく
  3. ボウルにすべての材料を入れ粘りが出るまでこねる
  4. 粘りがでたら等分し、丸く成型する
  5. 温めたフライパンにサラダ油を熱しCを並べ片面に焼き色がついたら、ひっくり返して蓋をして蒸し焼きにして中まで火を通す
  6. お好みで麺つゆや和風ドレッシングをかけてできあがり

 

 

どちらも付け合わせに素焼きにした野菜を合わせるといいでしょう!

 

トッピングに目玉焼きを乗せても◎

 

簡単に美味しくてヘルシーなハンバーグができるのでお試しあれ(^_-)


まとめ

ハンバーグはカロリーや糖質も高くお店で食べるには特に注意が必要です。

 

ダイエット中に食べるのであれば赤身のステーキがおススメ!

 

ハンバーグに豆腐やおからを使って作るとヘルシーでダイエット中でも気にせず食べる事ができます。

 

 

ダイエット中だからといって無理な食事制限はしたくないですよね。

 

私も食べたい物を我慢してダイエットしてましたが…結果ストレスで暴飲暴食(笑)

 

 

食べ方をちょっと工夫するだけでカロリーや糖質をグッと抑えられます。

 

食事に気をつけて好きな物も我慢せず、ストレスフリーなダイエットをしましょう!

 

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!