ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!

ハンバーグ - ゆるい

大人から子供まで人気のハンバーグは、食卓にのぼる機会も多いメニューなのはないでしょうか。

 

そんなハンバーグをつくるとき、ひき肉のタネがゆるくてべちゃっとなってしまった経験はありませんか?

 

 

うまく成型できないほどにゆるくなってしまった時は、このまま焼いていいものか、なにか対処法があるのか、悩みますよね。

 

 

ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか?

 

また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか?

 

 

ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。


ハンバーグのタネがゆるくなってしまう原因は?

ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのには、大きく3つの原因があります。

 

1.ひき肉の捏ね方が足りない。

ハンバーグのタネをつくる前に、まずはひき肉だけをしっかり捏ねていますか?

 

ボウルに移したひき肉にいきなりたまねぎなどの副材料を入れて混ぜ、全部が混ぜ合わさったらできあがり、というやり方だと、べちゃっとしたゆるいタネになってしまいます。

 

まず、ひき肉だけの状態で粘りが出るまでしっかり捏ね、副材料を加えてからも、全体を混ぜるというよりは捏ね合わせるイメージで、タネに粘りを出すのがポイントです。

 

2.玉ねぎの下準備が適切でない。

ハンバーグにはたまねぎを加えますが、その下準備によっても、生地をゆるくさせてしまうことになります。

 

たまねぎをあらかじめ炒めるかどうかは、食感の好みもあるのでどちらでもかまわないのですが、たまねぎを炒めない場合は、その水分が生地をゆるくする原因になります。

 

 

刻んだ玉ねぎは、キッチンペーパーやガーゼなどでしっかりと水分を絞ってから、ひき肉に加えましょう。

 

 

また、炒めた玉ねぎを使う場合は、しっかりと熱をとって冷めたものを加えること。

 

炒めた直後の熱を持ったものを加えると、その熱でひき肉の脂が溶け出して生地をゆるくしてしまい、タネが痛む原因にもなります。

 

3.パン粉と水分の割合のバランスがとれていない。

ハンバーグにはレシピとして、パン粉や卵を加えます。

 

パン粉はあらかじめ牛乳に浸しておくのが一般的ですが、この水分が多いと、当然生地がゆるくなって失敗しまいます。

 

 

牛乳+卵の水分で、パン粉がふやけて水っぽさがなくなるくらいの量のバランスが適当です。

 

スポンサーリンク

ハンバーグのタネがゆるくなってしまった時の対処法

パン粉

気を付けてはいても、何らかの原因で生地がゆるくなってしまった場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

 

一番てっとり早いのは、パン粉を加えることですね。

 

パン粉に生地の水分の水分を吸わせることで、いくぶんタネのゆるさが改善されます。

 

 

ちぎった食パンを生パン粉の代わりに使うこともできますし、それらが何もない場合は、小麦粉を加えることでも水分を吸ってくれる効果を期待できます。

 

 

パン粉がない場合は同じく水分を吸う効果がある小麦粉か片栗粉を使いましょう。

 

 

また、炒めた玉ねぎの熱や、捏ねている時の手の温度などでひき肉の脂が溶け出してタネがゆるくなってしまっている場合は、タネを冷蔵庫で冷やすことで、ある程度の固さを取り戻せます。

 

 

タネがゆるくなってしまっても、焼けば何とかなるかも?という期待もあったりしますよね。

 

 

しかし、ゆるいタネのまま焼いてしまうと、まとまりがなくてボロボロになってしまったり、肉汁があふれ出て旨味がなくなってしまったり、ひっくり返せなくて結果的にハンバーグが崩れてしまう原因になります。

 

タネがゆるくなってしまったら、上記のようの対処をしてから焼く方が、得策と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

上手なタネ作りで、おいしいハンバーグをつくるコツ!

ハンバーグのタネ

おいしいハンバーグをつくるためのタネづくりで一番大事なのは、ひき肉の「捏ね方」にあります。

 

しっかりタネを捏ねることは、タネがゆるくなるのを防ぐだけでなくハンバーグをおいしくするためにとても大事な作業です。

 

 

ひき肉は冷蔵庫から出したばかりの冷たいものを使います。

 

 

捏ね方としては、まずはひき肉をにぎるようにして、肉をつぶしていきます。

 

ひき肉のつぶつぶ感がなくなるように、握りながらボウルにおしつけるようにしながら、固まりがなくなって全体がネバーっと一体化するようになるまでしっかり捏ねます。

 

 

これが「肉の粘りが出た」という状態。

 

まず肉だけを捏ねてこのような状態にしてから、たまねぎなどを加えていきましょう。

 

 

そして捏ねる時にもう一つ重要なのは、なるべく熱を加えないこと。

 

長い間捏ねていると、手の熱でひき肉の脂が溶けてきて、タネをゆるくしてしまいます。

 

しっかりと、しかし短時間でひき肉を捏ねあげましょう。

 

 

予めひき肉は冷蔵庫で冷やしておき、夏場は、氷を入れたボウルの上に肉を入れたボウルを重ねて、冷やしながら捏ねるのもいいでしょう。

 

手を氷水につけて、冷やしてから捏ね始めるのも効果的です。

 

 

また、こねる前にひき肉に塩を一つまみかけると、ひき肉の脂身の中の脂肪分が乳化し、粘り気が出やすくなるのでおすすめです。

 

 

このひき肉をしっかり捏ねるひと手間で、ハンバーグの中に肉汁がしっかり閉じ込められ、ジューシーでとってもおいしいハンバーグができあがりますよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今日はタネがゆるくなってしまったけど、なんでだろう〜とついついそのままハンバーグを焼いてしまったり、まぁいいかで済ませてしまっていた方も、多いかもしれません。

 

簡単なポイントをおさえるだけで、ハンバーグのタネがゆるくなるのは防ぐことができます。

 

 

簡単人気メニューだからこそ、基本を押さえて、毎回おいしいハンバーグをつくりたいですよね。

 

適当に終わらせていた「捏ね」の作業を少し見直していくと、同じ材料でもいつもよりバージョンアップしたハンバーグが出来上がりますよ!

関連ページ

手巻き寿司の具の人気ランキング!おすすめの変わり種ネタも!
好きな具材を選んで、作りながら食べる手巻き寿司は、日常とは違って盛り上がりますよね。 でも、手巻き寿司の準備の際に、何を用意するか悩んだことはありませんか? 今回は、手巻き寿司の人気ランキングベスト10と、パーティーに使える変わり種ネタや、サイドメニューについても紹介します。
すき焼きの正しい食べ方は? 関東と関西の違いやおいしく作るコツも紹介!
ちょっとしたご馳走として、家族でのお祝いに欠かせないのが「すき焼き」! 地域によって大きく違う作り方や食べ方、そもそも正しい食べ方とはどんなものか。 たまにしか食べないこともあって意外と知らない「すき焼きの基礎知識」について解説をしていきます
「冷やし中華にマヨネーズ」は、地域特有?その発祥地域と実践地域とは?
冷やし中華に調味料なんてついてくるの?という方もいるかもしれませんね。 その一方、冷やし中華といえばマヨネーズありきだろう!という方も、実は少なくないのです。 冷やし中華をたのめばマヨネーズがついてくるのは当たり前、というところもあり、地域によって冷やし中華の常識は多岐にわたるようです。 ということで、今回は冷やし中華マヨネーズ論を掘り下げてみたいと思います。
ピーマンの肉詰めの冷凍方法は生?焼いてから?弁当への入れ方は?
ご飯のおかずや、お弁当にも人気のピーマンの肉詰め。 ひき肉の量や、ピーマンの数によって、ついつい多く作りすぎてしまうことって、ありますよね。 そんな時は、次の日に使用することもできますが、冷凍保存をしておくと、長期保存が可能になり、お弁当にも利用できるで、便利で、おすすめです。 今回は、ピーマンの肉詰めの冷凍方法や、お弁当への入れ方、また、崩れない作り方のコルも紹介します。
焼きそばの麺がくっつく!麺同士やフライパンと麺がくっつかないコツとは?
焼きそばは、「お手軽」「簡単」の代表みたいにいわれていますが、実際は、炒める時に麺同士がくっついて困る、というお悩みをけっこう聞きます。 また、フライパンと麺がくっついて、悲惨な状況になってしまった、という話も… そんなお悩みを解決して、焼きそば作りがもっと楽しくおいしくなるポイントを、ご紹介致します!
天ぷらの衣がはがれるのはなぜ!?衣がはがれないサクサク天ぷらのコツ!
せっかくつけた天ぷらの衣が、揚げているうちにはがれてしまう・・・。 衣をまとわせて油に入れた天ぷらが、油から揚げたときには、具材とボロボロの衣に分離してしまった…ともなれば、なんとも悲しい食卓になってしまいます。 そうならないために、衣がはがれず、キレイな見た目でサクサクの天ぷらを揚げるポイントを、ご紹介していきます。
鍋料理の栄養バランスはどうなっている?一番健康にい鍋料理とは?
中に入れる具材やスープを変えれば様々なアレンジも楽しめる鍋料理ですが、気になる栄養バランスの方は、どうなっているのでしょうか? 簡単にできて、しかも栄養のバランスもいいのであれば、まますますうれしいところ。 今回は鍋料理の栄養バランスや、一番健康にいい鍋料理について紹介していきます。
意外と知らない、お雑煮雑学!お雑煮は、地域によってこんなに違う!
ずっと自分の家のお雑煮だけを食べているとわからないものですが、日本全国を見渡すと、実は「お雑煮」と一括りでは呼べないほど、たくさんのお雑煮の種類があるんです! おだしから餅の形、具に至るまで、「お雑煮」はその地域によってさまざま。 今回は、お雑煮という食べ物の由来から、全国津々浦々のお雑煮コレクションまで、日本人ならぜひ知っておきたいお雑煮の雑学について、ご紹介します。
唐揚げの下味は一晩漬けたら長すぎ? 漬け時間による味の変化は?
唐揚げを作る時、下味に漬け込む時間に迷ったことはありませんか? 手が空いた時に漬け込んでおけば楽だけれど、漬かりすぎてしまうのもよくなさそう。 今回は、唐揚げの漬込み時間と味の変化について、はっきりとさせていきましょう。
夏にサンドイッチが腐るのを防ぎたい!適切な具と保存方法とは?
暑い季節に心配なのが、サンドイッチの保存問題。 朝つくって持参したサンドイッチを昼に食べようと思ったら、なんとなく良からぬ匂いが… なんていう事態だけは避けたいところですが、夏場のサンドイッチというのは、思っている以上に足が早く、腐りやすいものなのです。 夏場でもサンドイッチ弁当をおいしくいただくには、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか?