ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!

ハンバーグ - ゆるい

 

大人から子供まで人気のハンバーグは、食卓にのぼる機会も多いメニューなのはないでしょうか。

 

そんなハンバーグをつくるとき、ひき肉のタネがゆるくてべちゃっとなってしまった経験はありませんか?

 

 

うまく成型できないほどにゆるくなってしまった時は、このまま焼いていいものか、なにか対処法があるのか、悩みますよね。

 

 

ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか?

 

また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか?

 

 

ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。


ハンバーグのタネがゆるくなってしまう原因は?

ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのには、大きく3つの原因があります。

 

1.ひき肉のこね方が足りない。

ハンバーグのタネをつくる前に、まずはひき肉だけをしっかりこねていますか?

 

ボウルに移したひき肉にいきなりたまねぎなどの副材料を入れて混ぜ、全部が混ぜ合わさったらできあがり、というやり方だと、べちゃっとしたゆるいタネになってしまいます。

 

 

まず、ひき肉だけの状態で粘りが出るまでしっかりこね、副材料を加えてからも、全体を混ぜるというよりはこね合わせるイメージで、タネに粘りを出すのがポイントです。

 

2.玉ねぎの下準備が適切でない。

ハンバーグにはたまねぎを加えますが、その下準備によっても、生地をゆるくさせてしまうことになります。

 

たまねぎをあらかじめ炒めるかどうかは、食感の好みもあるのでどちらでもかまわないのですが、たまねぎを炒めない場合は、その水分が生地をゆるくする原因になります。

 

 

刻んだ玉ねぎは、キッチンペーパーやガーゼなどでしっかりと水分を絞ってから、ひき肉に加えましょう。

 

 

また、炒めた玉ねぎを使う場合は、しっかりと熱をとって冷めたものを加えること。

 

炒めた直後の熱を持ったものを加えると、その熱でひき肉の脂が溶け出して生地をゆるくしてしまい、タネが痛む原因にもなります。

 

3.パン粉と水分の割合のバランスがとれていない。

ハンバーグにはレシピとして、パン粉や卵を加えます。

 

パン粉はあらかじめ牛乳に浸しておくのが一般的ですが、この水分が多いと、当然生地がゆるくなって失敗しまいます。

 

 

牛乳+卵の水分で、パン粉がふやけて水っぽさがなくなるくらいの量のバランスが適当です。

 

スポンサーリンク

ハンバーグのタネがゆるくなってしまった時の対処法

パン粉

気を付けてはいても、何らかの原因で生地がゆるくなってしまった場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

 

一番てっとり早いのは、パン粉を加えることですね。

 

パン粉に生地の水分の水分を吸わせることで、いくぶんタネのゆるさが改善されます。

 

 

ちぎった食パンを生パン粉の代わりに使うこともできますし、それらが何もない場合は、小麦粉を加えることでも水分を吸ってくれる効果を期待できます。

 

 

パン粉がない場合は同じく水分を吸う効果がある小麦粉か片栗粉を使いましょう。

 

 

また、炒めた玉ねぎの熱や、こねている時の手の温度などでひき肉の脂が溶け出してタネがゆるくなってしまっている場合は、タネを冷蔵庫で冷やすことで、ある程度の固さを取り戻せます。

 

 

タネがゆるくなってしまっても、焼けば何とかなるかも?という期待もあったりしますよね。

 

 

しかし、ゆるいタネのまま焼いてしまうと、まとまりがなくてボロボロになってしまったり、肉汁があふれ出て旨味がなくなってしまったり、ひっくり返せなくて結果的にハンバーグが崩れてしまう原因になります。

 

タネがゆるくなってしまったら、上記のようの対処をしてから焼く方が、得策と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

上手なタネ作りで、おいしいハンバーグをつくるコツ!

ハンバーグのタネ

おいしいハンバーグをつくるためのタネづくりで一番大事なのは、ひき肉の「こね方」にあります。

 

しっかりタネをこねることは、タネがゆるくなるのを防ぐだけでなくハンバーグをおいしくするためにとても大事な作業です。

 

 

ひき肉は冷蔵庫から出したばかりの冷たいものを使います。

 

 

こね方としては、まずはひき肉をにぎるようにして、肉をつぶしていきます。

 

ひき肉のつぶつぶ感がなくなるように、握りながらボウルにおしつけるようにしながら、固まりがなくなって全体がネバーっと一体化するようになるまでしっかりこねます。

 

 

これが「肉の粘りが出た」という状態。

 

まず肉だけをこねてこのような状態にしてから、たまねぎなどを加えていきましょう。

 

 

そしてこねる時にもう一つ重要なのは、なるべく熱を加えないこと。

 

長い間こねていると、手の熱でひき肉の脂が溶けてきて、タネをゆるくしてしまいます。

 

しっかりと、しかし短時間でひき肉をこねあげましょう。

 

 

予めひき肉は冷蔵庫で冷やしておき、夏場は、氷を入れたボウルの上に肉を入れたボウルを重ねて、冷やしながらこねるのもいいでしょう。

 

手を氷水につけて、冷やしてからこね始めるのも効果的です。

 

 

また、こねる前にひき肉に塩を一つまみかけると、ひき肉の脂身の中の脂肪分が乳化し、粘り気が出やすくなるのでおすすめです。

 

 

このひき肉をしっかりこねるひと手間で、ハンバーグの中に肉汁がしっかり閉じ込められ、ジューシーでとってもおいしいハンバーグができあがりますよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

今日はタネがゆるくなってしまったけど、なんでだろう〜とついついそのままハンバーグを焼いてしまったり、まぁいいかで済ませてしまっていた方も、多いかもしれません。

 

簡単なポイントをおさえるだけで、ハンバーグのタネがゆるくなるのは防ぐことができます。

 

 

簡単人気メニューだからこそ、基本を押さえて、毎回おいしいハンバーグをつくりたいですよね。

 

適当に終わらせていた「捏ね」の作業を少し見直していくと、同じ材料でもいつもよりバージョンアップしたハンバーグが出来上がりますよ!

 

 

こちらの記事もおすすめです。

 

⇒ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?

関連ページ

ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?時間は何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグの合い挽肉の豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
あなたはハンバーグを作る時はどんな合い挽肉を使いますか? 一般的にはスーパーで売ってる牛と豚6:4または5:5でしょうか? 実際割合はどれくらいが一番美味しいのでしょうか? 今回はハンバーグの合い挽肉の割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!
ハンバーグの中が赤い生焼けを食べてしまった!焼いても赤い場合もある?
ハンバーグを焼いて、さあ食べようと思ったら中身が赤かった!ということってありますよね? また、ハンバーグの生焼けを食べてから、中身が生焼けだったことに気づいたという方も多いと思います。 そこで、ハンバーグの生焼けを食べてしまった場合どうすればいいのか、ハンバーグの生焼けを防ぐ焼き方などをご紹介いたします。
ハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味は?なしでも作れる?
ハンバーグにつなぎの材料を使う手間がなくなれば、大分楽になりますよね。 そこで、ここではハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味について、ハンバーグはつなぎなしでも作ることができるかなどについてご説明いたします。 また、ハンバーグの小麦粉を使った場合と使わなかった場合のレシピもご紹介いたしますね。
牛肉100%のハンバーグは合挽き肉より美味しい?生焼けでも大丈夫?
ハンバーグ作りの際に、牛肉100%のものは合挽き肉のものよりも美味しくなるのでしょうか。 ここでは牛肉100%のハンバーグが合挽き肉よりも美味しくなるのか、調理方法はどのようにすれば良いか詳しく紹介させていただきます!
ハンバーグソース代わりに焼肉のたれは使える?マヨネーズを混ぜてもおいしい?
ハンバーグを作ろうと思ったけど、いつも同じソースじゃ飽きた。 たまには味変したいと思い、焼き肉のたれを試してみました。 そしたら思いのほかおいしかったのでレシピを紹介します!
ハンバーグを美味しくする調味料は何?基本の調味料や隠し味を紹介!
お店で食べるような美味しいハンバーグを作りたい! そう思ったことありませんか? ハンバーグを作るとき、いつもの調味料にあるものを加えると、美味しくなるんです。 今回、ハンバーグを美味しくする調味料、基本の調味料や隠し味について紹介します。
ハンバーグに合うひき肉の種類は?牛と豚の違いや合挽肉の割合とは?
ハンバーグの味の決め手となるのがひき肉。 ではどのひき肉を使ったときが一番おいしいのでしょうか。 そこで、ハンバーグに牛や豚、鶏のひき肉を使った時の違いや、合挽肉の牛と豚の割合など、ハンバーグの挽肉について調べたことをまとめます。