ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?

ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?

ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?

ハンバーグをこねる

 

食卓でも登場機会の多いハンバーグですが、下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか?

 

 

普段から料理をする方にとっては、今さら?と思うことかもしれませんが、下味を侮ってはいけませんよ!

 

下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。

 

 

せっかくなので、美味しいハンバーグを作って、家族みんなから褒められたいですよね?

 

ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!


ハンバーグの下味は必要?

ナツメグ

 

そもそもハンバーグって、下味がついているんでしょうか?

 

 

ぜひ料理本やインターネットのレシピを見て確かめてみてください。

 

おそらく、ほとんどのレシピには下味となる調味料が記載されているはずです。

 

 

そうです!

 

ハンバーグも他のお肉料理と同様に、下味をつけた方が断然美味しいのです!

 

 

というのも、なぜ下味が必要なのかご存知ですか?

 

ハンバーグは、割ると肉汁が溢れてきてとてもジューシーで美味しいですよね!

 

 

実は、お肉に下味をしっかりつけているからこそ、肉汁の旨味を舌でより感じることができるのです!

 

 

もちろん、食べる際にかけるソースにもしっかりと味がついていますが、下味を付けずそれだけで味を足そうとすると、物足りないハンバーグになってしまいます。

 

 

したがって、ハンバーグの原料となる牛豚の合挽き肉に、下味をつけましょうね。

 

では、どんな調味料を使えばよいのでしょうか?

 

 

それは、塩とこしょう、ナツメグの3つです!

 

塩とこしょうはお肉の旨味を引き立て、ナツメグはお肉の臭みを消してくれるのです。

 

 

下味をつけたお肉を、粘り気が出るまでしっかりとこねてフライパンで蒸し焼きすれば、とっても美味しいハンバーグに仕上がるはずです!

 

 

ハンバーグを含むお肉料理には、下味を忘れないようにしましょうね!


ハンバーグの下味に使う調味料は作るレシピの種類で違うの?

 

下味の重要性を理解したところで、こんな疑問が浮かびますよね。

 

 

レシピによって下味に使う調味料は異なるのでしょうか?

 

 

もちろん、異なります!

 

ただし、先程説明したように、塩とこしょう、ナツメグの3つはほぼ全てのレシピにも下味として使用するよう記載されています。

 

 

これらをベースに、どんな風味を加えたいかによって追加する調味料が異なります。

 

 

とは言っても、他にどんな調味料を加えたら良いかわからないですよね!

 

さまざまなアレンジ方法をお教えしますので、これを機にぜひ、ハンバーグのレパートリーを増やしてみてはいかがでしょうか?

 

 

@和風ハンバーグ

 

大根おろしやぽん酢をかけて食べる和風ハンバーグは美味しいですよね!

 

ファミリーレストランでも、人気メニューのひとつとして提供されています。

 

 

そんな和風ハンバーグでは、下味としておろししょうがや醤油、みりんなどを入れると良いですよ!

 

和食でよく使われる調味料を入れれば、和風になるのです。

 

 

Aカレーハンバーグ

 

ハンバーグレストランのびっくりドンキーなどでは、カレーハンバーグというものがあります!

 

名前の通り、ソースがカレーなのです!

 

このようなハンバーグには下味としてカレー粉も加えれば、よりソースに馴染んで美味しい一品になります。

ハンバーグの下味を入れるのを忘れたときは?

煮込みハンバーグ

 

お肉料理では、お肉に下味をつけることが大前提と言っても過言ではありません!

 

それくらい下味は大事なのですが、時間がなくて慌てていると、つい忘れてしまうこともあります。

 

 

下味を入れることを忘れたくありませんが、もし忘れてしまった場合の対処法をお教えしますね!

 

 

@煮込みハンバーグにする

 

これは下味を忘れてしまった際の、最もおススメの調理法です!

 

お肉に味がついていないので、煮込むことでソースの旨味がハンバーグ全体に染み込んで、美味しく仕上がります。

 

 

Aソースを濃いめにする

 

下味を入れていないハンバーグは味が薄いので、それにかけるトマトソースやデミグラスソースを濃いめにすると良いでしょう!

 

コンソメや塩分を足す、もしくは煮詰める時間を長くすると味が濃くなります。

 

 

もし、下味を入れ忘れた場合には試してみてくださいね!

 

とは言っても、これらはあくまで対処法です。

 

煮込みハンバーグもソースをかけて食べるハンバーグも、お肉に下味をつけた方が美味しいですよ!


まとめ

いかがでしょうか?

 

料理において、下味をつける工程の重要性がご理解いただけたと思います。

 

下味は手間がかかりますが、その分美味しく仕上がりますので、忘れないようにしましょうね!

 

 

すでにお肉に味がついていて少しのソースで十分味わえるため、塩分を控えている方にもメリットがあります。

 

 

でも、忙しいと慌てて下味を忘れてしまうこともあるでしょう。

 

忘れてしまっても先程紹介した方法を実践すれば、なんとか対処できます。

 

 

みんなが大好きなハンバーグを上手に作れるようになったら、自慢できちゃいますよね!

 

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!