ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?

ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?

ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?

ハンバーグは寝かせる

 

あなたはいつもハンバーグをコネて、すぐ焼いていますか?

 

それとも寝かせてから焼いていますか?

 

 

私は子供が小さいので、一気にハンバーグのタネを作り焼く時間がないので、タネを作ってから一度冷蔵庫に入れていました。

 

そして旦那の帰宅に合わせて、ハンバーグを焼いて出すスタイルを自然としていたんです。

 

 

しかし旦那の休みの時に、子供を見てもらうことができたので、タネを作ってからすぐ焼くことに。

 

 

いつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う??

 

これはきっといつも冷蔵庫で寝かせたことに何か美味しくなるコツがあるんじゃないの?と思いました。

 

 

ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね!

 

あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。


ハンバーグは寝かせる方が美味しい?

私は時間がなく、作ったタネを冷蔵庫に入れていたこの工程。

 

省いてしまった時に気が付きました。

 

 

ハンバーグは寝かせる方が美味しいのでは!?

 

 

実はハンバーグを寝かせることで、こんなメリットがあったんです。

 

 

ハンバーグを寝かせるとどうなる?

ハンバーグを寝かせるだけで、意外なメリットが!!

 

  • ふっくら仕上がり、肉汁が溢れジューシーになる。
  • 水分がひき肉に行き渡り、味が全体になじみ、旨味が増す。
  • 肉の脂を固めることで、形が落ち着き焼くときに崩れにくい。

 

 

作ってすぐに焼かず、少し寝かせるだけでこんなにも美味しさの秘訣がありました。

 

 

逆に、寝かせずに焼いてしまうと、こんな失敗の元に繋がります。

 

  • 焼いていると肉汁が出てしまいパサパサに。
  • 形が落ち着いていないので、ひっくり返す時に崩れてしまう。

 

 

ハンバーグは、やっぱり切った時にジュワーっと出てくる肉汁がたまらないですよね?

 

 

最初から崩れていては肉汁も出てきませんし、もったいない!

 

せっかくの美味しいハンバーグ寝かせる工程は忘れず行いましょう。

 

 

ハンバーグを寝かせる時間はどのくらい?

ハンバーグを寝かせる時間は

 

 

1時間〜3時間くらいが目安!!

 

 

このくらいの時間で十分、脂も固まり旨味も増します。

 

美味しくジューシーなハンバーグを作るには、寝かせる時間も考えて、食べる時間に応じてタネを作りましょう。

 

ハンバーグを寝かせるのは常温?室温?

ハンバーグを寝かせる時は、必ず冷蔵庫に入れてください。

 

 

ハンバーグのタネは火の通っていない生のお肉です!!

 

 

また、ひき肉は空気に触れる面が多く、ミンチになった瞬間から空気に触れているため、傷みやすいお肉なんです。

 

また、ハンバーグは手でコネて作りますよね?

 

いくら綺麗に洗ったとしても、手には雑菌がついているので危険です。

 

 

私は手袋をしているから大丈夫!!

 

 

なんて思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、ハンバーグには玉ねぎを入れますよね?

 

 

包丁やまな板にも雑菌はついているので、やはりハンバーグは菌が繁殖しやすい環境といえるでしょう。

 

 

食中毒の問題

では、なぜ常温だと細菌が繁殖しやすいのでしょうか?

 

ハンバーグのタネはご存知の通り、お肉でできています。

 

お肉には、サルモネラ菌やカンピロバクター、腸炎ビブリオなどの食中毒の原因菌がついている可能があります。

 

その菌が繁殖してしまうと、食中毒を発生する危険があり菌を増やさないことが大切なんです。

 

 

細菌の多くは10℃以下では活動が鈍り、あまり増えなくなるんですよ!!

 

 

冷蔵庫内の冷蔵室の温度は、約3℃に設定されています。

 

室温では、冬場でも暖房をつけたりしていると22℃くらいにはなるので常温では保存できない料理といえます。

 

タネを作ったら、なるべく早く冷蔵庫に入れましょう。

ハンバーグを寝かせる基本的なやり方は?

ラップ

それでは、安心して美味しくハンバーグを食べられるようにするにはどうすればよいのでしょうか?

 

ハンバーグを寝かせる基本的なやり方はこちら!

 

  1. 作ったハンバーグのタネを1つずつラップに包む。
  2. 重ならないようにフリーザーパックに入れる。
  3. しっかり空気を抜きチャックを閉める。

 

 

先ほどもご紹介した通り、お肉は空気に触れると傷みやすくなります。

 

いくら冷蔵庫の中でも空気に触れてしまえば傷む原因になってしまいます。

 

そのため、1つ1つ丁寧にラップで包み、さらにフリーザーパックに入れることで空気に触れにくい環境を作ってあげましょう。

 

 

ハンバーグをさらに痛みにくくする方法とは?

ちなみに基本的なやり方の応用で、さらに痛みにくくする方法があるんです。

 

お肉は常温で保存すると傷みやすいことは先ほどもご紹介いたしました。

 

ということは

 

 

調理中も肉の温度を上げないことも大切ということ!!

 

 

炒め玉ねぎを入れる場合は、必ずしっかり冷めてから混ぜてください。

 

そして、私が実践したことのある方法はこちら。

 

  1. タネの入ったボウルを一回り大きな氷水の入ったボウルにつけてコネる。
  2. タネをコネる時に氷水で手を濡らしながらコネる。
  3. 最初は木べらなどを使い、途中から手でコネる。
  4. 最初から最後まで、すりこ木を使う。

 

色々な方法を試しましたが、おすすめは1番でした。

 

 

この方法なら、お肉の温度を下げずにコネることもでき、時間もかからず、手もそこまで冷たくないので効率よく作れます。

 

また氷水を使うことで、手の温度で脂が溶け出さないため旨味も閉じ込めることができるんですよ。

 

ぜひ、試してみてくださいね!


ハンバーグを寝かせすぎたら?

 

先ほどご紹介した通り、ハンバーグを寝かせる時間は1時間〜3時間がベスト!

 

しかし、ハンバーグを寝かせすぎたらどうなるのでしょうか?

 

 

ハンバーグを寝かせる時間は、最大でも1日が限度!!

 

 

いくら冷蔵庫に入れても菌は繁殖しにくくなっただけで、消えるわけではありません。

 

また、半日〜1日でひき肉の質は急激に落ち傷みやすくなります。

 

冷蔵庫の他の食材に臭いがうつったりする原因にもなりますので注意しましょう。

 

 

ちなみに、冷凍保存の場合は生だと約2週間、焼いてからだと約1ヶ月です。

 

お弁当用などに大量に作って保存する場合は焼いてからが理想ですね!

まとめ

ハンバーグを寝かせるを寝かせることには、たくさんのメリットと注意点がありました。

 

  • ハンバーグを寝かせることで、旨味が増しジューシーになる。
  • 寝かせないことで、パサパサになったり型崩れの原因になる。
  • 寝かせる時間は、1時間〜3時間までにする。
  • 常温保存は危険!必ず冷蔵庫に入れる。
  • 寝かせる時は空気に触れないように、しっかり包むこと。
  • 寝かせ過ぎは傷む原因に!1日が限度。

 

 

色々な注意点はありますが、寝かせる工程がとっても大切だということがわかりました。

 

 

私も自身の失敗から学び、今では毎回寝かせる作業をしています。

 

あなたもぜひハンバーグを寝かせて美味しくいただいてくださいね。

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!