ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!

ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!

ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!

ハンバーグをこねる

 

 

人気の高い献立といえば・・・ハンバーグ!

 

子供はもちろん大人も、ジューシーでボリュームのあるハンバーグ大好きですよね〜

 

 

そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。

 

こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。

 

 

しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか?

 

本当にこねるとおいしくなる?

 

 

そもそもなぜこねる!?

 

 

ということで今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!


ハンバーグをこねるのはなぜ?

なぜ

 

 

肉の粘り気が強くなり、肉汁を閉じ込めることができる!

 

 

よくこねたハンバーグはふんわりと焼き上がり、肉汁が溢れておいしくなります。

 

 

こねると肉に粘り気が出てきて、肉同士がしっかりとくっついた状態になるんです。

 

そうするとハンバーグ内の肉汁が外に出てしまうことなく閉じ込めることができるのです!

 

 

お肉さんたちが手と手を取り合ってしっかりとガードを固め、肉汁君が脱走するのを防いでくれるんですね!

 

 

よくこねたものに比べ、こね方が足りないハンバーグは薄っぺらく、固くなってしまいます。

 

 

ハンバーグという料理は、肉だねを作って焼くだけ!というシンプルな料理だからこそ、工程の一つ一つで味がかなり左右されます。

 

 

膨らまずパサパサした残念なハンバーグにしないためには、肉汁を逃がさないためにもよくこねる必要があります!


ハンバーグをこねる時間や手順は?

  1. まずはひき肉と塩だけでこねる!
  2. 肉の脂が溶け出さないように冷やした手で!
  3. 長い時間はかけず粘り気が出るまでこねる!

 

 

まずはひき肉と塩だけでこねる!

よく冷えているひき肉に、まず塩だけを入れてこねます。

 

 

卵やパン粉を入れるのはちょっと待ってください!

 

 

塩の働きでひき肉から“ミオシン”というタンパク質が溶け出してきます。

 

そのタンパク質がくっつきあって網目状になるため、水分が抜け出すのを防いでくれます!

 

 

そのため焼いた時に肉汁がハンバーグの中にしっかりと残って、ジューシーな仕上がりになります。

 

 

塩の量はひき肉に対して0.8〜1%がよいでしょう。

 

200gのひき肉に対して1.6〜2gの塩を入れます。

 

小さじ3分の1くらいですね。

 

 

人は0.8〜1%の塩が利いていると脳がおいしいと感じるようです!

 

この塩分濃度は他の料理にも同じことが言えますよ。

 

肉の脂が溶け出さないように冷やした手で!

ひき肉に熱が伝わると、おいしい脂が溶け出してしまうのです!

 

 

そうなってしまうとジューシーさを失った、パサパサの残念ハンバーグが完成してしまいます。

 

人の手は、脂が溶けるには十分の温かさなんです!

 

 

そんなあったか〜い手でコネコネこねるほど、どんどん脂が解け出してしまいます。

 

 

なので手でこねる時は、よーーく手を冷やすことが重要です!

 

冷水で手を冷やし、“冷たーい!痛い!”となるくらいまで冷やしましょう。

 

 

ひき肉の入っているボウルを氷水に浸しながらこねるのもいいですね!

 

もちろんひき肉自体もしっかりと冷えている状態じゃないといけません。

 

長い時間はかけず粘り気が出るまでこねる!

肉を握り潰すようにしっかりとこねましょう!

 

 

脂身と赤身の部分が完全に混ざり、全体が白っぽい状態になるまでです。

 

 

しかし長い時間手でひき肉に触れていると脂が溶け出してしまうので、ゆっくりダラダラとこねるのはNGです!

手を汚さないでハンバーグをこねる方法!

すりこぎ棒

 

 

すりこぎ棒を使いましょう!

 

 

先ほど紹介した通り、ハンバーグをこねる時の大きな敵は熱が加わることです。

 

どんなに手を冷やしてもすぐ温かくなってしまうし、手の汚れも気になります。

 

 

よく洗ったとしても爪の間にたねが入り込んだりして嫌ですよね〜

 

冬場は冷たーいひき肉を触っているだけでもかなりつらい…

 

 

調理用のビニール手袋を使えば手は汚れなくても、温度はひき肉に伝わってしまうし・・・

 

 

そんな時!すりこぎ棒を使うのがおすすめです!

 

 

ひき肉に塩を入れたら、すりこぎ棒で上から突いて圧力をかけ潰していきます。

 

繰り返し潰していくうちに、肉を突いた時に粘り気があり、ボウルが浮くくらいが目安です!


まとめ

以上、要点をまとめると・・・

 

  • ハンバーグをよくこねるのは肉汁を逃がさないため!
  • 必ず先に塩を入れて、潰すように粘り気が出るまでこねる!
  • 手でこねるよりすりこぎ棒を使う!

 

 

肉汁が溢れるハンバーグに憧れているのに、家で作るのは別物に・・・

 

溢れ出すどころかなんかパサパサ…これ肉団子?というような。

 

 

そんなお悩みも塩とすりこぎ棒を使うことで解決できます!

 

 

先に塩を入れることがこんなに重要なことだとは知りませんでした。

 

 

私は今までボウルに入れたひき肉に、卵やら牛乳やらパン粉やら…とりあえず全部ぶっこんでからこねていました!(笑)

 

もちろん冷やしてもない、よく洗っただけの手でコネコネ。

 

 

そういえばこねた後の手はベタベタのギトギトになっていました。

 

あの時おいしい脂が溶け出していたんですね〜

 

あ〜もったいない・・・

 

 

みんなが大好きなハンバーグだからこそ、コツをつかんでおいしく作りたいですよね!

 

しっかりとコツを守れば意外と簡単に作れます。

 

 

ハンバーグをこねる時、どうやって?どれくらい?と悩んでいる方のお役に立てれば嬉しいです!

 

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!