ハンバーグを美味しくする調味料は何?基本の調味料や隠し味を紹介!

ハンバーグを美味しくする調味料は何?基本の調味料や隠し味を紹介!

ハンバーグを美味しくする調味料は何?基本の調味料や隠し味を紹介!

ハンバーグ

 

子どもが大好きな食べ物、ハンバーグ。

 

家で作ると、固くなったりパサパサだったりと、なかなかお店のようにうまくいかない。

 

 

お店で食べるような美味しいハンバーグを作りたい!

 

 

そう思ったことありませんか?

 

 

ハンバーグを作るとき、いつもの調味料にあるものを加えると、美味しくなるんです。

 

今回、ハンバーグを美味しくする調味料、基本の調味料や隠し味について紹介します。


ハンバーグに入れる基本の調味料!

ナツメグ

 

ハンバーグを作るとき、肉以外で使われる基本の材料は、

 

  • たまねぎ
  • 溶き卵
  • パン粉
  • 牛乳
  • ナツメグ
  • 塩コショウ
  • ソース(トマトケチャップ、ウスターソース)

 

です。

 

 

ナツメグは肉の臭い消しで、ハンバーグ作りでよく使われています。

 

溶き卵は、ハンバーグの形を整えるのと、肉汁が逃げないよう旨味を閉じ込めてくれます。

 

 

パン粉はつなぎで使い、肉汁が外に流れ出ないようにジューシーさを保つために使います。

 

牛乳は、肉の臭みを取って柔らかくしてくれます。

 

 

ハンバーグを作るとき、牛乳にパン粉を浸して肉と混ぜますよね。

 

混ぜる理由は、肉と卵だけではたんぱく質だらけで固いハンバーグになってしまうので、牛乳とパン粉を入れることでハンバーグをふっくらと柔らかい食感にするためなんですね。

 

牛乳とパン粉の量を調節すると、ハンバーグの柔らかさを調節できますよ。

 

 

私の場合、この基本の材料でハンバーグを作ると、ふっくら感やジューシーさが足りなかったんです。

 

基本の材料にある食材を加えて作ったら、やわらかジューシーなハンバーグになったんですよ。

 

食材だけではなく、作り方にもコツがあったんですけどね。

 

 

基本の材料に加える食材、隠し調味料を紹介します。

 

やわらかジューシーなハンバーグの作り方は後ほど紹介しますね。


ハンバーグを美味しくする隠し調味料!

味噌

 

ハンバーグを作るときに加えると美味しさがUPする隠し調味料は、

 

  • 味噌
  • マヨネーズ
  • 牛脂

 

 

味噌は大豆から作られる発酵食品で、大豆が分解されてできたアミノ酸(主にグルタミン酸)が旨味となって、さらに塩味・酸味・甘味が調和されて美味しさを作っているそうです。

 

そんな味噌を加えることで、旨味とコクが加わってハンバーグをより美味しくしてくれます。

 

 

麩はパン粉より吸水力が強いので、より肉汁をハンバーグに閉じ込めてくれます。

 

麩はパン粉の代わりに使います。

 

 

ドレッシングは油が分離しているので、使うときは容器を振って混ぜて使いますが、マヨネーズは油で作られているのに全体がクリーミーな状態。

 

これは卵黄がつなぎとなって酢と油が分離することなく乳化しているので、クリーミーな状態なんですね。

 

マヨネーズの乳化された粒子の細かい油が肉に加わることで、ハンバーグが固くならずにジューシーにしてくれます。

 

 

牛脂はスーパーの肉売り場の片隅に置いてあるキューブ状の白いもので、牛の油を精製して固めてできていて、肉に牛脂を加えるとハンバーグの肉汁が増えてジューシーになります。

 

 

私の場合、ハンバーグを作る基本の材料に味噌・麩・マヨネーズを加えています。

 

味噌、マヨネーズを加えているので塩は使っていません。

 

私の隠し調味料、味噌・麩・マヨネーズがハンバーグに旨味とコクをだし、柔らかくジューシーにしてくれて、以前より美味しいハンバーグが作れるようになりました。


ケチャップやソースなどの調味料を使った煮込みハンバーグレシピ!

 

煮込んだソースをご飯にかけて食べたくなりますよね。

 

煮込みハンバーグのレシピを紹介します。

 

材料4人分

  • 合いびき肉・・・・・400g
  • たまねぎ・・・・・・1個
  • 麩・・・・・・・・・20g
  • 牛乳・・・・・・・・大さじ4
  • 卵・・・・・・・・・1個
  • マヨネーズ・・・・・大さじ2
  • 味噌・・・・・・・・大さじ1
  • コショウ・・・・・・適量
  • ナツメグ・・・・・・適量
  • 油・・・・・・・・・適量
  • A水・・・・・・・・150t
  • A酒・・・・・・・・大さじ1
  • Aケチャップ・・・・大さじ3
  • A中濃ソース・・・・大さじ2
  • A砂糖(お好みで)・・大さじ1
  • Aしめじ・・・・・・・・・・適量

 

作り方

  1. たまねぎはみじん切りにして油で飴色になるまで炒め、熱をとって冷蔵庫で冷やしておく
  2. 麩はおろし器か棒で叩いて細かくし、牛乳に浸して冷蔵庫で冷やしておく
  3. ボウルに合いびき肉、1、2、卵、マヨネーズ、味噌、コショウ、ナツメグを入れて木べらで粘りがでるまで混ぜる
  4. 3を両手でパンパンと空気を抜いてハンバーグの形にし、真ん中をくぼませて冷蔵庫で1〜2時間冷やす
  5. フライパンに油をひいて、中火でハンバーグの両面に焼き色がついたら一旦お皿にだしておく
  6. フライパンにAを入れてひと煮立ちしたら、焼いたハンバーグを入れて煮込んだらできあがり(ソースの味はお好みで調節してください)

 

 

ハンバーグを焼く前の手順(1〜4)まで、できるだけ肉の温度を上げないようにすることがコツです。

 

材料は冷蔵庫で冷やす、肉と材料を混ぜるときは手ではなく木べらで、焼くまで冷蔵庫で冷やしておくなど。

 

手の温度で肉の油が溶けだしてしまうので、焼くまで油がでていかないように肉の温度を低く保つことで、ジューシーなハンバーグができますよ。

 

 

私の場合、ハンバーグを成形するまで肉の温度に気をつけていませんでした。

 

手で混ぜないようにして冷蔵庫で冷やすようにして、さらにマヨネーズと麩を使うようになったら、やわらかジューシーなハンバーグが作れるようになりました。

まとめ

ハンバーグを美味しくする調味料、基本の調味料や隠し味について紹介させていただきました。

 

まとめると、

 

  • 味噌は旨味とコクをだす
  • 麩は吸水力が高く、肉汁を閉じ込める
  • マヨネーズは柔らかくジューシーにする
  • 牛脂は肉汁をUPする
  • 牛乳、ナツメグは肉の臭みを取る
  • ハンバーグを焼くまでは肉の温度を低く保つ

 

です。

 

 

私の場合、ハンバーグに柔らかさやジーシーさが足りませんでした。

 

味噌、麩、マヨネーズを加えて、さらにハンバーグを作るときの温度に気をつけるようにしたら、柔らかいジューシーなハンバーグができるようになりました。

 

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!
ハンバーグの中が赤い生焼けを食べてしまった!焼いても赤い場合もある?
ハンバーグを焼いて、さあ食べようと思ったら中身が赤かった!ということってありますよね? また、ハンバーグの生焼けを食べてから、中身が生焼けだったことに気づいたという方も多いと思います。 そこで、ハンバーグの生焼けを食べてしまった場合どうすればいいのか、ハンバーグの生焼けを防ぐ焼き方などをご紹介いたします。
ハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味は?なしでも作れる?
ハンバーグにつなぎの材料を使う手間がなくなれば、大分楽になりますよね。 そこで、ここではハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味について、ハンバーグはつなぎなしでも作ることができるかなどについてご説明いたします。 また、ハンバーグの小麦粉を使った場合と使わなかった場合のレシピもご紹介いたしますね。
牛肉100%のハンバーグは合挽き肉より美味しい?生焼けでも大丈夫?
ハンバーグ作りの際に、牛肉100%のものは合挽き肉のものよりも美味しくなるのでしょうか。 ここでは牛肉100%のハンバーグが合挽き肉よりも美味しくなるのか、調理方法はどのようにすれば良いか詳しく紹介させていただきます!
ハンバーグソース代わりに焼肉のたれは使える?マヨネーズを混ぜてもおいしい?
ハンバーグを作ろうと思ったけど、いつも同じソースじゃ飽きた。 たまには味変したいと思い、焼き肉のたれを試してみました。 そしたら思いのほかおいしかったのでレシピを紹介します!