ハンバーグの中が赤い生焼けを食べてしまった!焼いても赤い場合もある?

ハンバーグの中が赤い生焼けを食べてしまった!焼いても赤い場合もある?

ハンバーグの中が赤い生焼けを食べてしまった!焼いても赤い場合もある?

ハンバーグ

 

ハンバーグの生焼けを食べてしまったことはありますか?

 

ハンバーグを焼いて、さあ食べようと思ったら中身が赤かった!ということってありますよね?

 

 

また、ハンバーグの生焼けを食べてから、中身が生焼けだったことに気づいたという方も多いと思います。

 

ハンバーグの生焼けを食べたら食中毒になるのでは!?と心配になりますよね。

 

 

実はハンバーグの生焼けは危険です。

 

 

 

 

ハンバーグの生焼けを食べてしまった場合どうすればいいのか、ハンバーグの生焼けを防ぐ焼き方などをご紹介いたします。


ハンバーグの生焼けを食べてしまったらどうすればいい?

 

ハンバーグの生焼けを食べてしまったことに気づいたら、大丈夫なの?と焦りますよね。

 

なので、私は食べる前に、ハンバーグを切って中身が赤くないか確認してから食べます。

 

 

食べてしまってから生焼けの状態だったことに気づいた場合ですが、ハンバーグの生焼けを食べたからといって、すぐに病院に行く必要はありません。

 

なぜなら、ある程度お肉を焼いて加熱していれば、菌はほぼ死滅しているため、食中毒になることはほとんどないからです。

 

 

豚肉には寄生虫がいることがあるという話を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、現在では、国産のお肉も外国産のお肉も菌はほぼいない状態になります。

 

もしも、食中毒になったとすると、早くて2?3時間で、遅くても72時間で症状が出て来ます。

 

 

嘔吐や腹痛など症状が出たら、すぐに病院を受診してください。

ハンバーグをよく焼いても赤いままの場合もあるの?

 

ハンバーグを焦げるくらい焼いても中身が赤いことってありませんか?

 

私はいくら焼いても中身が赤いままのことがあり、焦げるくらい焼きましたが、色が変わらなかったことがあります。

 

 

実は、ある成分によってハンバーグは焼いても赤いままの状態を保つことがあると言われています。

 

その成分は野菜やビーフコンソメにも含まれていることがある、亜硝酸塩になります。

 

 

ハムやコンビーフが赤いように、肉の色素のミオグロビンが亜硝酸塩と結びつくことで、加熱しても分解されずに赤いままになることがあるのです。

 

亜硝酸塩は野菜以外にも、岩塩や香辛料にも含まれています。

 

 

そのため、冷蔵庫に置いている間にミオグロビンとの反応が進み、結果として、ハンバーグを焼いたときに中身が赤いままになってしまうのです。

 

この場合は、きちんと加熱されているので、食べても食中毒にはなりません。

 

 

さらに、肉を冷蔵庫に入れっぱなしにせず、すぐにこねて焼き上げれば、亜硝酸塩とミオグロビンの反応を防ぐことができ、ハンバーグを焼いた後、中身が赤いということを防ぐこともできます。

ハンバーグの生焼けを防ぐ焼き方!

ハンバーグの焼き方

 

ハンバーグの生焼けを防ぐために気をつけなければならないことは、火加減とハンバーグの厚さです。

 

ハンバーグを焼くとき強火で焼き色をつけてから、中火で焼くと綺麗に焼けますが、表面が焼けただけで、中に火が通っているかわかりませんよね。

 

 

そのため、ハンバーグを焼くときには弱火〜中火で焼くことが大切です。

 

焼く手順としては、まず冷たいフライパンの上にハンバーグを乗せ、そのまま弱火でじっくりと焼いていきます。

 

 

途中で出てきた油はこまめに拭き取って、ハンバーグの下半分が白くなったらひっくり返しましょう。

 

そして、表面がふっくらと盛り上がって、油が少し汗をかいている状態が焼きあがりになります。

 

 

そのほかに、ハンバーグの中身を赤く生焼けにしない方法として、蒸し焼きにする方法があります。

 

こちらの方法は先ほどとは違い、まず最初に両面を強火で焼き上げます。

 

 

その後、火を弱火にして、フライパンに蓋をします。

 

蒸し焼きにする時間はハンバーグのサイズや厚さによって変わりますが、5?8くらい様子をみてください。

 

 

ハンバーグに串を刺し透明な肉汁が出てきたら完成です。

 

中身を確認しないと心配という方の場合は、ハンバーグを四等分して中身を確認するのもいいと思います。

 

 

四等分にしたハンバーグはおしゃれに飾りつけ、ソースをかけたら切っていても気にならないかと思います。


まとめ

 

ハンバーグを焼くとき、中身が赤いままにならないように、じっくり焼いたり、強火で焼いたり、それぞれだと思います。

 

しかし、食中毒になることはほとんどありませんので、安心して食べてください。

 

 

それでも赤いままのハンバーグだと気になるという方は、弱火でじっくりと時間をかけて焼く方法をおすすめします。

 

強火で最初に焼き目をつけてしまったら、中身が焼けずに外だけ黒焦げになってしまうこともあるので、火加減には十分気をつけてくださいね。

 

 

最初に強火で焼く場合には蒸し焼きの方法で焼くと生焼け防止になりますよ。

 

蒸し焼きにするときには、途中から火を弱火にすることを忘れないでください。

 

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!
ハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味は?なしでも作れる?
ハンバーグにつなぎの材料を使う手間がなくなれば、大分楽になりますよね。 そこで、ここではハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味について、ハンバーグはつなぎなしでも作ることができるかなどについてご説明いたします。 また、ハンバーグの小麦粉を使った場合と使わなかった場合のレシピもご紹介いたしますね。
牛肉100%のハンバーグは合挽き肉より美味しい?生焼けでも大丈夫?
ハンバーグ作りの際に、牛肉100%のものは合挽き肉のものよりも美味しくなるのでしょうか。 ここでは牛肉100%のハンバーグが合挽き肉よりも美味しくなるのか、調理方法はどのようにすれば良いか詳しく紹介させていただきます!