ピーマンが変色!赤やオレンジなら栄養たっぷり?茶色は危険?

ピーマンが変色!赤やオレンジなら栄養たっぷり?茶色は危険?

ピーマンが変色!赤やオレンジなら栄養たっぷり?茶色は危険?

ピーマンの変色

 

 

あ!ピーマンが赤くなってしまった!!

 

冷蔵庫からピーマンを取り出したら変色していた!!

 

 

そんな経験ありませんか?

 

 

この色が変わってしまったピーマンって食べられるのでしょうか??

 

 

今日はピーマンが変色していくその理由と、何色なら食べてもいいのか栄養価はどうかなど、ピーマンの変色についてご紹介していきます!


赤やオレンジに変色したピーマンは栄養たっぷり?

赤いピーマン

 

なぜピーマンは変色するの?

そもそもなぜピーマンは変色していくのでしょうか?

 

 

それはピーマンは、収穫後にも追熟が進む野菜だからです。

 

 

というのも普段私たちが食べている緑色のピーマン、実はまだ成長過程の野菜なんです!

 

 

私たちがピーマンと呼ぶ緑の野菜は、未成熟の状態で収穫され、販売されています。

 

そのため、私たちの手元に届いた後も、実はより熟そうとピーマンは活動を続けます。

 

 

その過程で、緑色の色素である葉緑体が壊れ、それと同時に赤の色素カプサチンが増えていきます。

 

 

結果、ピーマンの色がオレンジ色、そして最終的には赤色へと変色していくのです!

 

 

赤色のピーマンは食べられる?

答えはもちろん、”イエス!”です。

 

未完熟であった緑のピーマンが、追熟して色がオレンジや赤色に変わっただけですので、当然食べることができます!

 

 

赤いピーマンは栄養がたっぷりって本当?!

そうなんです。

 

追熟した赤いピーマンは、緑のピーマンよりも栄養価が高いといわれています!

 

 

具体的には、ビタミンCが2倍以上になるんだとか!

 

カロテンやカリウムも増え、栄養価は増大しています!

 

 

さらに、緑のピーマンに比べて完熟した赤いピーマンは、苦みが少なくなり、甘みが増します!

 

食感も柔らかくなります!

 

 

子どもをはじめとして、時に独特な味と苦みから嫌われがちなピーマンですが、赤いピーマンなら食べられる!という人も多いようです!


茶色になったピーマンは危険なの?

危険

 

では、茶色に変色したピーマンはどうなのでしょうか?

 

 

茶色のピーマンは、完熟をさらにこえ、痛んできてしまっている可能性があります。

 

また小さな傷や打撲から痛み始め、茶色になることもあります。

 

 

以下のような茶色いピーマンは、劣化している可能性が高いので、食べることを避けましょう。

 

 

皮のハリがなくしわしわになり始めているピーマン

ピーマンのハリをみることは、そのピーマンのよしあしを判断するのに一番簡単な方法です!

 

ハリがなくしわしわになり始めているピーマンは痛んできている証拠です!

 

 

ヘタから汁が出てきているピーマン

こちらもわかりやすい見分け方です。

 

ヘタの部分から汁が出始めているものは、中が腐り始めている証拠です。

 

 

種がかびているピーマン

また、ピーマンを切ってみて、種の状態を確認し、カビが生えているものはもちろん避けてくださいね!


ピーマンを長く保存する方法!

では、どうしたらピーマンを長く保存することができるのでしょうか?

 

その方法をご紹介します!

 

 

少し手間がかかりますが、するかしないかでは日持ちがまったく変わってきますので、長持ちさせたいときは、ぜひやってみてくださいね!

 

 

  1. 買ってきたピーマンをしっかり洗って、キッチンペーパーなどで拭きあげ、水気を取ります。
  2. 水気を完全に拭き取ったら、ひとつひとつ新聞に包むか、もしくはぴったりとラップに包んでジップ付きの袋に入れます。
  3. 袋ごと冷蔵保存します。

 

 

通常ですと、買ってきたピーマンは、冷蔵庫で1週間ほどしか日持ちしません。

 

 

しかし、この一手間をすることで、なんと約3週間は日もちするようになります!

 

 

 

ここで1点注意事項があります!

 

ここまでお伝えしてきたとおり、赤いピーマンは完熟したピーマンです。

 

完熟しているということは、緑の未完熟のピーマンよりも傷みやすく、日持ちがしません。

 

 

先ほどご紹介したピーマンの保存方法は、緑のピーマンのみにあてはまります!

 

 

オレンジや赤色に変色してしまったピーマンは、できるだけ早く食べ切るようにしましょう!

まとめ

日持ちはしないものの、甘味と栄養価が通常のピーマンよりも高い赤色のピーマン!

 

赤色になってしまった時でも、美味しく食べることができますよ!

 

 

一方で茶色のピーマンは、痛んでいたり、劣化しているピーマンですので、食べないようにしてくださいね!

 

 

私もよくピーマンを買ったことを忘れて、冷蔵庫の中で赤くなったピーマンにお目にかかります。

 

そんな時は、いつも生でサラダやマリネにして食べています!

 

柔らかくて苦みの少ない味が、サラダやマリネに良く合います!!

 

 

買ったときと違う色の野菜を冷蔵庫で見つけたとき、食べれるのかどうか、腐っているのかどうか迷ってしまいますよね。

 

 

しかし、ピーマンの場合、色が変わっていたとしてもすぐに捨ててしまわずに、今回の記事でご紹介したことを参考にしていただきながら、調理するか否かを判断していただければと思います!

 

ピーマンの色が変わってしまったときは、緑のピーマンとはまた違う食感と味をぜひ楽しんでみてくださいね!