ブロッコリースプラウトの効果とは!?がんや花粉症に効くって本当?

ブロッコリースプラウトの効果とは!?がんや花粉症に効くって本当?

ブロッコリースプラウトの効果とは!?がんや花粉症に効くって本当?

ブロッコリースプラウト

 

ブロッコリースプラウトは最近スーパーでもよく見かけるようになりました。

 

 

ブロッコリースプラウトとは「ブロッコリーの新芽」という意味で、ブロッコリーの種を発芽させた新芽の状態のことです。

 

見た目はカイワレ大根に似ていますが、味はもやしのようにこれといって印象に残る味ではないので比較的食べやすい食材です。

 

 

ブロッコリースプラウトには様々な栄養があり、その栄養分の高さからメディアでもたくさん取り上げられています。

 

そんなブロッコリースプライトの効果について紹介したいと思います。


ブロッコリースプラウトの栄養と効果は?

ブロッコリースプラウトには炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維の6大栄養素の他に、食物繊維も含まれています。

 

食物繊維が含まれているため、腸内環境を整えコレステロールを下げる効果もあります。

 

またスルフォラファンという第7の栄養素が含まれており、タンパク質やビタミンなどと同じように体にとってとても大切な成分です。

 

 

物がさびていくのと同じように、人も活性酵素という物質が生成されることによって、さびていきます。

 

さびていくというのは年を取り、シミ・そばかすができたり、老化していくことをさしています。

 

 

スルフォラファンは抗酸化酵素の働きを高めるため、身体が老化しさびていくのを防止し、シミ・そばかすの予防にもなり、アンチエイチングの効果がります。

ブロッコリースプラウトはがんや花粉症に効果アリ!?

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンには解毒作用と、抗酸化作用があります。

 

 

日常生活で様々な化学物質や食品には発がん性の物質が含まれています。

 

人体にそれらの物質が入ることによって活性酵素を生成しがんになりますが、人体にはそれらの物質を無毒化させる解毒酵素を持っています。

 

 

スルフォラファンはその解毒酵素の力を高める効果があり、また活性酵素を抑える抗酸化酵素という物質の効果を高めてくれます。

 

抗活性酵素が活発になることにより、新陳代謝も活発になります。

 

 

またスルフォラファンには高い除菌効果があり、胃炎や胃がんの原因になるピロリ菌からの感染予防と感染した時には殺菌する効果もあります。

 

ピロリ菌は一度感染すると除菌することが難しく、胃の壁を傷つけ、胃の抵抗力を弱めるため胃がんになりやすいです。

 

そのピロリ菌を除菌する効果が高いスルフォラファンは胃がんの予防にもつながるのです。

 

 

このようにスルフォラファンは体の中からがんを予防し、守ってくれるということです。

 

 

またスルフォラファンは花粉症の症状を軽くする効果もあります。

 

その中でもスギ花粉に効果があるようです。

 

 

花粉症になると鼻腔(鼻の中)で炎症が起こることにより、鼻水やくしゃみが出ます。

 

スルフォラファンは炎症を引き起こす細胞などが多く生産されないようにする働きと、アレルギーに対する抗体が過剰に作られることを抑える効果があるため、花粉症の症状が軽くなるのです。

 

スポンサーリンク

ブロッコリースプラウトでダイエット

ダイエットにとって重要な臓器は肝臓です。

 

肝臓では糖分や脂質を分解する働きがあるので、スルフォラファンが含まれるブロッコリースプラウトを食べることによって、肝臓の機能も良くなります。

 

その結果、糖質や脂質の分解が良くなり、ダイエットにつながります。

 

 

そしてスルフォラファンが脂肪細胞にも働きかける効果があるので、それにより消費カロリーが増加し、脂肪燃焼を活性化される効果があるので、ダイエットに効果的です。

 

 

またスルフォラファンには内臓脂肪の蓄積を抑える効果があり、ダイエットにも効果的です。

 

脂質の多い食事を食べる時にはブロッコリースプラウトを一緒に食べることによって脂肪の蓄積を抑え、メタボリックシンドロームの予防にもなります。

ブロッコリースプラウトの栄養と効果を十分に摂れるおすすめの料理法!?

たくさんの効果が期待できるブロッコリースプラウトですが、どのように食べれば栄養素がしっかりと取れるのでしょうか?

 

 

一番効果的な取り方というのは生で食べることです。

 

スルフォラファンは熱に強いですが、ブロッコリースプラウトを噛むことで結びつき効果を発揮するミロシナーゼという成分は熱に弱いので、生で食べるのが一番効果的のようです。

 

 

生で食べるならやっぱりサラダですね。

 

キャベツやトマト、水菜、玉ねぎ、人参などと一緒にあえてサラダにするのがいでしょう。

 

またはタコやササミ、魚のマリネなどと一緒に食べるのもいいですし、鶏肉や野菜と一緒に生春巻きにしてもいいでしょう。

 

よく噛んでスルフォラファンとミロシネーゼを結びつけることが効果を発揮させることにつながるので、スムージーにして成分を混ぜ合わせて飲むのも効果的です。

 

 

またスルフォラファンは摂取後、3日間は効果がありますので、3日に1回食べると効果が続きます。

 

スポンサーリンク

まとめ

ブロッコリースプラウトたったの20gにブロッコリー2個分のスルフォラファンが含まれています。

 

そのスルフォラファンはアンチエイジングやがん予防、花粉症の軽減、ダイエットなど多くの効果があります。

 

 

生で食べることが一番効果的に栄養素をとれますが、ブロッコリースプラウト自体には味がないので、他の野菜と混ぜ合わせ好きな味付けをしたり、魚や肉料理のトッピングに使ったりして美味しく、そしてずっと食べ続けることができるようにしたいですね。

 

 

最近ではスーパーでよく目にするブロッコリースプラウトなので、1年中手に入り、気軽に料理に使って栄養をとっていきたいですね。

 

また発芽後3日目はスーパースプラウトと呼ばれるほど多くのスルフォラファンが含まれており、自宅でも簡単に栽培ができるので、発芽後3日目を狙って収穫し食べるのもいいですね。

関連ページ

ピーマンが変色!赤やオレンジなら栄養たっぷり?茶色は危険?
あ!ピーマンが赤くなってしまった!! 冷蔵庫からピーマンを取り出したら変色していた!! このピーマンって食べられるのか? 今日はピーマンが変色していくその理由と、何色なら食べてもいいのか栄養価はどうかなど、ピーマンの変色についてご紹介していきます!
ふきのとうのアク抜きは必要?ふきのとうを使ったおすすめレシピは?
ふきのとうをとってきたけど、アク抜きって必要なのだろうか? ふきのとうも山菜だから、アク抜きが必要な気もするけど、どうやってするのかあいまいな時ってありますよね。 今回は、そんなふきのとうのアク抜きについて、また定番のレシピからちょっと変わったレシピまでご紹介していきます。
オクラは変色しても食べられる?変色を防ぐ保存方法は?
冷蔵庫で変色しているオクラを見つけて、どうしよう!と思ったことありませんか? 変色を防ぐ保存方法があるのなら知りたいですよね。 今回は、オクラは変色しても食べられるのかどうか、またその変色を防ぐ保存方法、新鮮なオクラの選び方についてご紹介していきます!
とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるの?適切な量で期待できる効果は?
とうもろこしって食べ過ぎると病気になる!? そんな噂を聞いたことがある人もいるかもしれません。 今回は、とうもろこしを食べ過ぎたら病気になるのかどうか、また適切な量を食べて期待できる効果についてご紹介していきます。
アボカドの食べ過ぎはカロリーオーバー?適量を摂るとどんな効果がある?
アボガドってついつい美味しいからとたくさん食べてしまいがち。 実はアボガドってカロリー高いんです! 体に良いとも聞いたことがあるけど、食べ過ぎるとどうなんでしょうか? 今回はそんなアボカドのカロリーや一日の適量について、また適量摂取した際の効果などについてご紹介していきます!
枝豆を食べ過ぎるとどんな影響がある?1日の適量はどれくらい?
枝豆の食べ過ぎって体に良くないのだろうか? 身体にどんな影響があるのだろうか? そんな風に思ったことはありませんか? 今日はそんな枝豆の食べ過ぎによる体への影響や適量、身体への効果について順番にご紹介していきます!
よもぎの簡単あく抜き方法!重曹ありなしの両パターンで美味しいよもぎ
よもぎを摘んできたけれどあく抜きの方法が分からない! あく抜きには重曹が必要だって聞いたけど、家に重曹がない! 今日はそんなよもぎの簡単なあく抜き方法と美味しい食べ方についてご紹介していきます!
ししとうの種はとる?とらない? 種の栄養成分とその効果とは?
ししとうを調理する時、種どうするの?と悩まれた方も多いのではないでしょうか。 私もはじめはよく悩んでました。 今回は、そんなししとうの種をとる?とらない?の疑問を解決します。 ぜひ参考にしてみてください。
さやえんどうが大きくなっても美味しく食べられる?保存方法は?
さやえんどうって大きくなると皮が硬くなっていたり、筋があったり、美味しく食べれることができるのかどうかいまいちわからないですよね。 今回はそんな大きくなってしまったさやえんどうは美味しく食べられるのかどうかについて、その保存方法やまたタネとして保存する方法なども合わせてご紹介していきます!
つくしってどんな味?美味しく食べられるおすすめのレシピは?
つくしってどんな味がするのだろう? 今回は、つくしはどんな味がするのか、どうしたら美味しく食べられるのかについて調べてみましたので、ご紹介していきます!
トマトは腐るとどうなる?カビが生えやすい?賞味期限は?
トマトが腐ると、どんな状態になるのでしょうか? また、賞味期限や正しい保存方法はどうなのでしょうか? 今回は、そんなトマトが腐るとどうなるかについて、詳しくご紹介したいと思います。
豆苗の豆は食べられるの?生でも食べられる?食べ方も紹介!
豆苗の豆って食べられるのでしょうか? 豆部分も可食部と考えたら、苗部分だけを料理に使用するより、かなりのボリュームアップになりそうだし、魅力的ではあります。 そこで今回は、豆苗の豆の部分は食べられるのか?ということについて確認していきたいと思います!
なすの種や斑点って食べられるの?腐ったなすの特徴とは?
なすをいざ食べようと思った時に、種や斑点のあるものは食べられるのか、気になったことはありませんか? 変色してしまっていると、腐っているのか不安になって食べられるのかと心配する方も多いと思います。 今回は、そんななすの種や斑点は食べることができるのか、正しい保存方法も一緒にご紹介したいと思います。
かいわれとスプラウトの違いは何?見た目や味の違いは?栄養価の差は?
かいわれとスプラウトってどちらもお店で見かけるけど違いは何でしょうか? かいわれとスプラウトの違いについて、見た目や味、そして栄養価の差も含めてご紹介していきたいと思います。
クレソンはどんな味?栄養価とおすすめの食べ方もご紹介!
初めて友人から新鮮なとれたてのクレソンをもらった時、どんな味なのか想像ができず恐る恐る食べたのを今でも覚えています。 味だけでなくクレソンにどんな栄養価があるのかも気になりますよね。 今回はそんなクレソンの味、栄養価、そしておすすめの食べ方についてご紹介していきます!
なすは茶色になったら捨てるべき?茶色になるのはなぜ?
なすを切っていざ調理しようと思ったら茶色になっていた!なんて経験があり、その度に食べて大丈夫なのかどうなのか迷っていました。 そもそもなぜなすは茶色になるのか原因を知って、その変色を防げたら嬉しいですよね。 今回はそんななすについて、茶色になったら捨てるべきなのかどうか、そして茶色になるのはなぜなのかについて、変色防止方法も含めてご紹介していきます!
しなびた春菊を復活させる方法と春菊のおすすめの食べ方!
冷蔵庫に入れておいたはずの春菊が、買って数日後にしなびてしまった経験ってありませんか? しなびてしまっても復活させることができたら料理しやすいし、嬉しいですよね。 今回はそんなしなびた春菊を復活させる方法とおすすめの食べ方についてご紹介していきます!