ホットケーキミックスの代用品が知りたい!代用に使える粉はなに?

ホットケーキミックスの代用品が知りたい!代用に使える粉はなに?

ホットケーキミックスの代用品が知りたい!代用に使える粉はなに?

ホットケーキ

 

卵と牛乳を加えるだけで、誰でも簡単にホットケーキが作れる、ホットケーキミックス。

 

子供のおやつや朝ごはんなどにも重宝し、ホットケーキミックス使用の簡単レシピなどもよく目にします。

 

 

しかし、いつも常備というわけにもいかず、ホットケーキを食べたいときに限って家に無い、なんてことも…

 

 

そんな時は、何か他のもので代用できないのかな?と考えますよね。

 

ホットケーキミックスを家にあるもので代用できれば、そして自家製のホットケーキミックスがつくれれば、もうホットケーキミックスを買わなくてもいいかも!?

 

さっそく、ホットケーキミックスの代用品について考えていきましょう。


ホットケーキミックスは何でできている?

ホットケーキ

 

そもそも、ホットケーキミックスのあの粉の正体って、何なのでしょか?

 

メーカーによって差はありますが、小麦粉・砂糖・食塩・ベーキングパウダー・香料、というのが、共通して含まれている原材料のようです。

 

その他メーカーによって、ブドウ糖や粉末水あめ、乳化剤、着色料などの添加物を加えています。

 

 

ホットケーキミックスのメインになるのは、小麦粉です。

 

そして、ホットケーキミックスには砂糖を加えなくてもほのかに甘いホットケーキが出来上がるようになっていますから、その甘さを出すための砂糖やブドウ糖が加えられています。

 

 

さらに、ふんわり感を出すためにベーキングパウダーと、全体を締めるための食塩、こうばしく甘い香りを演出する香料。

 

ホットケーキミックスは、主にこういったもので構成されているんですね。

 

スポンサーリンク

ホットケーキミックスを代用できる粉は?

小麦粉

 

ホットケーキミックスの主原料は小麦粉であることがわかりましたので、ホットケーキミックスがない時には、小麦粉で代用することができそうです。

 

その小麦粉ですが、スーパーの小麦粉売り場には、強力粉と薄力粉という2種類の小麦粉が並んでいます。

 

2つの違いは粉に含まれるたんぱく質の量の違いで、強力粉は主にパンに、そして薄力粉は主に料理やお菓子に使われます。

 

ホットケーキをふわふわに仕上げるためにも、小麦粉は薄力粉を使用しましょう。

 

 

また、最近よく見かける米粉でも代用をすることができますが、全てを米粉だけでつくってしますと、独特のでんぷん質のおかげでかなりもちもちとした食感のホットケーキが出来上がってしまいます。

 

米粉を使いたい場合は、薄力粉と半分ずつ混ぜる形で使うのがおすすめです。

 

 

そしてホットケーキミックスには、小麦粉以外にも副材料がいろいろと含まれていましたよね。

 

実際にそれらの割合をどのようにしたらホットケーキミックスの代用品になるのか、見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

自家製ホットケーキミックスのレシピとメリット

ホットケーキ - レシピ

 

ホットケーキミックスがない時は、薄力粉を中心とした代用品で、自家製ホットケーキミックスをつくってみましょう。

 

基本的には、薄力粉と、薄力粉の15%程度の砂糖、3%程度のベーキングパウダーがベースとなります。

 

 

例えば、定番の森永のホットケーキミックスは、小分けの1袋が150gです。

 

これを代用品でつくる場合、薄力粉130g、砂糖20g、ベーキングパウダー4gを混ぜ合わせ、ひとつまみの食塩を加えれば完成です。

 

 

薄力粉はダマになりやすいので、ふるいにかけてから使いましょう。

 

 

150gのホットケーキミックスに対しては卵1個と牛乳100mlと加えて混ぜるとタネができますので、上記の配合で混ぜ合わせた粉類に、卵1個と牛乳100mlを加え、好みで香りづけのバニラエッセンスなどを加えます。

 

それを焼けば、ホットケーキの完成です!

 

 

自家製ホットケーキミックスのいいところは、添加物を排除できることと、毎回新鮮な状態で使えること、そしてアレンジが効くことです。

 

ホットケーキミックスには糖類が多く入っているので、使いかけの粉を輪ゴムなどで縛って常温で保管しておくと、知らないうちに小さな虫が湧いていた!なんてことが珍しくありません。

 

 

そういう事にならないために、保存性を高める添加物が添加されている商品もありますが、毎回使う分だけ自家製ホットケーキミックスをつくれば、そのどちらの心配も無用ですよね。

 

 

また、砂糖を増やして、シロップなどかけずそのまま食べてもおいしいホットケーキをつくったり、逆に砂糖を減らして、パンケーキ風のホットケーキをつくることもできます。

 

薄力粉の一部をココアパウダーや抹茶パウダーに変えることで、簡単に生地のアレンジも楽しむことができますね。

 

 

このように、自家製ホットケーキミックスをつくるのは、代用だけではないさまざまなメリットがあります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ホットケーキミックスは、意外にもシンプルな材料で代用することができます。

 

ベーキングパウダーがない場合には、卵を加える際に卵黄と卵白に分け、卵白をメレンゲ状に泡立てて加えることで、ふわふわ感を出すこともできますよ。

 

 

ベーキングパウダーも添加物のうちに入りますから、メレンゲを加える方法であれば、完全に無添加の、お子さんにもやさしいホットケーキがつくれますね。

 

 

家にある代用品でまかなえるのであれば、もうホットケーキミックスは不要かも?!

 

自分なりのアレンジで好みのレシピを探すのも、自家製ならではの楽しみ方と言えそうです。

関連ページ

ベーキングパウダーの代用品、重曹以外にも使えるものはある?
普段お菓子づくりをしない人は、ベーキングパウダーを家に常備していないことも多いですよね。 でも1回のためだけに買うのも面倒だしもったいないし、と思うと、何かで代用できるなら、それで済ませてしまいたいところ。 ベーキングパウダーを食用重曹で代用するという話はよく聞きますが、それ以外にも代用できるものはあるのでしょうか?
コーンスターチと片栗粉は互いに代用できる?2つの粉の違いとは?
どちらも、料理にとろみをつける目的で使われることの多い、コーンスターチと片栗粉。 詳しい違いはわからないけれど、なんとなくその時に家にある方を使っている、という方もいるかもしれません。 今回は、コーンスターチと片栗粉の違いや、互いに代用できるのかについてご紹介します。
ホットケーキにメレンゲでふわふわに!お店のパンケーキを作るには?
あなたはホットケーキといわれると、どんなイメージをしますか? このホットケーキですが、メレンゲを利用するとふわふわで、お店のパンケーキにみたいに作ることができるのを知っていますか? 今回はホットケーキがふわふわになる作り方やお店の味に近づける方法を紹介します。
ホットケーキをふっくら分厚く焼くには?材料や焼き方を変えるだけ!?
自宅でふっくら分厚いホットケーキを焼くのは難しいの? コツさえ掴めればホットケーキをふっくら焼くことはそこまで難しくはないんです。 そこで今回はホットケーキを焼く際のポイントを詳しくみていきましょう。
ホットケーキミックスの分量は?ベーキングパウダーなしや一人分の分量は?
ホットケーキミックスの分量ってどれくらい?! 自分で作れるのだろうか!? ベーキングパウダーがなくても作れる? ホットケーキの疑問についてお答えしていきます!
ホットケーキの美味しい食べ方!おすすめのアレンジ方法も!
ホットケーキ大好きだけど、バターや蜂蜜は飽きてきたなあ。 そう思ったことはありませんか? 今日はそんなホットケーキの美味しい食べ方、別のソース、アレンジの仕方についてご紹介していきます!
ホットケーキの焼き色をむらなく綺麗にするには?油の量や火加減に注意!
私は娘ができてから 絵本に出てくるような綺麗なホットケーキを食べさせてあげたい!! と焼き色にむらがなく焼けるようになろうと調べることにしました。 ホットケーキの焼き色をむらなく綺麗に上手く焼く方法をご紹介したいと思います。
小麦粉と片栗粉の違いは?お互い代用できる?他の粉物は?
小麦粉と片栗粉って見た目同じだけど、何が違うのでしょうか。 お互いに代用できるのでしょうか? 今回はそんな小麦粉と片栗粉の違いについて、またそれぞれの粉は代用しあえるのか、そして他の粉ものでは代用できるのかどうかなどについてご紹介していきます!
ホットケーキの生焼けは危険!?小麦粉の生食で腹痛に?生焼けを防ぐには?
ホットケーキを焼く時 「もう焼けているのかな?」 「中まで火が通っているの?」 なんて悩みませんか? 私はよく悩みます。 だって見た目だけでは判断が難しい! いざ食べようとしたら“半生だった…”ということが。 ということで今回はホットケーキの生焼けについて、食べてしまった時や生焼けにならない対処法を紹介したいと思います!