卵は毎日食べても大丈夫?2個以上食べるメリットとは?

卵は毎日食べても大丈夫?2個以上食べるメリットとは?

卵は毎日食べても大丈夫?2個以上食べるメリットとは?

卵かけごはん

 

卵ってどこの家庭でもストックされていて毎日食べる人も多いですよね。

 

そんな身近な食べ物、卵。

 

 

毎日食べても平気なのでしょうか?

 

 

いやむしろ毎日食べるべきです!

 

そこで今回はまだ知られていない卵を食べるメリットと、おすすめのレシピなども見ていきます。


卵は毎日食べても大丈夫?

どうなの

 

 

卵を毎日食べるのはなんとなくよくないイメージを持っている人はコレステロール値を気にしている場合が多いかもしれませんね。

 

 

卵を食べるとコレステロール値が上がる!

 

 

という話を耳にしたことがあるかもしれません。

 

ただこの話は実際科学的な根拠はないとされています。

 

しかもコレステロールってマイナスイメージが強いのですが実際は不足すると免疫力が下がるなどデメリットも多く適度に必要なものなのです。

 

 

そして毎日食べるのはあまりよくないとされる卵、毎日食べることで得られるメリットはとても多いんです!

 

では具体的な効果を見ていきましょう!


卵を毎日2個以上食べたら健康にいい?

栄養士

 

 

毎日食べるのはあまり良くないと思われがちな卵ですが実際は1日に2、3個食べることで得られるメリットも色々とあります。

 

 

脳の成長につながる

 

 

実はコリンという成分が卵には含まれているのですがこの成分は脳に働きかける効果があり、脳や細胞膜の修正や構成を促進してくれると言われています!

 

 

そコリンは大豆などにも含まれるのですが、卵はその3倍のコリンが含まれ、しかも食品の中で吸収されやすいと言われています!

 

 

特に取り入れてほしい人は認知症の方!

 

そして妊婦さん、授乳婦さんです!

 

しっかり不足しないよう心がけたいですね。

 

 

とにかく栄養価が高い!

 

 

卵というと栄養素がバランス良く含まれていることでも知られていますね。

 

例えばビタミンではビタミンA、D、E、B12、B6、B2、ルテインなんかがそうです。

 

また体に必要なカルシウムやマグネシウム、リン、亜鉛、鉄なんかのミネラルも豊富。

 

 

さらには同じミネラルの一種、オメガ3脂肪酸という物質はコレステロールを下げたり中性脂肪を下げたり、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞予防にも役立つと言われています!

 

 

卵1つでこんなにいろんな栄養は得られるのは驚きですね。

 

 

身体の意外な場所も丈夫に!

 

 

次に知られていない意外な効果として、髪の毛や爪、また骨も強くなります。

 

というのもこれらには卵に多く含まれるビタミンが欠かせないからです!

 

女性にとって大切な髪や爪…。

 

 

卵を食べて綺麗にしておきたいですね!

 

 

目に良い

 

 

目に良い成分とはビタミンAやビタミンB、ルテインなんかのことですね。

 

ビタミンAは角膜の生成に役立ちます

 

ビタミンBは代謝を良くして目の疲労を取り除き、ルテインは青色光をカットしてくれます。

 

 

こういったことから目に良いとされいるわけです!

 

 

ダイエット効果も

 

 

健康だけでなく実はダイエット効果も期待されています。

 

 

その理由は卵に含まれるコリンが中性脂肪の量を調節するから!!

 

 

また卵自体は腹持ちが良いのに低カロリーであることも関係しています。

 

2つも食べれば結構満足感がありますよね。

 

 

ただ、ゆで卵1つでだいたい91カロリー。

 

 

つまりご飯いっぱいよりも低カロリーなのです!

 

朝ごはんなんかに取り入れると良いかもしれません。


卵料理のおすすめレシピ

卵フライ

 

 

卵はそのまま卵かけご飯などにして手軽に食べても良いのですが、料理をすると栄養素を消化吸収しやすいと言われています。

 

 

例えばタンパク質は生卵が51%程度しか人に体では吸収できないのに対し、熱した場合91%も吸収が可能になるんだとか!

 

 

ですから出来れば調理して取り入れるべきです。

 

卵料理と一口に言ってもゆで卵に目玉焼き、卵焼きなど色々とあって何にしようか迷ってしまうかもしれませんね。

 

そこでちょっと変わった卵レシピを今回は紹介します。

 

 

半熟卵フライ

 

 

まずオススメが半熟卵フライです。

 

作り方は簡単でまず深さのある器にパン粉を入れておき、そこに卵を割り入れ上からパン粉をふりかけます。

 

 

次にフライパンで1.5cmほど油をしいてこれをあげるのです!

 

 

コツは温度を上げすぎないこと!

 

きつね色になったらひっくり返してください!

 

トロッと半熟が美味しいフライの完成です。

 

 

エッグスラット

 

 

まずボウルにマッシュポテトと温めた牛乳を加え混ぜ、粉チーズ、塩コショウをして味を整えます。

 

そして便などの耐熱容器に入れます。

 

 

そこに卵を割り入れてアルミホイルで蓋をしたら鍋に入れ、容器の3分の2くらいまで水を入れて火にかけ蒸しましょう!

 

 

卵が半熟になれば完成です!

 

海外で人気のエッグスラットの完成です!

 

見た目もオシャレで写真映えもバッチリですよ!


まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

普段何気なく食べている卵はイメージのように食べすぎると良くない!

 

 

ということはなくむしろ毎日取り入れた方が良いほどの健康効果があることがわかったかと思います!

 

 

脳の成長や髪の毛や目にも良いなんて意外ですよね!

 

 

ダイエット中は控えていたという方もぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

今回挙げた他にも料理の仕方次第でいろんな食べ方ができます!

 

 

子供から大人まで楽しめるメニューもたくさんあるので、いろんなレパートリーを作っておくと飽きずに家族みんなで食べられますね!

 

ぜひ卵をたべて、健康で美しい身体を手に入れましょう。

 

関連ページ

卵を生食できる期限って?賞味期限切れの生卵は危ない?
卵かけご飯やすき焼きなんかでも生卵は必須です。 でも賞味期限切れの生卵は食べても大丈夫なんでしょうか? 今回は卵は買って何日まで生で食べても問題ないかや、生食で気をつけるべきことについてもまとめていきます!
卵焼きが下手な主婦必見!簡単にふわふわ卵焼きを作るコツとは?
卵焼きって簡単なようで意外と失敗が多い料理ですよね。 うまく巻けなかったり、こびりついてしまったり…。 卵焼きが下手な主婦必見! 簡単にふわふわ卵焼きを作る方法をご紹介します!
卵の綺麗な割り方にはコツがある?もうこれで殻が入らない!
卵を割るとき、綺麗に割るにはどうしたらよいか知っていますか? これで殻は入らないという割り方があれば、入った殻をとる手間もなくなります。 卵の綺麗な割り方や殻が入ってしまう原因、卵を片手で割るコツを紹介します。
生卵はいつまで食べられる?賞味期限が切れたら食べられない?
スーパーの特売で安くなっているとついつい買ってしまい、冷蔵庫の中に卵が3パック… 卵は生ものだから、賞味期限が切れたら食べちゃだめなの?と悩みます。 今回は生卵について、賞味期限が切れてしまった場合、卵の保存方法について紹介したいと思います!
卵って消化に良いの?生卵とゆで卵で違う?
卵って美味しいけど、消化に良いのでしょうか? また生卵とゆで卵など、食べ方で消化も変わるのでしょうか? 今回は卵の消化はいいのか、また食べ方によって消化は変わるのかについてご紹介します。
卵はプロテイン摂取の代わりになる?卵何個食べればいい?
例えばプロテインの代わりに卵でタンパク質を摂ろうと思うと1日に何個の卵が必要なのでしょうか? 16個です。 そんなに食えるかい!(゚Д゚)ノってなりますよね(笑) 今回は素晴らしい栄養を持った卵とプロテインについて一緒に楽しく見ていきましょう(/・ω・)/