唐揚げの下味は一晩漬けたら長すぎ? 漬け時間による味の変化は?

唐揚げの下味は一晩漬けたら長すぎ? 漬け時間による味の変化は?

唐揚げの下味は一晩漬けたら長すぎ? 漬け時間による味の変化は?

唐揚げ

お弁当に普段のごはんにと、なにかと食卓にのぼる機会も多い、唐揚げ。

 

そんな唐揚げを作る時、下味に漬け込む時間に迷ったことはありませんか?

 

 

手が空いた時に漬け込んでおけば楽だけれど、漬かりすぎてしまうのもよくなさそう。

 

かといって、揚げる何分前に漬け込もうと、と思っていても、バタバタしているうちに忘れてしまっていた、ということも。

 

 

理想とする唐揚げの漬込みの時間にしても、ご家庭によって大きく差があるようですね。

 

今回は、唐揚げの漬込み時間と味の変化について、はっきりとさせていきましょう。


唐揚げの下味、一晩漬け込むのは長すぎ?

唐揚げの漬込み時間は、長くても2〜3時間程度のレシピが多いですが、1晩漬込むのも、長すぎではありません。

 

しっかりと味のついた唐揚げがお好みの場合は、1晩程度漬込んだ方が、味の濃い唐揚げを作ることができます。

 

 

ここでポイントなのは、「一晩」というところ。

 

「一晩」とは、だいたい8〜10時間程度のことを指します。

 

夜に下味に漬け込んでおき、朝、お弁当のために揚げる、というような想定です。

 

 

「1日」となるとまたかなり時間が長くなってしまいますので、要注意。

 

 

長く下味につけると、味が濃くなりすぎるだけでなく、鶏肉と下味の液体との浸透圧の関係で、鶏肉の内部から旨味成分が下味にしみ出てしまうので、ジューシーさが失われてパサついた唐揚げが出来上がってしまいます。

 

唐揚げの下味を一晩漬け込むのは長すぎではありませんが、逆に長くても漬け込むのは一晩程度にしておきましょう。

 

スポンサーリンク

漬け込み時間によって唐揚げの味はどう変わる?

長い時間下味につけておくと、それだけ唐揚げにしっかりとした味がつくと思いがちですが、そう単純な話でもないようです。

 

たしかに長く漬け込むと味は濃くしっかりつきますが、長く漬ければつけるほど、揚げた時に塩味が強調された味になります。

 

 

下味のレシピは様々ですが、醤油ベースにニンニクやしょうがの風味を効かせたものが多いと思います。

 

長く漬け込んでいくうちに、ニンニクやしょうがのパンチある香りは薄れてしまい、醤油のコクやうまみよりも「塩辛い」が強調された味の唐揚げに近づいてしまいます。

 

 

これは、前項でもご紹介した、浸透圧が関係しています。

 

塩味は、鶏肉の旨味成分を外に引き出し、空いたところにどんどん入り込んでいくのです。

 

 

また唐揚げを作る時、下味のレシピは、前提とする漬け込み時間と連動していますから、そこに記載の漬込み時間を守るのが大事です。

 

 

15〜20分というように漬け込み時間が短く記載されている場合、その短時間でしっかりと味がつくような、濃いめの配合になっています。

 

長い時間漬込むことを前提にする場合は、醤油などの塩味の割合を減らし、浸透圧でうまみと塩味が入れ替わるのをゆるやかにしてやる必要があります。

 

スポンサーリンク

おいしい唐揚げの下味レシピを紹介!

下味の漬け込み時間についてわかったところで、おいしく下味がつくレシピをご紹介します。

 

鶏もも肉300gに、味が染みやすいようにあらかじめフォークなどで穴をあけてから食べやすい大きさにカットし、下記の調味料を混ぜ合わせたものに漬け込みます。

 

漬け込み時間は、どれも30分程度で揚げてください。

 

王道にして定番!シンプル唐揚げ

  • 醤油・・・50cc
  • すりおろししょうが・・・大さじ1
  • すりおろしにんにく・・・大さじ1

 

シンプルにしてこれぞ定番!という唐揚げの味になります。

 

揚げたときに表面のカリっとした食感がお好みであれば片栗粉を、サクっとしてジュ・・・シ・・・さ重視の仕上がりがお好みであれば小麦粉をまぶしてから揚げます。

 

さっぱりなのにコショウがキリリ!塩にんにく唐揚げ

  • 鶏ガラス・・・プのもと・・・小さじ1/2
  • 酒・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1
  • すりおろしにんにく・・・大さじ1
  • ブラックペッパ・・・・・・適量

 

いつものお醤油風味の唐揚げに飽きたら、にんにくとブラックペッパ・・・が効いた中華風の唐揚げはいかがでしょか?

 

酒を紹興酒に変えると、より本格的な味わいになります。

 

粉をつけるときに、ごまを混ぜて一緒にまとわせるのもおススメです。

 

辛さがやみつき!韓国風唐揚げ

韓国風唐揚げ

  • 酒・・・大さじ2
  • コチュジャン・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ1
  • 醤油・・・小さじ1
  • すりおろししょうが・・・小さじ1
  • すりおろしにんにく・・・小さじ1

 

 

下味に辛調味料のコチュジャンを加えると、一気に韓国風な唐揚げに仕上がり、ビールがすすむ1品になります。

 

 

辛いのが好きな方は、さらに豆板醤小さじ1を加えてホットな唐揚げに。

 

逆に辛いのが苦手な方は、はちみつ大さじ1を加えると、辛さがまろやかになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

唐揚げにはかかせない、下味の漬け込み。

 

漬ける時間が長くなれば、その分味が濃くなるだけかと思いきや、塩味が強くなりすぎたり、旨味を失ってしまったりと弊害も出てきますから、長くても一晩、という時間には留意したいですね。

 

 

下味のレシピもご紹介しましたが、他にもカレーパウダーや山椒、ゆずこしょうなど、冷蔵庫にあるものを定番下味に“ちょい足し”すると、またいつもとはちがった唐揚げを味わえます。

 

バリエーション豊富な下味を適切な時間漬け込みして、いろいろな味付けで唐揚げを楽しんでくださいね。

関連ページ

手巻き寿司の具の人気ランキング!おすすめの変わり種ネタも!
好きな具材を選んで、作りながら食べる手巻き寿司は、日常とは違って盛り上がりますよね。 でも、手巻き寿司の準備の際に、何を用意するか悩んだことはありませんか? 今回は、手巻き寿司の人気ランキングベスト10と、パーティーに使える変わり種ネタや、サイドメニューについても紹介します。
すき焼きの正しい食べ方は? 関東と関西の違いやおいしく作るコツも紹介!
ちょっとしたご馳走として、家族でのお祝いに欠かせないのが「すき焼き」! 地域によって大きく違う作り方や食べ方、そもそも正しい食べ方とはどんなものか。 たまにしか食べないこともあって意外と知らない「すき焼きの基礎知識」について解説をしていきます
「冷やし中華にマヨネーズ」は、地域特有?その発祥地域と実践地域とは?
冷やし中華に調味料なんてついてくるの?という方もいるかもしれませんね。 その一方、冷やし中華といえばマヨネーズありきだろう!という方も、実は少なくないのです。 冷やし中華をたのめばマヨネーズがついてくるのは当たり前、というところもあり、地域によって冷やし中華の常識は多岐にわたるようです。 ということで、今回は冷やし中華マヨネーズ論を掘り下げてみたいと思います。
ピーマンの肉詰めの冷凍方法は生?焼いてから?弁当への入れ方は?
ご飯のおかずや、お弁当にも人気のピーマンの肉詰め。 ひき肉の量や、ピーマンの数によって、ついつい多く作りすぎてしまうことって、ありますよね。 そんな時は、次の日に使用することもできますが、冷凍保存をしておくと、長期保存が可能になり、お弁当にも利用できるで、便利で、おすすめです。 今回は、ピーマンの肉詰めの冷凍方法や、お弁当への入れ方、また、崩れない作り方のコルも紹介します。
ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
焼きそばの麺がくっつく!麺同士やフライパンと麺がくっつかないコツとは?
焼きそばは、「お手軽」「簡単」の代表みたいにいわれていますが、実際は、炒める時に麺同士がくっついて困る、というお悩みをけっこう聞きます。 また、フライパンと麺がくっついて、悲惨な状況になってしまった、という話も… そんなお悩みを解決して、焼きそば作りがもっと楽しくおいしくなるポイントを、ご紹介致します!
天ぷらの衣がはがれるのはなぜ!?衣がはがれないサクサク天ぷらのコツ!
せっかくつけた天ぷらの衣が、揚げているうちにはがれてしまう・・・。 衣をまとわせて油に入れた天ぷらが、油から揚げたときには、具材とボロボロの衣に分離してしまった…ともなれば、なんとも悲しい食卓になってしまいます。 そうならないために、衣がはがれず、キレイな見た目でサクサクの天ぷらを揚げるポイントを、ご紹介していきます。
鍋料理の栄養バランスはどうなっている?一番健康にい鍋料理とは?
中に入れる具材やスープを変えれば様々なアレンジも楽しめる鍋料理ですが、気になる栄養バランスの方は、どうなっているのでしょうか? 簡単にできて、しかも栄養のバランスもいいのであれば、まますますうれしいところ。 今回は鍋料理の栄養バランスや、一番健康にいい鍋料理について紹介していきます。
意外と知らない、お雑煮雑学!お雑煮は、地域によってこんなに違う!
ずっと自分の家のお雑煮だけを食べているとわからないものですが、日本全国を見渡すと、実は「お雑煮」と一括りでは呼べないほど、たくさんのお雑煮の種類があるんです! おだしから餅の形、具に至るまで、「お雑煮」はその地域によってさまざま。 今回は、お雑煮という食べ物の由来から、全国津々浦々のお雑煮コレクションまで、日本人ならぜひ知っておきたいお雑煮の雑学について、ご紹介します。
夏にサンドイッチが腐るのを防ぎたい!適切な具と保存方法とは?
暑い季節に心配なのが、サンドイッチの保存問題。 朝つくって持参したサンドイッチを昼に食べようと思ったら、なんとなく良からぬ匂いが… なんていう事態だけは避けたいところですが、夏場のサンドイッチというのは、思っている以上に足が早く、腐りやすいものなのです。 夏場でもサンドイッチ弁当をおいしくいただくには、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか?