夏にサンドイッチが腐るのを防ぎたい!適切な具と保存方法とは?

夏にサンドイッチが腐るのを防ぎたい!適切な具と保存方法とは?

夏にサンドイッチが腐るのを防ぎたい!適切な具と保存方法とは?

サンドイッチ

普段のお弁当やお出かけ時のランチ用にも、片手で食べられるサンドイッチは、手軽で人気のメニューですよね。

 

中の具をいろいろ変えることで、毎日でも飽きないのがうれしいところです。

 

 

しかし、暑い季節に心配なのが、サンドイッチの保存問題。

 

朝つくって持参したサンドイッチを昼に食べようと思ったら、なんとなく良からぬ匂いが…

 

 

なんていう事態だけは避けたいところですが、夏場のサンドイッチというのは、思っている以上に足が早く、腐りやすいものなのです。

 

夏場でもサンドイッチ弁当をおいしくいただくには、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか?

 

 

サンドイッチを腐らせないための具や保存方法などを、ご紹介していきます。

 


夏にサンドイッチが腐りやすい原因は?

サンドイッチ

サンドイッチのみならず、食品が腐る現象というのは、微生物や細菌の仕業です。

 

30〜37℃という、まさに夏に昼間の気温で細菌の繁殖は旺盛になり、酸素や水分のあるところでそれをエサにどんどん繁殖を繰り返します。

 

 

サンドイッチには、野菜などの水分が多いものをはさむことも多いですよね。

 

そんな野菜の水分によっても付着した細菌は加速度的に増加し、短い時間でもサンドイッチを腐らせてしまうに至るのです。

 

 

またサンドイッチは、他のお弁当に比べて直接手で触りながら調理する場面が多いと思います。

 

 

手洗いが十分でないと、目には見えない細菌を具と一緒にサンドしていることになります。

 

それが、夏場のサンドイッチを腐らせる大きな原因となるのです。


夏でもサンドイッチが腐りにくい具とは?

サンドイッチの具の中にはには腐りやすい具、腐りにくい具があります。

 

 

前述のように、細菌は水分を得ることによって繁殖力が増しますから、夏場は特に、水分を極力抑えた具をはさむようにします。

 

また、糖度の高いものは腐りにくいので比較的大丈夫です。

 

 

焼いたベーコンやハムなどの加工肉や、ジャムやピーナッツバターをサンドしたもの、またしっかり火を通した焼き卵などが、具としては安心です。

 

ゆで卵は、焼き卵よりは腐りやすい具材と言えますが、どうしても入れたい場合はしっかりと黄身を固ゆでにしたものを使ってください。

 

 

逆に、みずみずしい野菜や果物などは避けましょう。

 

サンドイッチによく使用するレタスをはじめとする生野菜も、暑い時期は使うのを避けた方が賢明です。

 

 

野菜を使う場合は、炒めるなどして火を通して調理したものを、しっかりと冷ましてからサンドします。

 

サンドイッチに使用するパンをトーストしてから使う場合も、焼いてからしっかり冷まし、水分となる湯気が完全になくなってから、具をはさみましょう。

 

 

中の具を調理する際には、カレー粉やレモン汁、酢などの殺菌効果があるものを加えておくと、細菌の繁殖を防いでくれるのでおすすめです。

 

濃い味付けにすることも具材の水分を抑えることに役立ちますので、そのまま食べる時より気持ち調味料を多めに、濃いめの味付けにしてみましょう。

 

 

具をはさむ前にパンにバターを塗るのも、パンに水分が浸透するのを防ぐということで効果的です。

 

 

その際、バターにマスタードを加えたり、からしやわさびを加えたマヨネーズに変えたりすると、さらに殺菌効果も加わります

 

中の具とのバランスで、腐りにくくするような一工夫をパンにも塗ってみましょう。

 

スポンサーリンク

サンドイッチが腐りにくい保存方法とは?

保冷バッグ

夏場のサンドイッチ保存で、冷蔵庫がない場合に欠かせないのは、保冷バックと保冷剤です。

 

保冷バックは、簡易なものであれば100均などでも売っていますから、一つあった方が安心です。

 

 

保冷剤は、ケーキなどを買った時にもらえるもののほか、凍らせたペットボトルなどで代用することも可能です。

 

おしぼりや小さなカップゼリーを凍らせたものも、一定の保冷効果があります。

 

 

保冷剤の冷気は上から下へと流れますので、保冷バックにまず包んだサンドイッチを入れ、その上に保冷剤をのせて、封をするようにひとつにまとめましょう。

 

 

サンドイッチの中身がジャムやピーナッツバター、ハムやチーズといったものの場合、サンドイッチ自体を凍らせてしまう、というのもひとつの保存手段です。

 

凍らせたサンドイッチは、4〜5時間程度で自然解凍されて食べ頃になります。

 

 

前日につくって冷凍しておき、翌朝は持っていくだけ、という状態にしておけば、朝つくる手間が省ける上にたくさんの保冷剤を持っていく必要もなく、一石二鳥ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

食べる時にサンドイッチを組み立てるのも、保存方法のひとつの手!

次にコンビニのおにぎりと同じ方法ですが、サンドイッチをパンと具に分けて持っていき、食べるときに具を挟むのも1つの手です。

 

パンはパンだけラップに包み、具材はそれぞれ小さ目のタッパーに入れていき、食べる時にサンドするのです。

 

 

パンが具の水分を吸ってしまうことも、細菌の繁殖が進む原因のひとつですが、食べるタイミングでパンに具をサンドするようにすれば、その心配は無用になります。

 

 

ピクニックや運動会など大人数で食べる時には、別々保存で持参したものを、各自が食べたい具を食べたいようにカスタマイズしてその場ではさんで食べる、というのも楽しそうですよね。

まとめ

作る時に手で触る機会が多く、具に水分の多いものをはさむことも多いサンドイッチは、どうしても夏場は腐ってしまうことが怖く、お弁当の選択肢として敬遠しがちになります。

 

ですが、ちゃんと考えた腐りにくい具をはさみ、しっかりとした状態で保存すれば、夏場のサンドイッチ弁当も怖くはありません。

 

躊躇しがちな夏場のサンドイッチですが、工夫次第でいろいろと楽しんでみてくださいね。

関連ページ

手巻き寿司の具の人気ランキング!おすすめの変わり種ネタも!
好きな具材を選んで、作りながら食べる手巻き寿司は、日常とは違って盛り上がりますよね。 でも、手巻き寿司の準備の際に、何を用意するか悩んだことはありませんか? 今回は、手巻き寿司の人気ランキングベスト10と、パーティーに使える変わり種ネタや、サイドメニューについても紹介します。
すき焼きの正しい食べ方は? 関東と関西の違いやおいしく作るコツも紹介!
ちょっとしたご馳走として、家族でのお祝いに欠かせないのが「すき焼き」! 地域によって大きく違う作り方や食べ方、そもそも正しい食べ方とはどんなものか。 たまにしか食べないこともあって意外と知らない「すき焼きの基礎知識」について解説をしていきます
「冷やし中華にマヨネーズ」は、地域特有?その発祥地域と実践地域とは?
冷やし中華に調味料なんてついてくるの?という方もいるかもしれませんね。 その一方、冷やし中華といえばマヨネーズありきだろう!という方も、実は少なくないのです。 冷やし中華をたのめばマヨネーズがついてくるのは当たり前、というところもあり、地域によって冷やし中華の常識は多岐にわたるようです。 ということで、今回は冷やし中華マヨネーズ論を掘り下げてみたいと思います。
ピーマンの肉詰めの冷凍方法は生?焼いてから?弁当への入れ方は?
ご飯のおかずや、お弁当にも人気のピーマンの肉詰め。 ひき肉の量や、ピーマンの数によって、ついつい多く作りすぎてしまうことって、ありますよね。 そんな時は、次の日に使用することもできますが、冷凍保存をしておくと、長期保存が可能になり、お弁当にも利用できるで、便利で、おすすめです。 今回は、ピーマンの肉詰めの冷凍方法や、お弁当への入れ方、また、崩れない作り方のコルも紹介します。
ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
焼きそばの麺がくっつく!麺同士やフライパンと麺がくっつかないコツとは?
焼きそばは、「お手軽」「簡単」の代表みたいにいわれていますが、実際は、炒める時に麺同士がくっついて困る、というお悩みをけっこう聞きます。 また、フライパンと麺がくっついて、悲惨な状況になってしまった、という話も… そんなお悩みを解決して、焼きそば作りがもっと楽しくおいしくなるポイントを、ご紹介致します!
天ぷらの衣がはがれるのはなぜ!?衣がはがれないサクサク天ぷらのコツ!
せっかくつけた天ぷらの衣が、揚げているうちにはがれてしまう・・・。 衣をまとわせて油に入れた天ぷらが、油から揚げたときには、具材とボロボロの衣に分離してしまった…ともなれば、なんとも悲しい食卓になってしまいます。 そうならないために、衣がはがれず、キレイな見た目でサクサクの天ぷらを揚げるポイントを、ご紹介していきます。
鍋料理の栄養バランスはどうなっている?一番健康にい鍋料理とは?
中に入れる具材やスープを変えれば様々なアレンジも楽しめる鍋料理ですが、気になる栄養バランスの方は、どうなっているのでしょうか? 簡単にできて、しかも栄養のバランスもいいのであれば、まますますうれしいところ。 今回は鍋料理の栄養バランスや、一番健康にいい鍋料理について紹介していきます。
意外と知らない、お雑煮雑学!お雑煮は、地域によってこんなに違う!
ずっと自分の家のお雑煮だけを食べているとわからないものですが、日本全国を見渡すと、実は「お雑煮」と一括りでは呼べないほど、たくさんのお雑煮の種類があるんです! おだしから餅の形、具に至るまで、「お雑煮」はその地域によってさまざま。 今回は、お雑煮という食べ物の由来から、全国津々浦々のお雑煮コレクションまで、日本人ならぜひ知っておきたいお雑煮の雑学について、ご紹介します。
唐揚げの下味は一晩漬けたら長すぎ? 漬け時間による味の変化は?
唐揚げを作る時、下味に漬け込む時間に迷ったことはありませんか? 手が空いた時に漬け込んでおけば楽だけれど、漬かりすぎてしまうのもよくなさそう。 今回は、唐揚げの漬込み時間と味の変化について、はっきりとさせていきましょう。