大根って生で食べたらダイエット効果が!?おすすめレシピもご紹介!

大根って生で食べたらダイエット効果が!?おすすめレシピもご紹介!

大根って生で食べたらダイエット効果が!?おすすめレシピもご紹介!

 

 

大根を生で食べるとダイエット効果があるって本当!?

 

 

そんな風に聞いたことがありますが、本当のところどうなのか気になりますよね。

 

 

また、仮に効果があったとして、生大根は食べ方も難しいです。

 

大根を煮物やお味噌汁によく使うことはあっても、生大根を使ったレシピって意外と知らなかったりしますよね。

 

 

今回はそんな生大根の疑問に答え、美味しい生大根を使ったダイエットレシピをご紹介していきます。

大根を生で食べるとダイエット効果があるって本当?

実はこれ本当なんです!

 

大根を生で食べるとダイエット効果が期待できます!

 

その理由を詳しくご説明していきますね。

 

 

消化酵素のアミラーゼ

生大根には、消化酵素のアミラーゼがたっぷり含まれています!

 

 

どうして大根おろしと天ぷらや焼き魚、焼肉のタレとして食べることが多いのかご存知ですか?

 

生大根に含まれる消化酵素アミラーゼがこれらの脂っこい食べ物の消化を助けてくれる役割があるからなんです!

 

 

またこちらのアミラーゼは炭水化物の消化を促進する働きもあります。

 

ダイエットといえばご飯をはじめとする炭水化物を我慢しなければならないイメージがありますが、この生大根を一緒に食べることでダイエット中でも炭水化物を摂取することができます!

 

ご飯をいつも通り食べながらダイエットができるなんて嬉しいですよね!

 

 

豊富な食物繊維

生大根には食物繊維がたくさん含まれています。

 

食物繊維が豊富に含まれているということは、腸内環境を整え、便秘の改善を促し、代謝機能の活性化にも役立ちます。

 

 

便秘が続くと代謝が滞り、むくみや肌荒れの原因になりかねません。

 

しかし、生大根を食べることによって、美容への大きな効果も期待できます!

 

女性にとっては朗報ですよね!

 

 

ダイエット効果を十分に得るために

ここで生大根を食べることによってダイエット効果を得たい時に気をつけたいいくつかのポイントをご紹介します。

 

 

ダイエット効果が得られ始める大根摂取量の目安は1日約300g(大根約6cm分)です。

 

 

これまでに生大根ダイエットに挑戦し、効果が出た人たちのブログを見ると、皆さん300gを継続的に食べている人が多く、消化酵素のアミラーゼがダイエット効果を出しはじめるのにある程度の量を継続して食べる必要があるからのようです。

 

 

300gと聞くと多いような気もしますが、一度の食事で全てを食べる必要はありません。

 

また、大根のサラダや大根おろし、大根スムージー、大根ディップなど違う食べ方をそれぞれの食事に取り入れると、思っているよりも簡単に生大根を食べることができます。

 

大根サラダはドレッシングやトッピングを、大根スムージーはフルーツを、大根ディップも何をつけるか変えることができるので飽きずに続けられますよね!

 

 

続けるための1つ目のポイントは、できる限り朝昼夜のどこかに生大根を取り入れ、毎日約300gを継続して食べることです。

 

もちろん、大根ばかりを食べていては効果は得られませんので、主食をきちんと摂り、他の野菜も含めでバランスの良い食生活を心がけてくださいね!

 

 

 

二つ目は、食前、もしくは食事と一緒に食べることです。

 

そのことによって満腹感が得られ、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

 

 

三つ目は、適度な運動をすることです。

 

ダイエット効果をより高めたいのであれば適度な運動をすることは欠かすことができません。

ダイエットだけじゃない!生大根の効能は?

生大根にはダイエット以外の効果もありますよ!

 

打ち身・打撲

なんと生大根には消炎冷却効果があります!

 

これを利用して生大根をすりおろし、その汁をガーゼによく染み込ませて、患部に当てると効果が期待できます。

 

新鮮なおろし汁であることがポイントです。

 

 

頭痛・発熱

同じように頭痛・発熱の際にも大根の新鮮なすりおろし汁をガーゼに染み込ませ、額にのせると効果が期待できますよ!

 

 

歯茎の出血

歯茎が出血している時に、大根の新鮮なすりおろし汁を塗っても効果的です。

 

 

咳や痰に

ビタミンCと酵素を多く含む生大根は、咳や痰が出る際にもその炎症を抑えてくれる効果があります。

 

ハチミツを一緒に服用すればさらに相乗効果が期待できますよ!

 

 

殺菌効果

また生大根には殺菌効果がります。

 

お弁当などにサラダを持っていく場合、大根おろしのドレッシングを使うと、細菌の進入を防いでくれますよ!

生大根おすすめのレシピ

ここではそんな生大根を使った美味しい簡単レシピをご紹介します!

 

 

大根サラダ

材料(4人分)

  • 大根・・・1/3本
  • 雑魚・・・2つかみ分
  • ごま油・・・大さじ2
  • ポン酢・・・適量
  • めんつゆ・・・適量

 

作り方

  1. 大根の皮をむき、スライサーで千切りにしたらしばらく水につけておきます。
  2. 水気をしっかりときり、お皿に盛ります。
  3. 雑魚はフライパンでごま油と炒めカリカリにします。
  4. 大根の上に雑魚をのせ、ポン酢とめんつゆをかければ完成です!

 

 

大根のなます

材料(4人分)

  • 大根・・・1/3本
  • 人参・・・半分
  • 塩・・・適量
  • 酢・・・大さじ3
  • 砂糖・・・大さじ2

 

作り方

  1. 大根と人参はスライサーで千切りにし、水にしばらくつけておきます。
  2. 水気をしっかりときってボウルに入れ、塩をあえてさらにしばらく置いておきます。
  3. しんなりしたら水気を切り、ボウルに入れて、砂糖と酢で味付けをします。
  4. 冷蔵庫でしばらく寝かせて、味が馴染んだら完成です!

 

 

大根と大根葉のお漬物

材料

  • 大根・・・1/3本
  • 大根の葉・・・ひと握り分
  • 塩麹・・・大さじ2

 

作り方

  1. 大根の葉はさっと湯がいておきます。
  2. 大根はいちょう切りにしてビニール袋に入れ、大根の葉と塩麹と一緒に揉み込みます。
  3. 冷蔵庫で半日寝かせれば完成です。

 

 

大根ドレッシング

材料

  • 大根(すりおろし)・・・大さじ5
  • 醤油・・・大さじ1
  • オイスターソース・・・大さじ1
  • りんご酢・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ4
  • ラー油・・・小さじ1
  • 白ごま・・・少々

 

作り方

  1. 大根はすりおろして、水気をしっかりと絞ります。
  2. 醤油、オイスターソース、リンゴ酢を混ぜたボウルに、ゆっくりとごま油とラー油を入れながら混ぜます。
  3. しっかりと混ぜ合わさったら、すりおろした大根と白ゴマを加えてよく混ぜたら完成です!

 

 

大根入りスムージー

材料(2人分)

  • 大根・・・約2cm
  • バナナ・・・2本
  • お好みのミルク(牛乳、豆乳、アーモンドミルクなど)・・・200cc
  • 小松菜・・・1株
  • 氷・・・3個

 

作り方

作り方は簡単です!

 

すべてのものをミキサーに入れて粉砕されれば完成です!(大根と小松菜は一口サイズに切ってからミキサーに入れるとミキサーが回りやすくなります。)

まとめ

いかがでしたか?

 

生大根の効果についておわかりいただけたでしょうか?

 

 

生大根ダイエットに挑戦したいと思っても、もしかしたら毎日継続して300gの生大根を食べることが大変なことのように感じるかもしれません。

 

以前ダイエットとしてではありませんが、私自身も一度に収穫できすぎた生大根を毎日食べ続けた経験があります。

 

そのときの経験だと、常備菜としてなますを毎日食べ、スムージーやサラダとしても楽しんでいただくと、それなりの量を毎日食べることは難しくありませんでした。

 

 

特にサラダは一番簡単で、千切りした生大根に、青紫蘇などのさっぱりした味の物、醤油味はもちろん、マヨネーズなどとも和え、シャキシャキとした食感を楽しみました。

 

無理はせず、美味しく、そしてダイエット効果も得ながら生大根を召し上がっていただければと思います。

 

 

また今回は生大根に隠された意外な効能についてもご紹介してきました。

 

打ち身や頭痛にも効能があるとはまさに驚きですよね!

 

 

今回の記事を参考にしていただきながら、生大根をダイエットなどに有効活用し、そして美味しく召し上がっていただければ幸いです。

関連ページ

大根の辛い部位は上下どっち? 辛味を抜く方法や辛味の原因も解説!
生の大根を食べたときや、特に大根おろしを食べたときの、下にピリッとくる辛さが苦手だという方も、多いかと思います。 大根の辛さは、大根による個体差もありますが、大根の部位によるところが大きいもの。 辛い思いをする度に、あー辛いのはこっちだったか!と毎回思いださせられる、なんてことの繰り返しになっていないでしょうか?
大根を切ったら中が黒い!この黒いものはなに?食べてもいいの?
大根を調理しようとスパッと半分に切った時、真っ白なはずの断面が黒くなっていたことありませんか? うわ〜ハズレの大根買っちゃった…と落ち込みます。 なんで中が黒くなっているの?このまま使うのはダメ?? ということで今回は大根の中が黒くなっている正体から、食べてもいいのかまで詳しく紹介したいと思います!