小豆粥はいつ食べるもの?食べるようになった由来と作り方をご紹介!

小豆粥はいつ食べるもの?食べるようになった由来と作り方をご紹介!

小豆粥はいつ食べるもの?食べるようになった由来と作り方をご紹介!

 

小豆は美味しくて健康にも美容にもよく、いろいろなものに使用されていますよね。

 

わたしも小豆、特にあんこが大好きで、いつもつい食べ過ぎてしまいます。

 

そんな小豆を使用した小豆粥というものがありますが、これはいつ食べるものなのか、決まりはあるのでしょうか?

 

 

また、どうして小豆粥を食べるようになったのでしょう?

 

今回は、そんな小豆粥の食べるタイミングや食べるようになった由来、小豆粥の簡単な作り方をご紹介したいと思います。

小豆粥はいつ食べるもの?決まりはある?

小豆粥を食べる時期は、この日でないとダメ!というような決まりはないので、食べたいときに食べても大丈夫です。

 

 

しかし、普段から小豆粥を食べるということはあまりなく、1月15日に食べるという方が多いようです。

 

また、地域によっては1月ではなく、12月の冬至に食べるところもあります。

 

1月に食べるか12月に食べるかは地域によるので、あなたの住んでいる地域に合わせて食べるようにしましょう。

 

 

小豆粥は体にもよくて美味しいので、小豆好きの人なら冬至以外でも食べたくなりますよね。

 

もちろん1月15日か冬至にしか食べてはいけない決まりはないので、12月と1月のどちらも食べても大丈夫ですし、冬至と全く関係のない日に食べてもいいですよ。

 

 

「小豆粥は冬至に食べる」という風習があるだけなので、食べたくなったときに食べましょう。

小豆粥を食べるようになった由来は?

小豆粥は、本来1月12日だけでなく、年越しの朝にも食べられていました。

 

元々は中国の風習で、冬至に小豆粥、1月15日に豆粥を食べるという風習が平安時代に日本に伝わり、日本では1月15日にも小豆粥を食べるようになりました。

 

 

1月15日は一般的に小正月をと言われていて、正月の間一生懸命働いていた女性を休ませる日でした。

 

その小正月に合わせて、小豆粥を食べていたようです。

 

小豆粥には邪気や病を払う効果があるとされていて、中国では年越しの最初に小豆粥を食べて邪気を払い、新しい年を迎えていたんですね。

 

 

どうして小豆で邪気を払うことができるとされているのかというと、小豆の色に秘密があります。

 

 

小豆は赤い色をしていますが、赤色は古来の東アジアでは命や炎の象徴の色だと言われており、悪霊や浮上を払う力がある色でした。

 

そんな赤い色をした小豆も邪気を払う効果があるに違いないということで、小豆を食べて体内に取り込むと、邪気を払うことができる、となったようです。

 

 

おめでたい食べ物の代表にお赤飯がありますが、そこにも小豆が入っていますよね。

 

このように、小豆は縁起の良い食べ物として扱われることが多いんですよ。

 

小豆には厄払いの他にも、健康面では解毒作用、利尿作用があり、むくみの解消、便秘の解消に効果があります。

 

 

栄養も豊富に含まれているので、美容にもとても効果的です。

 

健康、美容、厄払いに効果のある小豆粥は、小正月や冬至でなくても、ぜひ食べたいものですね。

小豆粥の作り方を紹介!

美味しくて縁起の良い小豆粥の作り方をご紹介します。

 

材料

  • お米…1カップ
  • 茹で小豆…1缶
  • 水…6カップ
  • 塩…小さじ1

 

作り方

 

  1. お米を研ぎ、水気を切る
  2. お米と茹で小豆を鍋に入れ、水を加えて30分ほどおいておく
  3. 鍋に強火で火をかけフタをする
  4. 沸騰したらフタを少しずらして弱火にし、噴きこぼれに注意しながら1時間ほど炊く
  5. 火を止めて塩を加え、全体を混ぜてフタをしてさらに5分蒸らして完成

 

 

時間はかかりますが、基本的にはお鍋に任せっきりなので、誰にでも簡単に作ることができます。

 

ただし、目を離すと吹きこぼれや焦げ付きなどが起こる可能性もあるので、小豆粥を作っているときは鍋からあまり離れないようにしましょう。

まとめ

小豆粥は、

 

・1月15日、地域によっては冬至に食べるのが一般的
・決まりはないので、いつ食べても大丈夫
・中国から伝わった風習で、もともとは年越しの朝にも食べられていた
・邪気や病を払うために食べ始めるようになった
・小豆には厄払いの他に、便秘やむくみの解消や美容にも効果がある
・時間はかかるが簡単に作ることができる

 

ということでした。

 

 

わたしの実家のある地域では、1月15日に小豆粥を食べていて、わたしも小豆が大好きなので、小豆粥は1月15日以外にも食べていました。

 

 

子供の頃は、風邪を引いた時の食事も、小豆粥がいいと言っていたほどです。

 

自分では作ったことはなかったのですが、簡単に作ることができるようなので、今度挑戦してみようと思います。

 

 

健康にも美容にもよく、さらに厄払いにもなる小豆粥は、わたしたちにとってとても嬉しい食べ物ですね。

 

美味しくて消化もいいので、年齢を問わず誰でも食べやすくなっています。

 

今まで小豆粥を食べていなかったという方も、ぜひ今年の1月15日、もしくは冬至には、小豆粥を食べてみてはいかがでしょうか。

 

関連ページ

あんこが起こす食中毒の症状は? 食べてしまったらどうする?
なんだかお腹の調子がおかしいけど、肉や海鮮など、食中毒を起こしそうなものを食べていなかったり、冷やしたりなど思い当たる節がない時、もしかしておやつに食べたあんこがいつもと食感や味がちょっと違っていませんでしたか? あんこで食中毒にかかった事例は意外と多くあります。 今回はあんこが起こす食中毒の症状と、その対処法について解説いたします。