手巻き寿司の具の人気ランキング!おすすめの変わり種ネタも!

手巻き寿司の具の人気ランキング!おすすめの変わり種ネタも!

手巻き寿司の具の人気ランキング!おすすめの変わり種ネタも!

好きな具材を選んで、作りながら食べる手巻き寿司は、日常とは違って盛り上がりますよね。

 

でも、手巻き寿司の準備の際に、何を用意するか悩んだことはありませんか?

 

今回は、手巻き寿司の人気ランキングベスト10と、パーティーに使える変わり種ネタや、サイドメニューについても紹介します。

手巻き寿司の具の人気ランキングベスト10!

手巻き寿司の準備をする際に押さえておきたいのが、定番であり、人気の具材ですよね。

 

こちらでは、子供から大人まで楽しめる人気の具材をランキングで紹介します。

 

第10位 かにかま

かにかま

 

お子様や、女性に人気があり、玉子やレタスと合わせて、サラダ巻きにして食べる方が多いようです。

 

また、お子様には、カニマヨも人気のようです。

 

第9位 大葉・かいわれ大根

大葉

 

主役となる具材ではありませんが、合わせて使用される方が多いようです。

 

大葉や、かいわれ大根のような、薬味の変わりになる物があると、さっぱり食べられるので、人気です。

 

第8位 ツナマヨ

ツナマヨ

 

お子様も好きな、ツナとマヨネーズの組み合わせは、きゅうりや玉子とも相性がいいので人気です。

 

大人の方は、ブラックペッパーをかけると、アクセントになります。

 

ツナマヨおにぎりも人気があるので、手巻き寿司の具材としても人気なのは納得の一品です。

 

第7位 ねぎとろ

ねぎトロ

 

ねぎとろ巻きや、軍艦のお寿司があるくらい、お寿司では定番の具材ですね。

 

まぐろの刺身とは、また違った食感で、ねぎとろなら食べられる!というお子様も多いようです。

 

第6位 甘エビ

あまエビ

 

切り身の刺身が苦手なお子様にも、甘エビは人気があるようです。

 

日本人には、エビ好きの人が多いようで、手巻き寿司にしやすい甘エビは人気の具材です。

 

第5位 きゅうり

かっぱ巻き

 

きゅうり単品でもかっぱ巻きになりますが、他の具材とも相性がいいので、一緒に使用される方が多いようです。

 

きゅうりがあるか、ないかでは、食感も、さっぱり感も違います。

 

細い千切りで用意すると使い勝手が良いです。

 

スポンサーリンク

 

第4位 納豆

納豆巻き

 

好き嫌いが分かれる納豆ですが、納豆巻きが好きなお子様は多いようです。

 

イカや、きゅうりとの相性もいいので、合わせて使用する方も多いようです。

 

第3位 いくら

いくら

 

いくらも、子供から大人まで、好きな方が多い具材です。

 

いくらは、色味もいいので、手巻き寿司に乗せると一気に華やかになります。

 

使いやすいように醤油漬けのいくらを用意すると便利です。

 

第2位 玉子

厚焼き玉子

 

子供から大人まで、玉子好きな方は多いですよね。

 

単品でももちろんですが、他の具材とも合わせやすいので、好みに合わせて、厚焼きで用意しても、錦糸卵で用意しても、喜ばれる一品です。

 

第1位 刺身・切り身

刺身

 

手巻き寿司といえば、やっぱりお刺身ですよね。

 

まぐろ、いか、鯛、サーモン、ほたてなど、手巻き寿司用の刺身盛りも販売されているので、用意しやすいですね。

 

スポンサーリンク

パーティーにおすすめな変わり種のネタは?

これまで、定番で人気の具材を紹介してきましたが、ホームパーティーの際には、定番だけでなく、変わり種のネタがあると盛り上がりますよね。

 

こちらでは、パーティーにも使える、変わり種の具材を紹介します。

 

生ハム&チーズ巻き

生ハム&チーズ

 

意外と海苔や酢飯との相性がいいのが、生ハム&チーズです。

 

葉物を一緒に巻いても、さっぱりと食べられますし、和のお寿司の箸休めにもなります。

 

スモークサーモン&クリームチーズ巻き

定番の手巻きずしは、海苔で巻きますが、海苔をフリルレタス等の葉物にすると、洋風になり、華やかさも一気にアップします。

 

スモークサーモンとクリームチーズは、ワインにも合う一品です。

 

海老フライ巻き

お子様でも喜んで食べてもらえそうなのが、海老フライ巻きです。

 

マヨネーズと一緒に巻いて、見た目も楽しい一品です。

 

焼き肉巻き

焼肉のたれで焼いた薄切りのお肉を、お好みの野菜と一緒に巻きます。

 

海鮮だけでは物足りないという方や、お子様でも食べられる一品です。

 

ささみ&アボカド巻き

茹でてスライスしたささみ肉と、アボカドをマヨネーズや、クリームチーズで一緒に巻きます。

 

脂身が苦手な方や、女性にもヘルシーなので、食べやすい一品です。

 

スポンサーリンク

手巻き寿司のサイドメニューは?

味噌汁

手巻き寿司をする時って、他に何を作るか困りますよね。

 

手巻き寿司だけでも、具材が豊富なので良い気もしますが、それだけでは・・・という方は、王道ですが、茶碗蒸しや、汁物を用意すると、間違いない献立になります。

 

 

また、他にもおかずを用意したい!というときは、お寿司屋さんの一品メニューがとても参考になります。

 

手巻き寿司では、ほんの少しもの足りないという時は、煮ものや、おひたし等がおススメです。

 

もっとしっかり食べたいという時は、唐揚げや、天ぷらを一緒に作ると、手巻き寿司の具材にも使えてよさそうです。

 


まとめ

手巻き寿司の人気具材ランキング、いかがでしたでしょうか?

 

子供も大人も食べられる具材や、他の食材と合わせやすい具材が人気のようです。

 

お刺身が苦手なお子様でも、手巻き寿司は好きという子もいるようなので、手巻き寿司をする際は、お子様でも喜んで食べられるような具材を用意してあげたいですね。

 

手巻き寿司には、ルールはないので、いろいろな具材や、合わせ方を試して、新たな定番を発見するのも、楽しみの一つになりそうです。

関連ページ

すき焼きの正しい食べ方は? 関東と関西の違いやおいしく作るコツも紹介!
ちょっとしたご馳走として、家族でのお祝いに欠かせないのが「すき焼き」! 地域によって大きく違う作り方や食べ方、そもそも正しい食べ方とはどんなものか。 たまにしか食べないこともあって意外と知らない「すき焼きの基礎知識」について解説をしていきます
「冷やし中華にマヨネーズ」は、地域特有?その発祥地域と実践地域とは?
冷やし中華に調味料なんてついてくるの?という方もいるかもしれませんね。 その一方、冷やし中華といえばマヨネーズありきだろう!という方も、実は少なくないのです。 冷やし中華をたのめばマヨネーズがついてくるのは当たり前、というところもあり、地域によって冷やし中華の常識は多岐にわたるようです。 ということで、今回は冷やし中華マヨネーズ論を掘り下げてみたいと思います。
ピーマンの肉詰めの冷凍方法は生?焼いてから?弁当への入れ方は?
ご飯のおかずや、お弁当にも人気のピーマンの肉詰め。 ひき肉の量や、ピーマンの数によって、ついつい多く作りすぎてしまうことって、ありますよね。 そんな時は、次の日に使用することもできますが、冷凍保存をしておくと、長期保存が可能になり、お弁当にも利用できるで、便利で、おすすめです。 今回は、ピーマンの肉詰めの冷凍方法や、お弁当への入れ方、また、崩れない作り方のコルも紹介します。
ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
焼きそばの麺がくっつく!麺同士やフライパンと麺がくっつかないコツとは?
焼きそばは、「お手軽」「簡単」の代表みたいにいわれていますが、実際は、炒める時に麺同士がくっついて困る、というお悩みをけっこう聞きます。 また、フライパンと麺がくっついて、悲惨な状況になってしまった、という話も… そんなお悩みを解決して、焼きそば作りがもっと楽しくおいしくなるポイントを、ご紹介致します!
天ぷらの衣がはがれるのはなぜ!?衣がはがれないサクサク天ぷらのコツ!
せっかくつけた天ぷらの衣が、揚げているうちにはがれてしまう・・・。 衣をまとわせて油に入れた天ぷらが、油から揚げたときには、具材とボロボロの衣に分離してしまった…ともなれば、なんとも悲しい食卓になってしまいます。 そうならないために、衣がはがれず、キレイな見た目でサクサクの天ぷらを揚げるポイントを、ご紹介していきます。
鍋料理の栄養バランスはどうなっている?一番健康にい鍋料理とは?
中に入れる具材やスープを変えれば様々なアレンジも楽しめる鍋料理ですが、気になる栄養バランスの方は、どうなっているのでしょうか? 簡単にできて、しかも栄養のバランスもいいのであれば、まますますうれしいところ。 今回は鍋料理の栄養バランスや、一番健康にいい鍋料理について紹介していきます。
意外と知らない、お雑煮雑学!お雑煮は、地域によってこんなに違う!
ずっと自分の家のお雑煮だけを食べているとわからないものですが、日本全国を見渡すと、実は「お雑煮」と一括りでは呼べないほど、たくさんのお雑煮の種類があるんです! おだしから餅の形、具に至るまで、「お雑煮」はその地域によってさまざま。 今回は、お雑煮という食べ物の由来から、全国津々浦々のお雑煮コレクションまで、日本人ならぜひ知っておきたいお雑煮の雑学について、ご紹介します。
唐揚げの下味は一晩漬けたら長すぎ? 漬け時間による味の変化は?
唐揚げを作る時、下味に漬け込む時間に迷ったことはありませんか? 手が空いた時に漬け込んでおけば楽だけれど、漬かりすぎてしまうのもよくなさそう。 今回は、唐揚げの漬込み時間と味の変化について、はっきりとさせていきましょう。
夏にサンドイッチが腐るのを防ぎたい!適切な具と保存方法とは?
暑い季節に心配なのが、サンドイッチの保存問題。 朝つくって持参したサンドイッチを昼に食べようと思ったら、なんとなく良からぬ匂いが… なんていう事態だけは避けたいところですが、夏場のサンドイッチというのは、思っている以上に足が早く、腐りやすいものなのです。 夏場でもサンドイッチ弁当をおいしくいただくには、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか?