枝豆を食べ過ぎるとどんな影響がある?1日の適量はどれくらい?

枝豆を食べ過ぎるとどんな影響がある?1日の適量はどれくらい?

枝豆を食べ過ぎるとどんな影響がある?1日の適量はどれくらい?

 

 

美味しいからついつい枝豆を食べ過ぎてしまった!!

 

ビールのおともに枝豆を食べ始め、、、気づいたら枝豆の皮の山ができていた!!

 

 

あなたもそんな経験ありませんか?

 

 

私も枝豆好きなのでついつい食べすぎてしまいます笑

 

 

でも枝豆の食べ過ぎって体に良くないのでしょうか?

 

 

今日はそんな枝豆の食べ過ぎによる体への影響や適量、身体への効果について順番にご紹介していきます!

枝豆の食べ過ぎには体にどんな影響を与える?

枝豆を食べ過ぎ

枝豆は消化が良くない

枝豆は、決して消化のよい食べ物ではありません。

 

食べ過ぎると、消化が追いついていかず、腹痛や下痢の原因になりかねません。

 

 

枝豆のプリン体に注意!

尿酸値を高め、痛風の原因になってしまうことで有名なプリン体ですが、枝豆にも実はこのプリン体が含まれています。

 

枝豆だけを食べている分には、プリン体の数値はそれほど高くありません。

 

 

しかし、枝豆はビールと仲良しであり、頻繁に一緒に召し上がれることが多いかと思います。

 

 

枝豆とビールは、適量食べれば体にいい効果が期待できる組み合わせである一方、食べすぎればアルコールの作用により尿酸値をあげ、痛風になってしまう可能性を高めてしまいます!

 

 

塩のかけすぎは禁物!

ゆで枝豆に塩は欠かせません。

 

しかし、塩のかけすぎはもちろん体によくありません。

 

高血圧や肝臓疾患、不整脈、心疾患などの病気の原因になりかねません。

 

 

湯がいてから塩をかけると、ついついかけすぎてしまうことも多いので、湯がいてから塩をかけるのではなく、塩分を摂りすぎを回避するためにも、塩水で湯がいて召し上がれることをおすすめいたします。

 

水の量に対して3〜4%の塩の量が適量です!

 

 

野菜の中では高カロリー!

枝豆だけを豆としてみたときの枝豆のカロリーは高くありません。

 

しかし、レタスや人参、ジャガイモ、とうもろこしなどの他の野菜と比べてみるとカロリーは決して低いとはいえません。

 

食べ過ぎれば、知らない間に高カロリーを摂取していた!なんてことになりかねませんので、注意が必要です。


枝豆は1日にどれくらいの量なら大丈夫なの?

枝豆の適量

ここまでお伝えしてきました通り、枝豆を食べ過ぎることによって様々なリスクが生じます。

 

食べすぎは禁物です!

 

 

では1日にどれだけ食べることが適量なのか?

 

 

1日の摂取量は

 

100g〜150g(可食部50g〜75g)
20〜25房

 

程度にしておきましょう。

 

 

豆は体にいいといえども、他の野菜に比べると高カロリーであるや様々なリスクがあることを忘れてはなりません。


枝豆の食べ過ぎには注意!適度に摂取すればこんな効果が!

枝豆の食べ過ぎにはもちろん注意が必要ですが、適度に食べることでたくさんの良い身体への効果が期待できます!

 

 

体へのうれしい効果

枝豆にはたくさんの栄養素が含まれています。

 

糖質をエネルギーに変換するビタミンB1や新陳代謝の活性を促し、疲労物質の蓄積を防ぐオルチニンが含まれているため、スタミナ不足や疲労回復などの効果が期待できます。

 

ビールのおともに枝豆を食べることが多いですが、実はとても理にかなったことなんであり、枝豆にはアルコールを分解する成分が含まれており、飲み過ぎや二日酔いの症状を抑えてくれる効果も期待できるのです。

 

 

枝豆には、食物繊維も豊富です。

 

便秘の解消をはじめとした腸内環境を改善する効果もあります。

 

 

また鉄分を多く含み、女性特有の悩み月経や妊娠きの貧血予防もしてくれます。

 

 

もちろん枝豆は大豆ですので、イソフラボンを多く含みます。

 

肌の潤いを保ったり、アンチエイジングの効果も期待できます。

 

 

低カロリーでダイエット効果!

枝豆一房約4gにおける可食部の重さは約2g、カロリーは3kcalです。

 

人にもよりますが、10個〜20個枝豆を食べれば満足することが多いです。

 

その場合のカロリーは、30kcal〜60kcalです。

 

低カロリーでありダイエット効果が期待できることがお分かり頂けるかと思います。

 

 

そしてダイエットには継続性がとても重要です。

 

枝豆は低カロリーであるだけでなく、一年を通して安価で購入することが出来ることも嬉しいですよね!

まとめ

ついつい美味しいからと食べてしまう枝豆ですが、食べ過ぎは決して身体に良くないということがおわかりいただけたでしょうか?

 

場合によっては、腹痛や下痢を引き起こしたり、さらに痛風、高血圧などになる可能性を高めてしまいかねません。

 

 

私もあればついつい食べ続けたくなってしまうので、初めから自分のお皿に必要以上の枝豆をもらないようにしています。

 

そうすることで、ついつい手が伸びて、食べすぎてしまった、という結末を回避することができています!

 

 

また同時に、枝豆は適度に食べれば体にとって様々なプラスの効果も期待できる野菜であることもお伝えしてきました。

 

どれだけ枝豆を食べるのか、そのバランスをうまく調節しながら召し上がっていただければ幸いです!