牛乳とみかんの食べ合わせがよくない!実は嘘?本当はいいの?

牛乳とみかんの食べ合わせがよくない!実は嘘?本当はいいの?

牛乳とみかんの食べ合わせがよくない!実は嘘?本当はいいの?

牛乳とみかん

 

 

子供のころ、親や親せきに言われたことはないですか?

 

「みかんと牛乳は、一緒に食べちゃダメだよ。おなかの中で固まるよ」

 

と。

 

 

幼いころ、それを聞いた私は、その時目の前にあった牛乳とみかんでさっそく試してみました。

 

牛乳を少し入れたコップの中に、みかんを絞った汁を入れてみると…

 

 

確かに固まったのです!

 

 

みかんの汁がポタっと落ちた部分の牛乳が、水玉状の膜を張るように固まっていました。

 

 

それ以来今までずっと、頭の片隅には常にその時の映像が残っていて、

 

「牛乳とみかんを食べたら固まって、身体によくない」

 

と思い続けてきました。

 

 

ところが時々、ん?と思うことも。

 

 

学校の給食って、毎日牛乳が付いていますよね。

 

そして時々、デザートにはみかんが付いていました。

 

私の学校なんか、たまに牛乳と100パーセントのミカンジュースが一緒に出ることもあり、一度に両方飲んでいいのかどうか迷ったものです。

 

 

いまになって、振り返ってみると…。

 

給食の献立はきちんと資格を持った栄養士さんが考えているはずなので、本当に牛乳とミカンの食べ合わせが悪いなら、給食になんか出さないんじゃないの?

 

そんな疑問がわいてきます。

 

 

そこで今回は、牛乳とミカンの食べ合わせは本当に悪いのか?それとも単なる噂なのか?ということについて疑問を解消していきたいと思います 。


牛乳とみかんの食べ合わせはよくないの?その理由とは?

 

どうして牛乳とみかんの食べ合わせが悪いといわれているかというと、みかんの汁で牛乳が固まってしまうからですよね。

 

おなかの中で牛乳が固まって、胃腸の中にたまるとか消化に悪いとか、そんなイメージでしょう。

 

 

ところがそもそも、牛乳って胃の中に入ると胃酸で固まるものなんだそうです。

 

そして、ヨーグルト状に固まることによってむしろ、消化に良い状態になるのだとか。

 

 

つまり、みかんと一緒に食べようがそうでなかろうが牛乳は胃の中で固まるし、それによって消化が悪くなるわけでもない、ということです。

牛乳とみかんに含まれる主な成分は?一緒に食べても問題ない?

 

牛乳はカルシウムを豊富に含む食品として知られていますよね。

 

さらに、カルシウムの吸収を助けるのに適した分量のリンも含まれているので、効率よくカルシウムを摂取するには非常に良いということになります。

 

ほかにもたんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれているためいわゆる「パーフェクトフード」の一つとしてあげられることも多いですね。

 

 

一方みかんといえばビタミンCを真っ先に挙げる人が多いでしょう。

 

ほかにみかんで特徴的なのがβ-クリプトキサンチンで、ほかの柑橘類に比べてもみかんには多く含まれており、発がん抑制効果や骨粗しょう症予防にも効果があるといわれています。

 

また、みかんの皮に多く含まれるヘスペリジンには血管を強くし、血流を改善させる効果があります。

 

 

一緒に食べることで、むしろ良い効果が

 

さて、みかんに含まれるβ-クリプトキサンチンですが、骨粗しょう症以外にも脂質異常症や2型糖尿病の抑制にも効果が見られるとして注目されています。

 

さらには、脂肪細胞の抑制効果もある…つまりはダイエットにも効果的、ということになりますね!

 

 

そのβ-クリプトキサンチン、脂溶性のため牛乳と一緒に摂ることで吸収が良くなります。

 

また、牛乳のカルシウムもみかんに含まれるビタミンCによって吸収が良くなる効果が見込まれます。

 

 

つまり、牛乳とみかんを一緒に摂ることで、良い相乗効果が得られるということですね!

 

食べ合わせが悪いどころか、むしろ一緒に摂りたい食品、と言えるのではないでしょうか。

牛乳とみかんを使ったデザートレシピも!牛乳とみかんで簡単レシピ3選!

牛乳みかん寒天

 

牛乳とみかんは一緒に食べたら良いことがある、と分かったところで、牛乳とみかんを一緒にとれるおすすめのレシピをご紹介させていただきます!

 

どれも手軽に試せる簡単レシピなので、ぜひ作ってみてくださいね。

 

 

牛乳みかん寒天

用意するもの

  • 牛乳・・・200t
  • 水・・・200t
  • みかんの缶詰・・・1缶(シロップも使用)
  • 粉寒天・・・4g(お好みで調節してください)

 

作り方

  1. 水と粉寒天を鍋で火にかけ、粉寒天が溶けたら弱火にする。
  2. 牛乳と缶詰のシロップを加え、軽く混ぜ合わせたら火を止める。
  3. 容器に移し替え、みかんを入れたら冷蔵庫で冷やし、固まったら出来上がり♪

 

 

みかんラッシー

用意するもの

  • 牛乳・・・100ml
  • ヨーグルト・・・100ml
  • みかんの缶詰・・・50g
  • はちみつ(もしくは砂糖)・・・大さじ1

 

作り方

  1. みかんは汁気を切ってから適度にほぐす。
  2. 材料をすべて混ぜて、ミキサーにかけたら出来上がり♪

 

 

牛乳とみかんのシャーベット

用意するもの

 

  • 牛乳・・・100ml
  • みかんの缶詰・・・ 1缶
  • 砂糖・・・大さじ1

 

作り方

  1. 材料をすべてミキサーにかけて混ぜ合わせる。
  2. 1をバットに入れて凍らせる、ときどき取り出してかきまぜる。
  3. 固まったら出来上がり♪

関連ページ

みかん1個の糖質とカロリー! ダイエットにいい? 1日何個まで食べていいの?
みかん1個の糖質やカロリーはどれくらいあるのか。 ダイエット中や糖質制限中でも食べれるのか、みかんは1日何個まで食べていいのかについて解説します。
みかんの保存方法 夏は冷蔵庫でいい? 冷凍保存の方法は?
みかんの保存方法について、夏は冷蔵庫でいいのか、冷蔵する場合の日持ちはどうなのか、冷凍保存の方法などを解説します。
みかんは消化にいい?悪い? 風邪を引いたときに食べていい?
みかんは消化に悪いから食べ過ぎては行けない、と聞くことがありますね。 みかんが消化に悪いといわれるのにも根拠があります。 今回は、1日の摂取量やみかんが消化不良のもとだと言われる由来、そして食べ合わせの善し悪しを含めた、みかんの食べ方をご紹介致 いたします。
みかんの皮の農薬が気になる!皮に残る残留農薬とワックスの落とし方
みかんの皮を食べたり、利用したりする場合、残有農薬が気になります。 また、塗布されるというワックスは安全なものなのでしょうか? 今回は、みかんの皮に残る農薬とワックスについて調べてみました。 農薬やワックスの落とし方、そしてみかんの皮の利用法もまとめてご紹介いたします。
デコポンのカロリーは1個どれくらい?糖質やダイエットにおすすめの食べ方
デコポンって柑橘類なのに酸味が少なく、すごく甘くて美味しいですよね。 今回はデコポンのカロリーや糖質、栄養効能について調べてみました! ダイエット中にオススメの食べ方もご紹介してますので、ご参考にしてください。
みかんの薄皮の剥き方!手や道具を使って簡単に!煮て一気に剥く方法も紹介!
みかんの薄皮って剥きづらいですよね。 あの白いすじもうまく取れなくて、早く食べたいのにやきもきしちゃいますよね。 今回はそんなみかんの薄皮を簡単に剥く方法をご紹介します。