牛肉100%のハンバーグは合挽き肉より美味しい?生焼けでも大丈夫?

牛肉100%のハンバーグは合挽き肉より美味しい?生焼けでも大丈夫?

牛肉100%のハンバーグは合挽き肉より美味しい?生焼けでも大丈夫?

ハンバーグ

 

ハンバーグ作りの際に、牛肉100%のものは合挽き肉のものよりも美味しくなるのでしょうか。

 

私も料理を始めたばかりの時は、どちらが美味しいのか疑問に思ったものですよ。

 

 

どちらが美味しいのかわかった上で料理をすれば、ハンバーグ作りがより楽しくなりそうですよね。

 

ここでは牛肉100%のハンバーグが合挽き肉よりも美味しくなるのか、調理方法はどのようにすれば良いか詳しく紹介させていただきます!


牛肉100%のハンバーグは合挽肉より美味しい?

牛肉100%挽肉

 

牛肉100%で作られているハンバーグは、お肉本来の味を堪能したい方ならば合挽き肉よりも美味しいと感じることが多いです。

 

それは、牛肉100%の場合はお肉本来の肉肉しい味を楽しむことができるという素晴らしさがあるからなのですよ。

 

 

しかしながら、どちらの味が美味しいかどうかはその方によって個人差がありますので断言はできないのが難しいのです。

 

一般的には、ご家庭で作られるハンバーグは牛肉100%のハンバーグではなく合挽き肉でハンバーグを作られることの方が多いですからね。

 

 

なぜ合挽き肉なのかといいますと、お肉をふっくら仕上げることができる豚肉が混ざっているからなのです!

 

やわらかくジューシーなハンバーグを食べさせたい!という主婦の方はたくさんいらっしゃいますよね。

 

 

そのため、元々お肉専門店などに訪れているような方ならば、肉肉しい牛肉100%のハンバーグの方が美味しく感じられるかもしれません。

 

ただし牛肉100%のハンバーグの場合、普通に焼いてしまうとふっくらせずにパサパサなものになってしまうことがあります。

 

 

しかしそんな牛肉100%のハンバーグだとしても確実にふっくらと仕上げるコツがあるのですよ!

 

その調理方法はひき肉や卵などを混ぜ合わせる時になるべく空気をたくさん含ませて、混ぜる回数を増やすことです。

 

 

それによって粘り気を出すことができ、生地がみるみるうちにふわっとやわらかくなります。

 

あとは焼きの作業の際にしっかりと蓋をしてじっくりゆっくり焼くことがポイントです。

 

 

この一手間がプラスされるだけでより美味しく食べられますので、騙されたと思って試してみてください!


牛肉100%のハンバーグは生焼け(レア)でも大丈夫なの?

 

牛肉100%のハンバーグはステーキのように中身がレアな状態でも食べることはできます。

 

実際に、牛肉の生肉を使用した料理にはユッケやタルタルステーキなどが存在しますよね。

 

 

ハンバーグの場合でも、本当に新鮮なものであればレアと呼ばれる生焼け状態なハンバーグでも食べることが可能です!

 

しかしスーパーマーケットなどで販売されているような加工専用のお肉の場合には、しっかりと火を通してからでないと食べられません。

 

 

なぜならば、お腹を壊してしまう食中毒を起こしてしまう危険性があるからなのですよ。

 

例えば、スーパーマーケットのお肉には「加工専用」と書かれているものがほとんどなんですよね。

 

それって実際に、生で食べてはいけないのでおやめくださいといわれているようなものですから、レア状態で食べることは「心の底から」おすすめすることができません。。。

 

 

どうしても牛肉100%でレア状態のハンバーグを食べてみたいなという願望のある方ならば、お肉専門店で食べることをおすすめします。

牛肉100%のハンバーグに合うソースは?

 

ハンバーグにかけるソースには、デミグラスソースやグレービーソース、キノコソースや和風おろしソースなどたくさんありますよね。

 

その中でも特に牛肉100%のハンバーグに合うソースはずばり!トマトケチャップとウスターソースを混ぜて作ったソースになります。

 

 

ご家庭で作られるハンバーグソースの、定番中の定番ともいえるものですよね。

 

なぜこのような簡単で手間のかからないソースが1番牛肉100%のハンバーグと相性が良いのかといいますと、「簡単で手間のかからない」というところにポイントがあります!

 

 

牛肉100%のハンバーグの場合には、そのお肉の旨味そのものを美味しく堪能することができる料理となります。

 

そのためさまざまな味が混ざって作られているような凝ったソースよりも、シンプルな味のソースの方が合うのです。

 

 

たとえばその素材のうまみそのものを確かめたい場合には、塩などのみの味付けで調理をして食べますよね。

 

牛肉100%のハンバーグの場合も、シンプルなソースなら本来の味をより一層引き出して食べれます。

 

 

つまりは、実はソースをかけずに下味としてつける塩胡椒のみの味付けで食べてもとても美味しく召し上がることができるのですよ!

まとめ

 

以上牛肉100%のハンバーグは合挽き肉よりも美味しいのか、また生焼けでも食べれるのか書かせていただきました。

 

  • 肉肉しい料理が好きな方ならば牛肉100%のハンバーグの方が美味しいと感じられる
  • 新鮮なお肉ならば生焼け(レア)でも食べられる
  • ケチャップやソースで作るシンプルなソースが1番合う

 

ということを紹介させていただきました!

 

 

私の場合も、お肉本来の味を堪能したいのでシンプルなソースでよく食べさせてもらっています。

 

やはり素材の味を楽しむには牛肉100%のハンバーグが1番だと感じました。

 

 

普段は合挽き肉でハンバーグを作る方も、たまにはいつもと違ったお肉本来の美味しさを味わってみてはいかがですか?

 

今までのハンバーグのイメージが覆されるかもしれませんよ。

 

 

この記事がこれからのハンバーグ作りの参考になれるのであれば幸いです!

 

関連ページ

ハンバーグのタネがゆるい…その原因と、おいしいハンバーグ作りのコツ!
ハンバーグのタネがゆるくなってしまうのはナゼなのか? また、ゆるくなってしまった時に適切な対処法はあるのか? ちょっとの手間でおうちハンバーグを格上げするコツを、ご紹介していきましょう。
ハンバーグの焼き時間は何分?火加減や裏返すまでの時間を徹底解説!
あなたは、ハンバーグを手作りしたとき、何分くらい焼きますか? できればお店に出てくるみたいに、外はカリっとして、中はふんわり柔らかく焼きたいですよね。 今回ハンバーグの焼き時間について何分がちょうどよいのか、火加減や裏返すまでの時間を紹介してきます。
ハンバーグの材料に卵は必要?パン粉は必要?なしでもできる?
あなたはご家庭でハンバーグを作るとき、卵やパン粉を入れたりますか? 料理本を見ていると、大体ハンバーグの材料に卵やパン粉が書いてありますよね。 ハンバーグの材料に卵やパン粉は本当に必要なのか、それらがなくても美味しく作れる方法があるのか調べてみました。
ハンバーグのカロリーと糖質は?ダイエット中はステーキのほうがいい?
「ダイエット中でもお肉は食べていい食材なのにハンバーグはダメなの?」 「ダイエット中でも食べていいハンバーグはないの?」 などダイエット中でも気にせず食べたいので、ハンバーグのカロリーや糖質について調べてみました! 太りにくいハンバーグのレシピもご紹介しますので、ぜひご参考にしてくださいね。
ハンバーグが固い!柔らかくする方法は?別の料理にリメイクできる?
ハンバーグの魅力は何と言っても肉汁。 そのためにはふっくらジューシーに焼き上げることが何より大切です。 でもコツをつかんでいないとパサパサとした固くて残念なハンバーグになってしまうのです! 今回はハンバーグを柔らかく仕上げるコツと、またもしも失敗してしまった場合のリメイク方法なんかも見てましょう。
ハンバーグを蒸し焼きにするときの水の量は?何分?蓋がないときは?
ハンバーグを蒸し焼きに失敗するとハンバーグが生焼けしてしまいます。 蒸し焼きにすると言っても、その時間や水の量や、ひっくり返すタイミングも悩みますよね? そんなあなたのために、ハンバーグを蒸し焼きするときのコツややり方をご紹介いたします。
ハンバーグにナツメグは必要?量やタイミング、他の香辛料のおすすめも紹介!
ハンバーグを作ろうとレシピを見ると、材料のひとつに「ナツメグ少々」と書かれていることが多いですよね。 ナツメグなんて香辛料はうちにないんだけど…入れなきゃダメなの? 今回は、ハンバーグを作るならナツメグは必要なのか、使う量やタイミングって決まっているのか、ということについてまとめてみました。
ハンバーグににんにくは入れる?すりおろしとみじん切りどっちがいい?
あなたはハンバーグににんにくを入れますか? 外で食べたにんにく風味のハンバーグが実は美味しく、チャレンジしようと思い色々と調べてみました。 そして自宅でもとても美味しいハンバーグができたので、ぜひあなたにもその方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグは寝かせる方が美味しい?時間は?常温or冷蔵庫?
ある日ハンバーグを作って食べてみたらいつもと同じ材料で、同じ焼き方なのに何かが違う?? ハンバーグにはコネて焼くだけではなく、寝かせるという工程があったんですね! あなたにもぜひ、その方法をご紹介したいと思います。
ハンバーグに使うミンチの豚肉と牛肉の割合はどのぐらいが美味しいの?
さっそくですが、あなたはハンバーグを作る時はどんなミンチを使いますか? スーパーで売っている合いびき肉を使ったり、牛と豚のミンチを買って混ぜたり… 中には自分でフードプロセッサーで作るという人も! 今回はハンバーグのミンチの割合や分量、簡単レシピをご紹介いたします。
ハンバーグに入れる具材は?野菜嫌いの子にいいアレンジ法は?
子供が野菜を食べてくれない!! そんなママ達の救世主がハンバーグ。 野菜を色々入れることで食べてくれることも!! 野菜嫌いの子供向けハンバーグの具材やアレンジレシピをご紹介したいと思います。
ハンバーグに水を入れると美味しくなる?入れるタイミングは?
突然ですが、あなたはハンバーグに水を入れますか? 私はなかったんですが、半信半疑で入れてみたところとても美味しく焼き上がり、ジューシーだったんです!! 今回はハンバーグに水を入れると美味しくなる理由や、タイミングなどをご紹介したいと思います。
ハンバーグのつなぎに片栗粉はあり?パン粉の代わりになる?
ハンバーグのつなぎに、パン粉以外のもので代用できるものはないのか!? 実はけっこうあります! ハンバーグのつなぎに片栗粉は使えるのか? 片栗粉の使い方 パン粉と片栗粉以外のつなぎ これらをご紹介します。
ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる?大きさやタイミングは?
肉汁が、ジュワーっと溢れ出すハンバーグが食べたい! そんな時、テレビで見かけた ハンバーグに氷を入れて焼くとジューシーになる!! という話題を見て、さっそく調べてチャレンジしてみました。
ハンバーグの下味は必要?作る種類で調味料を変える?入れるのを忘れたら?
ハンバーグには下味を入れることがとても重要であることをご存知ですか? 下味を付けたお肉と付けていないお肉では、料理の仕上がりが全くと言って良いほど異なります。 ハンバーグ作りを成功させたいあなたのために、下味に関するいくつかの疑問を解説していきますね!
ハンバーグをこねる理由とは?こねる時間や手順も解説!
そんなハンバーグを家庭で作る時、材料がしっかり混ざるようによくこねますよね。 こねればこねる程おいしくなる…なんて聞いたこともあります。 しかし一体どれくらいこねるのがいいんでしょうか? 今回はハンバーグをこねる理由から手順まで詳しく紹介したいと思います!
ハンバーグの中が赤い生焼けを食べてしまった!焼いても赤い場合もある?
ハンバーグを焼いて、さあ食べようと思ったら中身が赤かった!ということってありますよね? また、ハンバーグの生焼けを食べてから、中身が生焼けだったことに気づいたという方も多いと思います。 そこで、ハンバーグの生焼けを食べてしまった場合どうすればいいのか、ハンバーグの生焼けを防ぐ焼き方などをご紹介いたします。
ハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味は?なしでも作れる?
ハンバーグにつなぎの材料を使う手間がなくなれば、大分楽になりますよね。 そこで、ここではハンバーグのつなぎに小麦粉をつける意味について、ハンバーグはつなぎなしでも作ることができるかなどについてご説明いたします。 また、ハンバーグの小麦粉を使った場合と使わなかった場合のレシピもご紹介いたしますね。