牛肉を牛乳に漬けると柔らかくなって臭みも取れる?牛肉の下処理も紹介!

牛肉を牛乳に漬けると柔らかくなって臭みも取れる?牛肉の下処理も紹介!

牛肉を牛乳に漬けると柔らかくなって臭みも取れる?牛肉の下処理も紹介!

外国産牛肉

 

わが家でおいしいものを食べに行く特別なときは、やはりステーキ。

 

おいしいお肉を食べると幸せな気分になりますよね。

 

 

お家でもおいしいステーキが食べたい!

 

 

普段食べる食材は、もちろん安く食べれるものがいいですよね。

 

でも安い牛肉といえば輸入肉で、輸入牛肉は硬いし、臭みもある…

 

どうせ食べるならおいしく食べたい!

 

 

ちょっとしたコツで、硬くて臭みのあるお肉を、柔らかく臭みのないお肉に変身させることができるんです。

 

今回、牛肉を柔らかくして臭みも取れる方法を紹介します。


牛肉を牛乳に漬けると柔らかくなるの?

牛乳

 

 

安い牛肉となると、やはり輸入肉。

 

安い輸入牛肉は、食べると硬いんだよね〜、そう思っていません?

 

 

ところが、簡単に手に入る食材で牛肉を柔らかく変身させることができるんです。

 

 

その食材は「牛乳」です。

 

 

牛乳にはお肉の繊維を柔らかくする作用があって、数時間浸しておくだけ。

 

 

ところで、輸入牛肉はなぜ硬いんでしょうか?

 

それは、輸入牛肉の肉質は脂肪が少ない筋肉質の肉で、繊維が多くて硬いのです。

 

 

輸入牛肉の肉質が硬い理由は、エサとして牧草を食べているから。

 

牧草は亜鉛やマンガン、鉄などのミネラル成分を多く含んだ土で育っているために肉質が硬いのです。

 

ミネラル成分を含んだ牧草を食べている牛は、肉質が硬く臭みも強くなるというわけです。

 

 

硬いお肉は長時間煮込むことで、柔らかくなりますよね。

 

でも、いつもの食事の準備にそんなに手間をかけていられない。

 

牛乳ならお肉を浸けておくだけなので、簡単で楽チンです。

 

 

わが家では、牛乳は子どもが飲むため、いつも冷蔵庫にあります。

 

牛肉を柔らかくするときは牛乳をよく使っています。


牛肉を牛乳に漬けると臭みも取れるって本当?

安い輸入牛肉は硬いうえに臭いも気になりますよね。

 

牛肉の臭みを取る手軽な方法があるんです。

 

 

それは牛乳に浸けておくこと。

 

実は牛乳には、臭みも取ってくれる作用があるんです。

 

 

ではなぜ、輸入牛肉は臭みがあるんでしょうか?

 

それはエサです。

 

肉質が硬い理由と同じで、ミネラル成分を含んだ牧草を食べている牛肉は臭みが強のです。

 

 

臭みのあるお肉を料理するとき、臭い消しにハーブやスパイスを使ったり、野菜と長時間煮込んだりと、ちょっと面倒ですよね。

 

牛乳なら浸けておくだけなので、簡単で楽チンです。

 

 

牛乳は肉質を柔らかくしてくれるうえに、に臭みも取ってくれます。

 

わが家では、安い輸入牛肉を使って調理をするので、牛乳はありがたい食材。

牛肉の筋切りや叩きなど下処理の仕方!

安い輸入牛肉でも、ひと手間加えることでおいしさがUPしますよ。

 

牛乳に浸す方法と合わせて、牛肉をおいしくする下処理を紹介します。

 

 

ドリップを拭き取る

牛肉をパックからだしたとき、赤い透明の液体がでていませんか?

 

これは「ドリップ」と呼ばれ、牛肉から染みでたうまみ成分。

 

ドリップをそのままで調理すると、アクや臭みの原因になってしまうので、ドリップはペーパータオルでていねいに拭き取りましょう。

 

私の場合、牛肉を買うときはドリップがでてないか、よ〜く見て買っています。

 

 

スジや繊維を切る

牛肉は、スジを切ることで柔らかくなるので、包丁で切り込みを入れましょう。

 

そして、牛肉全体を肉たたきで叩いて繊維を断ち切って柔らかくします。

 

 

叩くくコツは、トントンとリズムよく、中心から外側にお肉を広げるようにして叩くと、牛肉全体を均一に叩けますよ。

 

肉たたきがない場合は、めん棒で全体を叩いたあと、フォークでまんべんなく刺して穴を開けます。

 

フォークで刺すのって、ちょっと大変なんですよね。

 

 

私の場合、はじめはめん棒とフォークを使っていましたが、肉たたきに変えました。

 

肉たたきのほうが楽チンですよ。

 

 

ちなみに、肉たたきで牛肉を柔らかくする場合は、牛乳に浸す時間がないときや牛乳を切らしているときにやっています。

 

 

牛乳に浸す

牛肉を牛乳に浸すとお肉が柔らかくなり、さらに臭みも取ってくれます。

 

やり方は、牛肉全体を牛乳のなかに浸して、冷蔵庫に入れるだけ。

 

 

浸す時間は数時間。

 

浸したあとは、ペーパータオルでていねいに牛乳を拭き取りましょう。

 

 

私の場合、牛肉にスジがあればスジを切ってから牛乳に浸しています。

 

スジを切っておくと、食べやすくなりますよ。

 

 

牛肉の切り方

ブロック肉など、厚みのあるお肉を小さく切るときは、お肉の繊維に対して直角に切りましょう。

 

お肉の繊維が切断されて、食べやすくなるんです。

 

 

わが家では、ブロックの牛肉を一口サイズに切ってから、カレーやシチューに使っています。

 

煮込んで牛肉を柔らかくすると調理に時間がかかるので、一口サイズに切った牛肉を前もって牛乳に浸しておいて、それから調理に使います。

 

牛乳に浸しておくと、煮込む時間が短くても牛肉が柔らかく仕上がりますよ。

 

 

常温にもどしてから焼く

ステーキ肉を焼くときは、冷蔵庫からだしてすぐに使わず、室温に30分位置いてから焼きます。

 

お肉が冷たいと、焼いたときに表面が焼けても中が冷たいままになってしまうから。

 

 

前もって牛肉を冷蔵庫からだすのを、つい忘れがち。

 

私の場合、牛肉を冷蔵庫から出して室温に戻している間に、添えるサラダなどを作っています。

 

 

焼く直前に下味をつける

牛肉に火を入れる直前に塩コショウをしましょう。

 

早くから塩をふってしまうと、牛肉から水分がですぎてしまい、お肉が硬くなってしまうんです。

 

 

ちなみに、塩コショウをする理由は、塩を使うことで牛肉から水分がでてきて身が引き締まり、型崩れを防いでくれます。

 

また、お肉表面のたんぱく質が固まってお肉のうま味を閉じ込めてくれるんですよ。

 

 

コショウは風味づけで、お肉によく合う。

 

塩コショウはお肉の味をだす、料理には欠かせない食材ですね。

 

 

レンジでステーキを作る方法もありますよ。

 

レンジでステーキが作れる?!簡単牛肉レンジレシピまとめ!

まとめ

牛肉を柔らかくして臭みも取れる方法について書かせていただきました。

 

まとめると、

 

  • 牛乳に浸すと牛肉が柔らかくなり臭みが取れる
  • 牛肉からでたドリップは拭き取る
  • スジや繊維は切り込みを入れる
  • 肉たたきで牛肉をたたく
  • 牛肉の繊維に対して直角に切る
  • 牛肉を焼く前に常温に戻す
  • 牛肉に火を入れる直前に塩コショウをする

 

でした。

 

 

いかがでしたか?

 

私の場合、牛乳はコスパもよく、浸すだけで簡単なので、牛肉を柔らかくしたり臭みを取るときは牛乳を使っています。

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

関連ページ

ローストビーフは冷たいまま食べるのがいい?温め方と保存方法も!
ローストビーフはどう食べればいいのか迷われる方は少なくありません。 冷たいまま食べるのがいいのか、あっためても大丈夫なのか、それらの知識を事前に知っておけば、ローストビーフの美味しさを最大限味わうこともできます。 この記事ではそのようなローストビーフについて、冷たいまま食べてもいいのか、美味しくするためにはどうローストビーフを扱えばいいのかなどについてまとめましたので、ご参考にしていただけたらと思います。
牛肉の中身が赤いまま食べても大丈夫?加熱の仕方や緑色になった場合は!?
牛肉をレアやミディアムで焼くと、中身が赤いままの状態となりますが、この状態に不安や疑問をお持ちの方も多いと思われます。 牛肉も豚肉や鶏肉と同様、しっかりと加熱をしないと、食中毒にかかる恐れがあります。 今回は、そのような牛肉について、中身が赤いままの部分を食べても問題はないのか、実際の加熱の仕方や、緑色に変色した場合などについてご説明しましたので、ご参考にしていただけたらと思います。
牛肉とガーリックを使用したレシピまとめ!牛肉の焼き加減の目安も!
牛肉とガーリックを使用したメニューといえば、ガーリックライスが思い浮かぶ人も少なくないのではないでしょうか。 ですが、他にも、同様の食材を使用したオススメの料理はたくさんあります。 今回は、そのような牛肉とガーリックを使用した料理レシピや、牛肉の焼き加減の種類や確認方法、牛肉を柔らかくする方法などもまとめてみましたので、ぜひ、ご参考にしていただけたらと思います。
牛肉はレアで食べても問題はない?焼き加減の種類や確認方法も!
牛肉はレアでも食べれるっていうけど、本当に大丈夫なの? 今まで何となく牛肉をレアの状態のまま食べてこられた方も、食中毒に関して正しい知識を持てば、さらにお肉を安心して食べることもできます。 そこで今回の記事では、牛肉をレアの状態のまま食べることの問題性や、牛肉の食中毒の原因菌などまとめてみましたので、ご参考にしていただけたらと思います。
レンジでステーキが作れる?!簡単牛肉レンジレシピまとめ!柔らかくするコツも!
牛肉でステーキを作りたいけど、フライパンで調理するのは手間だと感じてしまう場面も多いのではないでしょうか? また、その他の牛肉を使用した様々なレシピについても、フライパンなどで加熱調理を行わなければならず、なかなか手軽に作るのを実現するのに手間取っている方も少なくないのではないかと思います。 そこで今回は、時短レシピとして、レンジで手軽に作れるステーキやビーフストロガノフなどのレシピ、お肉を柔らかくするための一工夫などについてもご説明してみました。
牛肉とりんごのレシピを紹介!りんごを使って柔らかくする方法も!
牛肉の料理にりんごを使うことで、さらにお料理を良いものへと仕上げることが可能となります。 この記事では、そのような牛肉とりんごを使用したレシピや、りんごを使って柔らかくする方法、食材の組み合わせでカロリーダウン事柄などについてご説明してみました。 ぜひ、ご参考にしていただけたらと思います。
牛肉を使った幼児食! 年齢別のオススメレシピを紹介!
牛肉を使った幼児食を作りたいけど、どんなお料理を作ればいいのか迷われる方も少なくありません。 ですが、調理の工夫次第で、分量は少なく、大人と同じお料理を提供することも可能となります。 今回は、そのような牛肉を使用した幼児食のレシピや、幼児食の注意点や時期、お肉の焼き加減の確認方法などをご説明して見ましたので、ぜひ、ご参考にしていただけたらと思います。
牛肉が臭い!臭みの原因は何?腐っていて食べられない場合の匂いとは?
牛肉を買ってきてしばらくすると臭いが気になる…ということありませんか? 食中毒なんかも心配ですよね! そこで今回は牛肉から臭いがした場合に食べられるのか? また独特な臭みを取る方法などをみて行きましょう。
牛肉が黒くなった!腐ってるの?食べても大丈夫?
スーパーで、新鮮そうな牛肉を選び、家に帰って開けてみるとあれ?黒い部分があるー!!なんて経験、あなたはありませんか? この牛肉は腐っているのでしょうか? このまま食べても問題ないのか、牛肉の消費期限と保存方法も合わせて、ご紹介したいと思います。
牛肉が茶色に変色する原因は何?緑の場合は?食べられるか見極める方法!
なんとか半額でゲットした牛肉。 次の日にさっそくお肉を取り出してみると裏側が黒ずんだ茶色の部分がありました。 今回は牛肉が変色する原因と腐ってる?食べられる?の見極め方について調べてまとめてみました!
牛肉を塩麹に漬けると柔らかくなる?美味しい塩麹ステーキや炒め物レシピ!
安い牛肉でも柔らかくなり、さらにおいしさがUPする食材があるんです。 その食材とは 塩? です。 塩?ってどうやって使うの? それはとても簡単で、牛肉に漬けておくだけでいいんです。 今回、塩麹を使って牛肉を柔らかくする方法と、美味しい塩麹ステーキや炒め物レシピを紹介します。
外国産牛肉の臭みを取る方法を紹介!臭い原因はなに?
でも、外国産牛肉って硬いし、臭みもあるし… そう思って外国産牛肉を敬遠していませんか? ちっとしたコツで、臭みのないおいしいお肉に変身させることができるんです。 今回、外国産牛肉の臭みを取る方法、おいしい食べ方を紹介します。