「酢で痩せる」は本当?その理由とお酢ダイエット法、さらには美容効果も!

「酢で痩せる」は本当?その理由とお酢ダイエット法、さらには美容効果も!

「酢で痩せる」は本当?その理由とお酢ダイエット法、さらには美容効果も!

 

「痩せる」「ダイエット」などという文句を見聞きすると、ついつい反応してしまうという方も、多いのではないでしょうか。

 

ダイエットは、女性のみならず、多くの人の関心が高いテーマだと思います。

 

 

「お酢で痩せる!」というようなキャッチフレーズを、雑誌や新聞で目にしたことはありませんか?

 

 

よく耳にするようなそのフレーズ、果たして本当なのでしょうか?

 

お酢のダイエット効果、そして美容効果に迫ります。

お酢で痩せるといわれる理由とは?

なぜ

「お酢で痩せる!」というそのキャッチフレーズ、果たして本当なのでしょうか?

 

 

答えは、ズバリ本当!

 

 

酢には、“痩せ”につながる成分が、想像以上にたくさん含まれているのです。

 

お酢は内臓脂肪を低下させてくれる!

加齢や運動不足などで代謝が下がると、内臓にも脂肪がつきやすくなり、見た目にはそんなに太っていないのに体脂肪率は高い、というような状況を招きやすくなります。

 

 

これに対し、酢の主成分である酢酸は、脂肪の合成を抑えると同時に、分解も促進します。

 

 

よって、継続的に酢を摂取することで、脂肪がつきにくく落ちやすい、という理想的な体質に近づくことができるのです。

 

お酢は糖分や炭水化物のエネルギー摂取をゆるやかにしてくれる!

血糖値が急激に上がるような食事の摂り方はダイエットにはNGとされていますが、食事と一緒に酢を摂取することで、血糖値の上昇が緩やかになります。

 

 

酢酸は、胃の中のでんぷんを消化する酵素の動きを妨げ、体にカロリーが吸収されるのを抑えてくれます。

 

そして食事と一緒に酢を摂取することで、血液中に糖分が吸収されて急激に血糖値が上がる、という現象をゆるやかにしてくれるのです。

 

 

血糖値が急激に上がると体が反応してそれを急激に下げる方向に動き、それによって、またすぐにお腹がすく、という悪循環になってしまいます。

 

血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる酢を摂ることで、結果として腹持ちが良い状況が長く続き、食べ物の摂取量を減らすことができるのです。


お酢を使ったダイエット方法

では実際に、どのように酢を摂取すれば、ダイエットに役立つのでしょうか?

 

 

一番簡単なのは、お酢をそのまま飲む>、という方法。

 

 

1食につき10m程度のお酢を、食事と同時に、もしくは食後に飲むことで、前項でご紹介したような“痩せ”の効果を得られることができます。

 

 

10mlというのはスプーン1杯程度のとても少ない量ですから、お酢が苦手という方でもさほど苦にならず飲めると思います。

 

黒酢や、りんご酢をはじめとした果実酢などフレーバーがついたものも多く出回っていますので、自分の好みのものを探してみるのも、楽しそうですよね。

 

黒酢とりんご酢
りんご酢(左)と黒酢(右)

 

また、酢:オリーブオイルを3:1程度の割合で混ぜ合わせて塩コショウで味を調えれば、自宅で簡単にできるドレッシングの出来上がりです。

 

 

サラダを用意した食事では、酢をドレッシングの形にして摂るというのも良さそうです。

 

 

他にも、果物や野菜をミキサーにかけてジュース状にするスムージーにお酢を加えたり、暑い時期であれば、炭酸の飲み物に少し加えると、さわやかさがアップした飲み物になります。

 

自分に合った方法で、無理なく3度の食事に酢を取り入れてみてくださいね。

ダイエット以外にも注目!お酢の美容効果とは?

酢には、痩せる以外に、美容にいい効果もたくさんあります。

 

数ある酢の中でも一番美容効果が高いのは、「黒酢」です。

 

 

黒酢は、他の酢より長い時間をかけて発酵・熟成されるので、麹菌や乳酸菌の発酵がより進み、大量のアミノ酸を含んでいます。

 

アミノ酸には、肌の保水力アップ、新陳代謝の活性化による肌のくすみやシミの改善、老廃物の排出効果による便秘改善、血流の促進による冷え性の改善、など、ざっと挙げただけでも気になる美容効果が満載なのです。

 

 

美容目的で酢を摂取する場合も、ダイエットの時同様、1回10ml程度を食事の時に取り入れるだけ。

 

酢の成分は熱にも強いので、1日分の摂取量30mlを、料理に加えて摂取するのも効果的ですよ。

 

 

また黒酢には、洗顔に使うという美容方法もあるのです!

 

洗顔料をつけて顔を洗ったあと、洗面器に大さじ1程度の黒酢を加えた水で顔をすすぐというもの。

 

 

黒酢水の後に、さらに水ですすぐ必要はありません。

 

黒酢アミノ酸の、新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを促す効果を、肌から直接取り入れることができます。

まとめ

酢というと調味料としてのイメージが大きいですが、ダイエットや美容の効果を調べてみると、想像以上に大きな効果をもたらしてくれることがわかります。

 

 

黒酢やりんご酢程度であればスーパーでも簡単に手に入りますし、そこまで値段が張るものでもありません。

 

酢をそのまま飲む方法であれば、手間もかかりませんから、半信半疑でもとりあえず試してみることをおすすめします。

 

 

酢を摂る事の効果は、わりと早く実感できると言われていますから、なんとなく続けているうちに、気が付いたら体の巡りがよくなって軽くなった!といううれしいことになるかもしれませんよ。

関連ページ

お酢は筋肉増量に効果的?筋肉痛対策にもお酢の摂取がおすすめ!
お酢にはさまざまな健康効果があります。 血行改善、がん抑制、食欲増進作用などなど、お酢に関する記事を目にする事も多くありますね。 その効果は筋肉にどのような影響があるのでしょうか? 今回は、筋肉増強や筋肉痛対策など、お酢と筋肉の関係について調べてみました。
酢を入れすぎた!?調理中に酢を入れすぎた時の対処法は?
隠し味に、と酢を入れたはずなのに味のメインになるほど、酢は個性的な調味料ですね。 分量で小さじと大さじを間違えると、酢が主役になってしまって他の具材の味がわからなくなってしまいます。 ツンとしたきつい匂いで、子供だと少量でも嫌がる事もあります。 今回は、酢を入れすぎたときの対処法を解説いたします。
酢は体にいい!健康のために続けられる酢の取り方5選!
酢は世界最古の調味料とも言われています。 紀元前5000年にはすでに利用されていたという記録があり、日本にはおよそ400年頃に伝わって来たと言われています。 お酢は、さっぱりとした味だけでなく体にいい成分が豊富に含まれています。 今回は、酢の持つ健康作用について調べてみました!
酢の持つ健康作用とは?驚くべき酢の持つ8つの効果
世界中で調味料として使われているお酢には、抗菌作用だけでなくさまざまな健康作用があります。 ただの調味料だけでなく、健康にあらゆる効果を発揮するお酢の研究が世界各地で行われています。 今回は現在検証されているお酢の持つ健康作用について解説いたします。
ザクロ酢の副作用は? 1日に飲んでいい量や効能、飲み方も紹介!
果実としてはあまり馴染みのないザクロですが、多くの栄養分を含み、その効能から人気が高まっていますね。 皮を向かずに手軽にザクロ成分を摂取できる方法として、ザクロ酢があります。 美容効果やアンチエイジングなどさまざまな効能があると言われるザクロ酢には副作用はないのでしょうか? 今回はザクロ酢の副作用がどんなものか調べてみました。
お酢にはアルコールが入っている?妊婦や子供が摂取しても大丈夫?
お酢にアルコールが含まれているとしたら、妊婦さんや子供が摂取しても問題ないのか気になりませんか? さらに言えば、りんご酢は水などで割って、小さい子供も飲んでいるので、もしアルコールが入っているのなら何だか心配ですよね。 お酢にアルコールは入っているのか、妊娠中や小さい子供が摂取しても大丈夫なのか、よく飲まれているりんご酢の度数はどのくらいなのかを紹介します。
酢でアレルギーが起こる?症状と対処法を紹介!
お酢はアレルギーを起こすことがあるのでしょうか? また、どんな症状が現れるのでしょう。 今回は、お酢でアレルギーが出ることはあるのか、どんな症状が出るのか、りんご酢やもずく酢だとどうなるのかなどを、ご紹介したいと思います。
酢の取りすぎは体に悪い?取りすぎることでこんなデメリットが!
酢の取り過ぎは体に悪いって聞いたけど、1日にどれくらいなら摂取していいのでしょうか? そして逆に酢を適量摂るとどんな効果があるのでしょうか? 今回はそんな酢について摂り過ぎたときのデメリットやカロリー、1日の摂取量の目安などについてご紹介していきます!